お嬢さん
映画『お嬢さん』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

英題:The Handmaiden 
製作国:韓国 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年3月3日 
監督:パク・チャヌク 

【個人的評価】
 星 10/10 ★★★★★★★★★★
 

あらすじ

1930年代、日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキは、藤原伯爵と呼ばれる詐欺師から、ある計画を持ちかけられる。それは、侍女として近寄り、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子を藤原伯爵と結婚するように誘導した後、秀子を精神病院に入れて財産を奪い取ろうというものだった。

R18の皮をかぶったコメディ映画

パク・チャヌク監督のフィルモグラフィーの中でも一番のクリティカルヒットになったのではないだろうかとも思う最新作『お嬢さん』。カンヌ国際映画祭、シカゴ映画批評家協会、ロサンゼルス映画批評家協会、サンフランシスコ映画批評家協会など世界各地の映画賞を総なめ!と聞いて、パク・チャヌク監督作品好きの私も楽しみに待っていました。

パク・チャヌク監督がこれまで世に送り込んできたのは、『復讐者に憐れみを』、『オールド・ボーイ』、『親切なクムジャさん』、『サイボーグでも大丈夫』、『渇き』、『イノセント・ガーデン』といずれも強烈な作品たちばかり。前者3作は「復讐三部作」、後者3作は「人間ではない存在の三部作」と呼ばれていますが、今作も何か三部作的な関連性があるのでしょうか(なお、上記の三部作は物語上つながりはありません)。

パク・チャヌク監督作品の特徴といえばサスペンスの中に色濃く染みるバイオレンスとエロス…とよく言われます。“グロくてエロい”というと、最近だと『ネオン・デーモン』が公開されたばかりのニコラス・ウィンディング・レフン監督が思い浮かびますが、作家性は全く違います。

私的にはパク・チャヌク監督作品の魅力は「コメディ」にあると思ってます。緊迫したシーン、暴力的なシーン、官能的なシーン、どんな場面においてもスッとユーモアが挟まれる。唐突で観客としては戸惑いますが、そうです、笑っていい映画なのです。しかも、これだけなら韓国映画ならよくあるんですが、パク・チャヌク監督の場合、そのコメディがちょっとやりすぎなくらい異常なときがある。そこがクセです。フェチというかケレン味というか、パク・チャヌク監督の作家性ですね。

本作『お嬢さん』は「R18+」指定という点が注目されがち。確かにセックスも淫語も連発しまくりで、パク・チャヌク監督ワールド全開。そのせいかユーモアもより極端に浮かび上がる内容となっています。正直、パク・チャヌク監督作品を全く観たことがない人、『オールド・ボーイ』くらいしか観たことがない人は、面喰らう気がします。なので、過去作を観て耐性を付けておくのもいいかもしれません。個人的には『渇き』がおすすめ。


といっても、本作はパク・チャヌク監督作品の中でもわかりやすい部類だと思います。第1部、第2部、第3部の3部構成になっているので、二転三転する展開も理解しやすいです。また、世界中から高い評価を受けているだけあって、作品のテーマは万国で共感を得られるものになっています。カタルシスも明確に用意されているのも嬉しいところ。

付け加えておくと、本作は女性映画ジャーナリスト同盟や女性映画批評家サークルといった女性が投票権のあるところでも映画賞を受賞しています。つまり、女性が観ると楽しめる、女性に観て欲しい一作です。大人のお嬢さんも、ぜひ劇場へどうぞ。






↓ここからネタバレが含まれます↓





変な日本語も全ては計算のうち?

メインのストーリーテーマは観る前に想像していたものと違って、意外なほどシンプルでした。「女」を慰みものにするための見世物程度としか思っていない男社会における“女性たちの反逆”を描いています。このへんは、舞台設定を原作であるサラ・ウォーターズの「荊の城」のヴィクトリア朝から日本統治時代の朝鮮に変更したのが、非常にうまく効いていました。

そのテーマがわかるのは第2部の終わり部分。それ以前と以後ではサスペンスの種類が転換するのが見どころです。前半の騙し合いか、後半の復讐か…どっちが好みかは人それぞれだと思いますが、私は一粒で2度おいしい感じでたっぷり楽しめました。

ただ、やっぱり全編とおして楽しいのはユーモア。本作の一番というか、他にないコメディ要素が「日本語」です。

本作はとにかく登場人物が日本語をしゃべりまくります。しかも、そのバランスがとても変。朝鮮語⇒日本語⇒朝鮮語と、ほぼ間髪入れず連続してセリフがあります。ときには「なんでそこで日本語!?」みたいなシーンも…。

この日本語演出について、あんまり深く考えず表面的に受け取ってしまうと、「外国人製作だから日本語に疎いだけだろう」とネガティブな評価につながりやすいポイントです。キャストはほぼ韓国人で、事前に日本語の指導を受けたらしいですが、それでもある程度は流暢でも私たち日本人にはやはり違和感はあります。

でも、本作はパク・チャヌク監督作品。日本語に疎いわけない。本当に自然でリアルな日本語にしたければ、普通に日本語ネイティブな人を起用しているはずです。むしろこれは確信犯でしょう。不自然な日本語になることをわかったうえで、ギャグにしていますよね。

なんだか日本語の別の愛らしさに気づかせてくれる作品でした。

お嬢さん

変態ばかり、でもそこが良し!

そんな日本語が愛おしい登場人物を演じたキャスト陣も素晴らしかったです。

“オモチャ”チ○ポ野郎こと藤原伯爵を演じるハ・ジョンウ。チ○ポ史上主義のような、チ○ポに始まり、チ○ポに終わるしょうもないキャラを見事熱演。今回は、まさに冴えた詐欺師と変態の中間のような顔で、顔が100点満点。指切断シーンも、どことなく変態的快感を味わっているみたいな表情で、ダメだこいつ感がビンビン。そういう“プレイ”に見えます。「チ○ポを守れてよかった」は名言です。

そして、それを上回る共生不可な変態叔父の上月を演じたチョ・ジヌン。藤原がチ○ポ野郎なら上月はマ○コ野郎。最後の大ダコといい、極まった変態性が凄まじかったです。他にも、秀子の淫乱朗読&人形合体を熱視する男どもの情けない醜態も、馬鹿馬鹿しくて…。「体位がわかりませんね」じゃないよ…。

対して、キム・ミニが演じた秀子とキム・テリが演じたスッキのお嬢さんズの、文字通り組み合わさることでの最高の化学反応。本作はレズ映画だと、バッサリ言えないこともないですが、ちゃんと作品のテーマとして機能しているので良いと思います。変態ばかりの野郎だらけの中だからこそ、上下関係のない対等な女性二人が輝きます。「同性愛=純愛」みたいな考えは、私はステレオタイプっぽさを感じて若干嫌なのですが、今作については気にならなかったです。オーディションで選ばれたキム・テリも、よくこんな個性強すぎる作風に埋もれず存在感を発揮したものです。

パク・チャヌク監督作品の中でもダントツ個人的ベストの一作、観れて良かった!

(C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED