トリプルX 再起動
映画『トリプルX 再起動』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:xXx: Return of Xander Cage 
製作国:アメリカ 
製作年:2017年 
日本公開日:2017年2月24日 
監督:D・J・カルーソ 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★

あらすじ

「パンドラの箱」と呼ばれる軍事兵器が危険な奴らの手に渡ってしまった。その緊急事態に集められたのは、エクストリームスポーツ界のカリスマであるザンダー・ケイジとその仲間たち。彼らはチーム「トリプルX」を結成して、世界壊滅の陰謀を阻止するためド派手な戦いを起こしていく。

俺が稼いで俺が作る

ナイスハゲ俳優のひとり“ヴィン・ディーゼル”は俳優業だけでなく、ゲーム製作などマルチな才能を持っている器用な男ですが、自分の映画製作会社も持っています。その名も「One Race Films」

1995年に“ヴィン・ディーゼル”によって創立したこの会社は、これまで“ヴィン・ディーゼル”主演の数多くの映画に携わってきました。初期の頃は、“ヴィン・ディーゼル”が監督した短編作品『Multi-Facial』(1995年)や長編映画『ストレイ・ドッグ』(1997年)といったあくまで個人的な映画製作会社という感じでしたが、『ワイルド・スピード』シリーズのヒットによって急成長(『ワイルド・スピード』シリーズには4作目から関わっているようです)。今では個人の映画製作会社と侮れない存在感を発揮しています。

「One Race Films」の主要な稼ぎ手はもちろん『ワイルド・スピード』シリーズ。今年もワイルド・スピード ICE BREAKがアホみたいに世界で爆発的に超特大ヒットしたのが記憶に新しいです。

“自分で稼いで自分で作る”…これが個人映画製作会社の最大の強み。当然、それだけ稼げば、これまで日の目を浴びていなかった他の作品も作れる余裕が生まれるわけで。

そして、製作されたのが本作『トリプルX 再起動』。1作目『トリプルX』(2002年)と2作目『トリプルX ネクスト・レベル』(2005年)から実に12年ぶりとなる3作目です。とくに2作目の評価が低かったので普通なら続編は作られないのですが、そこを強引に推し進められたのは「One Race Films」の資金力があるからこそ。

あとは企画としては『ワイルド・スピード』アプローチを流用すればヒットするだろうという算段もあったのでしょう。結果、本作は『ワイルド・スピード』シリーズとすごく似た作風になっていて、兄弟作品といっても過言ではないくらいです。

違いと言えば、本作は『ワイルド・スピード』から“車”要素を無くした豪快なチーム・ミッションものという内容。一応、エクストリームスポーツ(Xスポーツ)の要素があるにはあるのですが、そんなに重要な縛りではない。要するに、好き勝手にやりたい放題なんですね。

ただでさえバカ映画だ脳筋映画だとネタにされる『ワイルド・スピード』シリーズから、さらに歯止めをなくしたらどうなるか。もうハチャメチャなのは言うまでもない。

“ヴィン・ディーゼル”が楽しめればよいのです。一緒にバカ騒ぎしましょう。






↓ここからネタバレが含まれます↓





バカで、グローバル

“ヴィン・ディーゼル”が楽しめればよいとか、バカ映画とか色々と作品を下に見ているかのような書き方をしましたが、ごめんなさい。本作は世界の映画業界においても先進的な試みをしている素晴らしい映画だと断言しておきたい。たぶん本作の感想を書いている他のサイトではバカ映画部分ばかりに言及していると思うので、今回はあえて真面目に書きますね。

本作が先進的な理由。それは出演する俳優陣がとにかく国際色豊かだということ。

ザンダー・ケイジ率いる主人公チームのキャストに注目すると、“ドニー・イェン”と“クリス・ウー”は中国、“トニー・ジャー”はタイ、“ディーピカー・パードゥコーン”はデンマーク出身のインド国籍、“ルビー・ローズ”はオーストラリア、“ニーナ・ドブレフ”はブルガリア、“ロリー・マッキャン”はイギリス…と、もうオリンピック状態。『ワイルド・スピード』シリーズはアジア系にフレンドリーなのが売りでしたが、本作はそれ以上です。

逆に敵役がアメリカ人の俳優だったりします。

加えて、終盤ここぞというときに助けてくれるのが、2作目の主人公で、演じるのは“アイス・キューブ”。黒人です。

まあ、“ネイマール”を出演させる必要があったのかはいささか疑問ですが…。

トリプルX 再起動

これは通常のハリウッドの常識では考えられないことです。それなりにビッグバジェットの大作で、ここまでアメリカ(とくに白人)に気を使ってない作品は珍しいでしょう。最近も大作映画が「ホワイト・ウォッシュ」だなんだと騒がれるのに。

しかも、ヒットしているのですから凄い。確かにアメリカでの批評や興収は低いです。でも、8500万ドルの予算に対して、世界で3億4600万ドルの興収を叩きだしています。

もうこれは完全にアメリカ市場なんて眼中にない、「俺たちは世界の人のために映画を作ってるよ」という“ヴィン・ディーゼル”のワールドクラスな姿勢の表れだと思います。反トランプのメッセージを掲げたりしてはいるものの、今のアメリカ映画界はまだまだ保守的です。著名な白人俳優を揃えないと、大作の企画が通らないですから。そんななかで本作は光るものがあると私は感じました。

さらに、ここが一番凄いと思うのですが、それでいてバカ映画であることには変わりないという点がとても良いんじゃないでしょうか。これ見よがしに「ポリティカル・コレクトネスに配慮してます」という優等生気取りは一切してない。むしろ「赤信号で止まると石油会社が儲かる」とか「グー、チョキ、パーよりグレネードだろ?」とか「デカイくそは2回流せ」とか、アホ丸出し。バカで、グローバルなんですよね。

“ヴィン・ディーゼル”の「バカ・グローバル」方針、私は支持したいです。これに続け、ハリウッド!(いや、皆が皆バカになったら困るけれど…)


(C)2016 Paramount Pictures and Revolution Studios. All Rights Reserved.