スイス・アーミー・マン
映画『スイス・アーミー・マン』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Swiss Army Man 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年9月22日 
監督:ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン 

【個人的評価】
 星 8/10 ★★★★★★★★

あらすじ

遭難して無人島に漂着した青年ハンクは、絶望して命を断とうとしたとき、波打ち際に男の死体が打ち上げられているのを発見する。その死体からはガスが出ており、浮力があることに気付いたハンクは意を決し、死体にまたがり無人島脱出を試みる…。

ネタバレなし感想

死体ギャグで愛を描く?

その世界観とキャラクター設定が情報公開されたときから「なんだそれは!?」と話題騒然だった映画、それが本作『スイス・アーミー・マン』

誰しもが驚愕し、正気を疑ったその設定とは、「ハリー・ポッター」シリーズで一躍有名となった“ダニエル・ラドクリフ”「死体」役となるというもの。

しかも、ここが重要で、その“死体”はスイス・アーミーナイフのように多機能化していて様々な用途に使えるのです。これを聞いただけで普通は「えっ…」となるのも仕方がないレベルですが、さらにその機能の使い方が下ネタ成分多めなんですね。ひとつネタを言っちゃうと、オナラで水上ジェットスキーのように移動できます。こんなんですよ。加えて物語自体にも、ウンコ、チ○コ、自慰、セックス…といった話題が満載。

“ダニエル・ラドクリフ”は、アンダーカバーでネオナチになったり(母はユダヤ系なのに)、変な役を演じることが最近目立ちますが、今回は極まってます。これは「ハリー・ポッター」シリーズで純朴なイメージしかないファンはドン引きだろうな…。でも、本人は本作が一番好きだくらいの勢いなんですけど。

じゃあ、本作は小学生レベルの下ネタにゲラゲラ笑うような、しょうもないコメディなのかというと、実はそうでもないのが凄いところ。なんと「愛」や「人生」について言及する非常に純粋な映画になっているのです。信じられないですが、ホントに。良し悪しはともかく、観終われば「あれ、思ってた映画と違ったな」となるはず。

だから日本の宣伝側の「きっと涙する」とかのいかにも感動系を謳った作品イメージもあながち嘘じゃないです。シュールな設定で愛を描くといえば、独身は動物になってしまうロブスターがありましたが、それよりも本作は前向きな感じです。そういう意味では、見やすい一作だと思います。

死体の“ダニエル・ラドクリフ”とパートナーを組む主人公を演じるのは、オクジャにも出ていた“ポール・ダノ”10 クローバーフィールド・レーンの“メアリー・エリザベス・ウィンステッド”も共演していますが、限りなくほとんど出番がありません。“ダニエル・ラドクリフ”と“ポール・ダノ”の濃厚な絡み合いが90分たっぷり見られます。

ブロックバスター大作も良いですが、たまには変わった映画もいいんじゃないでしょうか。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

奇想天外ダニエルズ

本作の監督は、CMディレクター出身の監督コンビ、“ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート”「ダニエルズ」と呼ばれているそう)で、これが長編監督デビュー作となります。

脚本には粗があるものの、そこをじゅうぶんカバーできるほどの映像と音楽の融合センスがあり、魅入ってしまうパワーを感じました。映画を手がける前はミュージックビデオを多数制作しており、本作も全体的にミュージックビデオ風でしたね。全編を通して流れるアカペラ音楽がエモーショナルな勢いをどんどん高めていき、何も根拠がなくともテンションが上がります。

個人的ベストシーンはやはりタイトルが出る瞬間です。冒頭、首吊りする主人公ハンクのシーンは死が蔓延する絶望感しかない空気ですが、そこからの水上オナラジェット。生への解放というか、「生きるって、素晴らしい!」という気分にさせてくれます。ここだけで本作に100点あげたくなりますよ。

“ダニエルズ”監督、他にはない強烈な個性を持っているのは確かなので、今後が楽しみです。

勢いよすぎるギャグ

本作のギャグの恥かしげもない勢いの良さは近年でもそうそう見られるものじゃないのではないしょうか。B級映画でもなかなかこんなことしない、超低次元レベルのギャグの連続。子どもなら大笑いしてくれるけど、大人は子どもに見せたくないタイプのやつですね。

オナラでケツからジェット噴射って…。口に物を詰め込んで発射できるって…。あげくには、グラビア本で妄想してると、ニョロニョロ動くアソコが方向を示すって…。

凄いよ、“ダニエル・ラドクリフ”…。ジェーン・ドウの解剖の時にも死体役の人を褒めたけど、それとは全く別方向でいろいろ犠牲にしてるよ…。

ストレートなギャグの他にも、散々話してくれと懇願したハンクが、「OK、バディ」とあっさりしゃべったメニーに対して、ああぁぁーーー、ボコッとやるシーンは思わず笑っちゃうし、その後のジュラシックパークのテーマ曲をハモるシーンのしょうもなさもツボです。

自分と死体のモンタージュ

サバイバル生活の中でハンクは死体のメニーとどんどん親交を深めていきます。その二人をつなぐキーワードがサラという女性です。

ハンクはバスの中で出会ったサラという女性に一目惚れしたのでしょう。それこそインスタグラムで彼女を探し出し、写真を自身のスマホに保存するくらい、夢中でした。でも、二人が結ばれるどころか、話しかけることもろくにできず、片思いのまま。彼女は、夫と子どもとともに幸せそうに暮らしていました。

そんな未練を内心に抱えたハンクは、何もわかっていない無垢な死体のメニーに、自分のスマホをメニーのものだと嘘をつき、サラという女性はメニーにとって特別な相手なんだと偽りの記憶を刷り込ませます。そして、森の中でメニーとサラ(ハンクの女装)が“記憶を呼び戻す”という“設定”で演技をしていく…というのが本作の話のメインを占めます。つまり、このメニーとサラ(ハンクの女装)の珍妙な掛け合いは、ハンク自身が本当のサラとしてみたかったifの人生を描いています

スイス・アーミー・マン

オナラは人生の再スタート

そもそもハンクはなぜ無人島にいたのか。詳細ないきさつは語られないのですが、映画を見る限り、最初は太平洋のど真ん中の孤島のように見えます。それこそ海難事故で流れ着いたのかなと思わせます。でも、水上ジェットメニーであっさり陸地につくし、その陸地も完全にアメリカっぽいですから、おそらくかなり本土に近い島だと考えることもできます。

そう考えるとハンクは自殺しに来ていたのかもしれません。しかし、死ぬには未練があった…冒頭で海を漂うメッセージ付き漂流物はまさにハンクの心の叫び。「助けて」「誰かと一緒にいたい」そんなハンクにとってメニーは唯一の語り合える友であり、また自殺しようとしていた自分の未来の姿でもあるわけです。

そのハンクはメニーとのサバイバルを通して人生を見つめ直します。冒頭、自ら死のうとしていた男が、最後の浜辺でメニーに「Don't die」と言うのは、まさに自分に跳ね返ってくる言葉。水上オナラジェットで笑顔で去っていくメニーのシーンは、それこそハンクはもう死を選ばなくなったことを示す証でしょう。

オナラは人生の再スタートだし、ペニスは人生の羅針盤なんです。

そこらへんの公共の自殺予防運動よりも、本作の方がよっぽど前向きなメッセージを発信していると思います。例え薄汚い死体のような存在であっても、生きる喜びは見いだせる…オナラでもいいから少しでも前に進めばいいのです。

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.