パワーレンジャー
映画『パワーレンジャー』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Power Rangers 
製作国:アメリカ 
製作年:2017年 
日本公開日:2017年7月15日 
監督:ディーン・イズラライト 

【個人的評価】
 星 4/10 ★★★★

あらすじ

エンジェル・グローブの街に住む平凡な毎日を送っていたジェイソンら5人の若者は、偶然にも不思議なコインを手にしたことから、超人的なパワーを与えられる。新たなパワーレンジャーに選ばれたと告げられて戸惑う彼らの前に、地球を滅ぼすべく悪の戦士リタ・レパルサが復活する。

懐かしさで胸が満たされる

子どもの頃は「戦隊ヒーロー」シリーズはよく見たものですが、最近は久しく観ていません。そんななかでの本作『パワーレンジャー』の公開は、子ども時代を思い出してなんだか懐かしくなります。

本作『パワーレンジャー』のビジュアルを見て、ゴースト・イン・ザ・シェルのような日本作品のハリウッド映画化か!と思っている人もいるかもしれませんが、今回はちょっと違います。

本作は、日本の「戦隊ヒーロー」シリーズの影響を受けてアメリカで制作された「パワーレンジャー」シリーズの映画化作品です。いや、“影響を受けて”という表現は不適切かもしれません。なぜなら、当時の「パワーレンジャー」シリーズは「戦隊ヒーロー」シリーズの映像を一部流用してアメリカ向けにアレンジして作られているから。「2次創作」という言葉の方が相応しいですね。

この「パワーレンジャー」シリーズを生み出したのは“ハイム・サバン”というエジプト生まれのユダヤ系イスラエル・アメリカ人。彼は実業家で1980年代に日本の「戦隊ヒーロー」シリーズに目をつけ、1991年に東映に輸入企画を持ちかけ、1993年にシリーズ1作目となる『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』がアメリカで放送されました。結果、社会現象になるほどアメリカの子どもたちの間で大ヒット。“ハイム・サバン”は世界有数の大富豪となりました。

なので、日本の「戦隊ヒーロー」シリーズもオモチャを売る前提の企画だったりしますが、こちらの「パワーレンジャー」シリーズもビジネス的な色が強い作品になっています。例えば、本作でも5人の主人公が人種構成がバラけるようになっていますが、これは最近のポリティカルコレクトネスに配慮する潮流の結果というよりも、幅広い“観客という名の顧客”に見てもらうため昔から行われてきたことです。そういえば本作の劇中にクリスピー・クリーム・ドーナツが印象的なかたちで登場するのですが、このへんも商売魂を感じさせますね(ちゃんと日本でもコラボキャンペーンしてます)。

『パワーレンジャー』の映画化は20年ぶり3作目だそうですが、CGを豪勢に使ったイマドキな作品になってます。

もともとの対象年齢がそうなのでしかたがないのですけど、内容としては近年のアメコミ映画よりも子供向け。でも、大人、とくに「戦隊ヒーロー」シリーズから遠ざかっていた人は無性に懐かしさに襲われて、不思議な感覚に浸れるでしょう。






↓ここからネタバレが含まれます↓





いいから変身するんだ!

「戦隊ヒーロー」シリーズの醍醐味は、ヒーローに変身し、各自がロボに乗り込み、最後はそのロボたちが合体して、悪を倒す…このシンプル・イズ・ベストな王道です。無論、本作もその要素はバッチリあって、無条件でテンションが上がります。「パワーレンジャー」シリーズもアメリカナイズされているとはいえ、この王道は共通。アメコミ映画にはないこの単純さが心地よいです。ちゃんと採石場で格闘する展開を作っているのは、笑っちゃいましたけど。

じゃあ、気分爽快で楽しめたかというと、それはちょっと…。

まず最大の欠点は、長すぎること。本作は120分あるのですが、主人公5人が変身するまで90分かかります。その間は結構どうでもよい若者のハシャギっぷりと悩める自分探しな問答の繰り返し。このパートで何か一つでも光るオリジナリティ要素があると良いのですが、皆無。せめてコミカルな展開で持たせられればとも思いますが、それもなし。Rotten Tomatoes「0%」ヒーロー映画マックス・スティールと同じ臭いです。

たぶん主人公が5人いるからこうなっちゃったのかな。5人いて、しかも同じスタートラインだと、それぞれ5人が同じことを繰り返すことになるので、冗長になるんですね。ビリーが死亡するくだりもいらないし、覚悟を決めるならたき火を囲んで語り合うだけでじゅうぶんじゃないですか。

パワーレンジャー

変身したけれども…

それで満を持しての変身からの大バトル。ゾード(乗り物)を駆使しての怒涛の展開は、誰もが「待ってました!」と手を叩く本作の白眉です。

一方のこの変身後のパートも文句はあって。残り30分では詰め込みまくりになりそうなのに、どうも勢いが持続しない。確かに絵面としてはすごくテンションが上がるのですけど、一時的ですぐに下がる、そしてまたちょっと上がりかけて下がる、この連続…。ロボなどの素材は良く出来ているのに、アクションは地味でしたし。合体してからの決着もあっさりなのはどうなのか。それでいてここでも若者特有の自分語りなシーンが挟まれるので余計に…。素直にド派手に戦ってほしかったです。ただ、ここは逆に戦隊ヒーローっぽい急ぎ足感でもあるのですが、そこはマネしなくても、ね。

一番残念なのは悪役ですね。一言でいえばダサイ。最後はアンパンマンにやられるバイキンマンのように、パシンとされて宇宙の彼方へ行っちゃいましたが、ほんともう面白くないから復活しなくていいと心から願います。

子どもか?ティーンか?大人か?

本作は、大人の私にとっては、懐かしさというノスタルジックの要素では、とても評価したくなる映画でした。イマイチ煮え切らないテンションだったのは、私が大人になってしまったからなのか…。

戦隊モノは子どもにウケればいいんだ!という見方もありますが、確かに日本では戦隊モノは子ども向けです。でも、本作は日本の戦隊モノのターゲットよりも少し年上のややティーン向けに作られています。ここがミスマッチになっているような…。日本の中高生が『パワーレンジャー』を観に来るかな…。日本の戦隊モノのノリで低年齢層の子どもが観たら、前半のパートのティーンドラマはアクビがでるでしょうし…。ここで日本側のマーケティングは頭を悩ますでしょうね。

当然のように続編を匂わせる終わり方でしたが、3部作どころか、5~7作くらい作る気でいるみたいです。次回は最初からガンガン戦っていけば、さらに魅力的な作品に成長するはず…そんな期待を感じさせます。

(C)2016 Lions Gate TM & (C)Toei & SCG P.R.