ザ・コンサルタント
映画『ザ・コンサルタント』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Accountant 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年1月21日 
監督:ギャビン・オコナー 

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★
 

あらすじ

一見すると地味な会計士のクリスチャン・ウルフ。そんなウルフにある日、大企業からの財務調査の依頼が舞い込んだ。ウルフは重大な不正を見つけるが、その依頼はなぜか一方的に打ち切られ、ウルフは何者かに命を狙われるようになる。しかし、ウルフには凄腕スナイパーというもう一つの顔があった。

頑張れ、ベン・アフレック

俳優で監督もやりオスカー像も手にした“ベン・アフレック”にとって、2016年は苦難の年だったかもしれません。バットマンを演じた『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は批評的に大コケ、彼も散々笑いのネタにされました。対して、弟の“ケイシー・アフレック”は主演した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で高い評価を獲得し、賞も受賞。兄弟で明暗がついてしまったかたちに…。

そんなベン・アフレックの主演作、2016年はもう1本ありました。それが本作『ザ・コンサルタント』(日本では2017年1月公開です)。

主人公は、イリノイ州シカゴ近郊の田舎町で会計コンサルタントを営む男。しかし、彼には体術や銃器に精通している裏の顔を持っていた…というのがだいたいのキャラ設定。これだけ聞くと、「普通そうな人が実は超強かった」というよくあるアクション映画に感じます。『ジェイソン・ボーン』や『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』のような。

でも、意外とそうではないのが本作の特徴です(宣伝ではアクション映画です!と大々的に誇示しているのですが)。主人公がバッタバッタと敵を容赦なくなぎ倒していくシーンはあるにはありますが、決してそれがメインではない…もっと主人公の内面的なドラマに主点が置かれているつくりになっています。

あえて言うなら本作を監督した“ギャビン・オコナー”の過去作『ウォーリアー』っぽいです。なので『ザ・コンサルタント』を観ればギャビン・オコナー監督らしい作品だなと思うはず。ぜひ『ウォーリアー』も合わせて観てほしいですね。私も『ウォーリアー』は好きな作品です。ちなみにギャビン・オコナー監督の前作『ジェーン』は完全になかったことにされているけど…。


『ウォーリアー』が好きな人は惹きつけられるものがあるかもしれません。そして、ベン・アフレックを応援しましょうか。





↓ここからネタバレが含まれます↓




過去は語らなくとも…

てっきりシンプルなアクション映画かな?と思って観たら、全然違ってびっくりでした。

とにかく設定が盛り盛りです。それこそ色々上塗りしすぎて原型をとどめていないくらい。

会計士にあんな天才的な数学能力は必要なくない?と思ってしまうほどのコテコテの頭脳明晰描写とか。ちなみに、職業サイトを見ると会計士に必要なスキルとして一番に挙げられていたのは「専門用語や経営状態をわかりやすく説明するコミュニケーション能力」って書いてありました。本作の主人公には絶対ないであろう能力でした…。

ザ・コンサルタント

戦闘面でも突飛な設定が目立ちます。スナイパーだからといってまさか対物ライフルを使うとは…。

まあ、こういうオーバーな設定はこの手のジャンルなら全然OKなんですが。

銃器を満載しているキャンピングカーとか、完全にアメコミの領域です。これでマスクしてマントつけたら普通にバットマンになれます。というか、本作はDCコミックスでコミック化もすでにしてるんですねGIZMODOで日本版が公開されてます)。本作の配給はDCコミックス映画を手がけるワーナー・ブラザースですから、もしかしたらワーナー・ブラザース側の意向もあるのかも。

しかし、アメコミらしいアクション・ジャンルには振り切っていない。まず、アクションシーンがとにかく少ないです。中盤あたりで1回大きな狙撃シーンがありましたが、あとは大きな見せ場は終盤までお預け。それよりも終盤は弟・ブラクストンとの兄弟愛の要素が全面に押し出されます。兄弟の再開の場に入り込む敵の親玉を即撃ち殺すところとか、まさに「アクションしてる場合じゃないんだよ!」という感じでしたが。とか思ってるとラストは「自閉症に理解を」みたいな道徳的な場面で終わるという…なんというか落ち着きのない映画です(映画自体が自閉症っぽいともとれますが)。加えて、劇中では複数の登場人物の視点がコロコロ変わって描かれるため、ちょっと見づらい…。

なんかモヤモヤします。

アメコミ風にしたいワーナー・ブラザース側と、内面ドラマを重視したいギャビン・オコナー監督側で、見えざる戦いがあったのかと勘繰りしたくなりますが…どうでしょう。

個人的に思ったのは、こういう殺し屋的キャラがどんな過去を背負っているかというのは別に知らなくてもいいなと。謎は謎のままでいいんじゃないですか。妄想で補完するのが楽しいというか。天才的な数学能力があるのは自閉症だからです!とか、子どものとき体術の訓練してました!とか知ってしまうと「あ、そう…」という気持ちになる。本作は、自閉症の要素は直接描かず、匂わせる程度で良かったなと思いました。

でも、本作、ベン・アフレックの魅力は出ていたので、まあ、いいか。わかっているのかわかっていないのか「とぼけた顔」で、容赦なく人をボコボコ殴るところとか、なんか好きです。新たなベン・アフレックのハマり役になったんじゃないでしょうか。

2017年はベン・アフレック久しぶりの監督作『夜に生きる』が控えています。まだまだ、ベン・アフレック応援は続きます。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED