静かなる復讐
映画『静かなる復讐/物静かな男の復讐』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Tarde para la ira 
製作国:スペイン 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年8月4日 
監督:ラウール・アレバロ 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★

あらすじ

街にある家族経営の小さなバーに、寡黙な男・ホセがやってきて、常連の賑やかな客たちと馴染んでいた。このバーを切り盛りする女性・アナのことをホセは気にかけ、何かと話しかけて、やがて関係を持つようになる。しかし、アナの夫が刑務所から出所したことで、ホセの真の目的が明らかになっていく。

ネタバレなし感想

2016年ゴヤ賞作品賞受賞作

スペインのアカデミー賞とも称される「ゴヤ賞」で、2016年最も優れた作品に選ばれた映画が本作『静かなる復讐/物静かな男の復讐』です。

ちなみに邦題は、新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」での劇場公開時は『静かなる復讐』、Netflixでの配信時は『物静かな男の復讐』となっています。同じ作品ですので注意です。

本作は、第31回ゴヤ賞で作品賞を受賞しただけでなく、脚本賞・助演男優賞・新人監督賞にも輝いています。とくに監督については、スペインで人気の俳優“ラウール・アレバロ”が初監督したとのことで、監督デビュー作でここまでの高評価とは凄いものです。

主演の“アントニオ・デ・ラ・トレ”は2014年のゴヤ賞作品賞の『マーシュランド』にも出演しており、スペイン高評価映画でよく見かける顔ですね。

内容は、邦題に「復讐」とあるとおり、“リベンジもの”のサスペンス・スリラー。といっても、ハリウッド映画にありがちなカタルシス過多な劇場型ストーリーではなく、淡々とした展開ながらも渋みのある物語が味の作品。同じくスペイン映画で“リベンジもの”要素のあるマジカル・ガールも落ち着いた静かなスリルでした。私はそこまでスペイン映画に詳しくないのであれですが、“リベンジもの”スペイン映画はだいたいこんな感じなのかな?

こういうタイプのリベンジ・スリラーが好きな人は見て損はない一作だと思います。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

家族愛を知っていく前半

邦題に偽りなしで、本当に静かな復讐劇の本作。

数少ない映像的に派手なシーンは、冒頭の強盗したメンバーを乗せる予定だったクーロが車で逃走する場面くらいです。ここのシークエンスは、車内のカメラでずっと展開し、それが車がクラッシュした後も続くので、普通に見ごたえがあります。

その後は、寡黙なホセの日常が淡々と流れます。なので、このへんで飽きる人もいるかと思いますが、実は重要なシーンが込められているんですね。とくにファンホの娘の初聖体拝領(カトリック教会で洗礼した後、はじめて聖体をいただくこと)のお祝いに参加する場面。ここでホセは家族の大切さを実感するわけです。「娘の顔を見るのは幸せだ、何事にも代えがたい」と言い、「俺は家族を愛している」と歌うファンホ。ファンホやその娘の幸せそうな顔を見て、ホセは自分にもあったかもしれない家族の未来を夢想していたような気がします。

また、アナにはかつての恋人を重ねていたのでしょう。ここだけ見ると不器用な男が女性に恋していくラブ・ストーリーにも思えます。ホセには強盗で奪われた家族に対する犯人への復讐という真の目的があり、アナに近づいたのもそのためですが、アナを救いたい気持ちもちょっとはあったのかもしれません。

ホセにとってファンホの家族やアナの姿は、欲しかった理想そのもの。それが後にあんな事実が発覚するとも知らずに…。

静かなる復讐

怒りが静かに消えていく後半

アナを遠くに隠して、強盗犯に運転手を頼まれていたクーロをなかば強引に連れ出し、いよいよ復讐を開始するホセ。

ここからは「復讐」というより「怒り」という言葉が相応しいストーリーですね。そもそも原題の「Tarde para la ira」も英題の「The Fury of a Patient Man」も、どちらも「怒り」を意味するワードが入っています。

最初に出会った強盗犯トリアナは、ヤク中のおしゃべりでだらしない、いかにもダメそうな男。ここのしだいに怒りにメラメラ燃えていくホセの顔が怖い怖い。“アントニオ・デ・ラ・トレ”の演技が凄まじかったです。そして、怒りまかせにホセがトリアナをグッサグサにする前、残る強盗犯フリオとロベールの情報を聞き出します。この時の、「ロベールは自殺したよ、知らなかったのかよ」というやりとりの伏線は上手かったですね。

ここまでは勧善懲悪な復讐劇という感じですが、続くターゲットのフリオから様相が変わってきます。フリオは、トリアナとうってかわって凄く良さそうな人。「俺は今は幸せなんだ。家族がいる」そんな言葉で命乞いするフリオ。

そして、最後の強盗犯は、ロベールではなく…ファンホ。娘が傍にいるなか、容赦なく弾丸を放つホセ。その後、ホセは、再会を喜び抱き合うクーロとアナを残して、立ち去っていきました。ホセの「怒り」は「家族」の姿を見て、消えていったのでしょうか。

また「怒り」を抱えていたのはホセだけでなく、クーロもそうだったのでしょう。しかし、クーロのナイフが使われることもなく…やはり「怒り」に囚われるより「家族」を選ぶ…

予想外に静かな家族愛の物語でした。

(C)La Canica Films S.L.U.,Agosto,la pelicula A.I.E 2016