ナイスガイズ!
映画『ナイスガイズ!』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Nice Guys 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年2月18日 
監督:シェーン・ブラック 

【個人的評価】
 星 8/10 ★★★★★★★★
 

あらすじ

シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチは、腕っ節の強い示談屋ヒーリーとコンビを組み、失踪した少女の捜索をすることになる。マーチの13歳の娘ホリーも加わりながら、捜索は少しづつ進んでいくように思えたが、やがて国家を揺るがす巨大な陰謀へとつながっていく。

残念だけどナイスな奴ら

アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプは、強いアメリカ経済を取り戻そうと躍起になっています。アメリカ経済の黄金期といえば、自動車産業が急成長していた1940年代~1960年代。そして、そのアメリカ自動車産業に陰りが見え始めたのが1970年代です。この時期に起きた、自動車増加による深刻な大気汚染や交通事故、そしてオイルショックによって、質の高い自動車が求められるようになり…結果、アメ車はヨーロッパと日本に惨敗。つまり、1970年代はアメリカがハメは外していた最後の時期であり、以降、どんどん“残念”になっていた転換点といえます。

その1970年代が舞台になっているということを踏まえて観ると、本作『ナイスガイズ!』の時代感に一層入り込めるのではないでしょうか。

そう、『ナイスガイズ!』という映画はアメリカの1970年代の要素がたっぷり凝縮された作品です。

バディ映画であり、私立探偵と示談屋の男二人が手を組み、カッコよく巨悪を倒す…と思いきやそうは問屋が卸さない。私立探偵は酒まみれのヘタレ、示談屋は何でも暴力で解決、なんとも残念な奴らです。そんな奴らですから、普通に事が進むはずもなく…。

イマドキのアクションとは一味違う、1970年代クラシカルな痛快ドタバタ&ハチャメチャ路線コメディとなっています。ギャグとアクションの混ぜこぜ感がちょっと「ルパン三世」っぽい気もします。邦画だと『探偵はBARにいる』シリーズがまさにそれ。これらの作品が好きな人は楽しいと思います。

監督は『リーサル・ウェポン』(1987年)の脚本家で有名な“シェーン・ブラック”。最近だと『アイアンマン3』の監督と脚本をつとめました。『ナイスガイズ!』は子どもが物語の鍵になるのですが、『アイアンマン3』も同じでしたね。


本作は、主演のラッセル・クロウとライアン・ゴズリングがとにかくいい味を出してます。

どうせ今月は『ラ・ラ・ランド』で“綺麗”なライアン・ゴズリングが見れるのですから、今回くらい“残念”なライアン・ゴズリングを堪能しておくのもいいのではないでしょうか





↓ここからネタバレが含まれます↓




オチは観客だけが知っている

まず、オープニングから観客の心をグワッと掴んでくるインパクトがNiceです。

深夜の家で親のエロ本こっそり持っていき、ポルノ女優のおっぱいにうっとりしていた少年の前に、突然、車がドーン!で、エロ本のポルノ女優まさにその人が投げ出され、おっぱいがポローン! そっと服をかけてあげるのがまたいいですね。

しかも、このオープニングは結構秀逸で、本作のアクションとコメディのノリがよく表れているほか、車とポルノ女優という物語のキーワードが全て詰まっている…2度観たとき「ああ、なるほど」と気付ける気の利いた仕掛けだったのでした。

本作はコメディですが、ちゃんと脚本や伏線が丁寧に構成されており、見た目はふざけまくってるわりに意外にやります。

ただ、そんな手の込んだ話だとは気づかせないくらい、本作のネタが尽きないギャグの連続がとにかく面白い。とくにホランド・マーチを演じるライアン・ゴズリング。こんなコメディセンス溢れる役者だったのかと思うほど、笑わせていただきました。ドアのガラスを割ろうとして予想外の大量出血や、股間を隠しながらのトイレのドアをバタンバタンとかの、ドタバタギャグ。あとは、腕をあっさり折られての「アーーーーッ」や、ポルノ大富豪の豪邸での乱痴気パーティで死体発見時の「ヒ、ヒィーリィィーー」などの、声ギャグ。ギャグのセンスとしては子どもでもわかるレベルのスラップスティックなんですけど、間の演出と役者の演技力でとても愉快に仕上がっていました。

これにラッセル・クロウ演じるヒーリーが加わることでの化学反応も素晴らしく、本作の場合はさらにマーチの娘もいい感じでバカなので、楽しさが何重にも倍化して最高でした。

ナイスガイズ!

一応、ストーリー上は後半になるにつれどんどん巨悪の存在が明らかになっていきシリアスになるのですが、あくまで主人公たちは巻き込まれているだけ。なので、愉快さが最後まで継続しているのも良し。

本作は騒動の解決としてはあんまり悪は滅びずというオチで、カタルシスは乏しいです。でも、劇中で「どうせみんな日本の自動車を買うようになるさ」と言っているとおり、現実のオチを私たち観客は知っているのでこれでいいのでしょう。なによりあの二人らしいスタンスだと思います。

今のアメリカを舞台にあの二人の男(&一人の少女)にはもうひと暴れしてほしいものです。

(C)2016 NICE GUYS, LLC