トロールズ
映画『トロールズ』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Trolls 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年
日本では劇場未公開:2017年にDVDスルー
監督:マイク・ミッチェル、ウォルト・ドーン 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★

あらすじ

歌と踊りとハグが大好きな小さな生き物トロールは森で平和に暮らしていた。トロールの王の娘であるポピーは、盛大でド派手なパーティーを行うが、体が大きく凶悪なベルゲンに見つかり仲間を連れさられてしまう。ベルゲンはトロールを食べることで幸せになれる生き物だった。

こちらも歌では負けてない

日本映画市場はアニメが絶好調であり、今年も邦画も洋画もアニメは相変わらず大ヒットを飛ばしていますが、そんななか蚊帳の外に置かれているアニメ制作会社が…。それはドリームワークス・アニメーションです。

『シュレック』でアニメ映画はディズニーとピクサーだけではないことを世界に証明し、旋風を巻き起こしたかつての覇者もなぜか日本では苦境に。最近もカンフー・パンダ3が日本ではNetflix配信になってしまい、劇場に縁がありません(追記:『カンフー・パンダ3』が 2017年8月26日に限定で劇場公開されることになりました。やったね、パンダ!)。まあ、黄色い奴のイルミネーション・エンターテインメントという新入りが日本ではウケてるからなぁ…。

最新作でアカデミー賞にもノミネートされた本作『トロールズ』でさえも劇場未公開という悲しい扱いのドリームワークス。見逃すのはもったいないので、ここで紹介します。

本作『トロールズ』もイルミネーション・エンターテインメントのSING シングと同じく「歌」を題材にしたストーリーです。往年の名曲を次々とエモーショナルに歌い上げていく…またもやハズれるわけないこの構成。完全にテンプレ化しましたね。

本作はプロデュースの時点で豪華で、アメリカ音楽界のトップミュージシャンである“ジャスティン・ティンバーレイク”が音楽面での総製作指揮をとっています。当然、仕上がる曲は一流であり、メインテーマ曲となる「Can't Stop the Feeling!」はアカデミー賞歌曲賞にノミネートされました。


他にも誰もが知る名曲のカバーが続々と物語を盛り上げます。

“ジャスティン・ティンバーレイク”は声優として主要キャラクターの声も担当している点にも注目です。また、ヒロインには、これまた歌が得意なことで知られる“アナ・ケンドリック”、さらにはもうひとりのヒロインには“ズーイー・デシャネル”が参加。子ども向けのように見えますが手加減なしの豪華さです。さすがアメリカ。

歌をキーワードにしていても『SING シング』とはその活かし方が全く違うので、新鮮に楽しめると思います。この夏は、家族と一緒に家でのんびり観賞するのはいかがですか。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ドリームワークス集大成

ここまで本格的なミュージカルアニメはドリームワークスも初だと思いますが、難なくこなしていました。20年近いキャリアがあるスタジオは伊達じゃないですね。その道のプロのコーディネートによる新しい挑戦を魅せてくれたわけですが、一方で本作はドリームワークスがこれまで積み上げてきたエッセンスを結集させた集大成的な作品ともいえます。

まず、映像。今やCG映像で単純に驚く人はいない時代ですが、それはつまり世界観を表現するうえで映像技術の応用力が試されるということ。その点、本作は、飽きさせない工夫を感じました。スクラップブックのポップなイラストによる平面的な映像と、小さいトロールと大きなベルゲンや周囲環境との対比によるダイナミックな映像の繰り返しでメリハリがあります。

世界観は、トーマス・ダムのおもちゃ「トロール人形」がモチーフ。日本人には馴染みのないおもちゃですけど、見た目が怖いんですよね。でも、本作ではそこは可愛くなってましたが。おもちゃが題材という意味では『トイ・ストーリー』感がありますが(トロール人形は『トイ・ストーリー』にも登場してました)、内容はあくまでファンタジー。トロールがベルゲンに食べられるというえげつない設定はドリームワークスの『ヒックとドラゴン』を思わせます。

↑ヒトとドラゴンが対立する世界。

考えたら負けなギャグセンス

ドリームワークスらしさの最大の特徴といえば、ギャグです。それも世界観ガン無視の現代センス全開のギャグを容赦なくぶちこんでくるのがドリームワークス流。本作も炸裂してました。

一番暴走してたのは、グリスル王に恋焦がれる召使いのブリジットがポピーたちの手助けでオシャレに変身するパート。なんだこれ…なんだこれ…でも、幸せそうだからいいか…。

あとは、全く脈絡もなく登場する“ハイタッチ雲野郎”の意味不明さが個人的にツボ。いいです、この考えたら負けな感じが。

トロールズ

多様な価値観を賛歌する

本作は、トロールの物語とベルゲンの物語の2つが重なる構成になっていますが、ベルゲン側はシンデレラ的古典ストーリーが下敷きになっています。トロール側にはロマンスはなくあくまでピュアな仲間意識が強調されていましたが、一方で今作のロマンス担当はベルゲンのグリスル王とブリジットの二人。

醜い者同士のロマンスというのは、ドリームワークス・アニメーションを一躍有名にした名作『シュレック』で散々やったことです。そして、本作はそのブラッシュアップ版として良く出来ていました。『シュレック』にあったような“これ見よがし”なメッセージ性は抑えつつも、より普遍的なストーリーになっていたと思います。

とくに幸せの在り方を固定化しない物語の着地が上手いです。ハッピーエンドを描こうとすればどうしてもある一定の幸せの在り方を見せなければいけなくなるもの。「王子との結婚が幸せ」「悪を倒すことが幸せ」とかとか。でも、現代の多様な価値観ではその提示された幸せの在り方が議論を巻き起こすこともあるものです。

ベルゲンたちがトロールを食べること以外で幸せになる方法を見い出していく本作のエンディングは、それぞれの心にある幸せを大切にしなさいという、しごく真っ当な多様性賛歌になっていました。

それにしても『SING シング』の感想でも書きましたが、くどいようですが、この往年の名曲を歌ったミュージカル・アニメのテンプレ、日本でもできないものか。お金のある音楽事務所さん、企画どうでしょう?

©DreamWorks Animation