裸足の季節
映画『裸足の季節』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Mustang 
製作国:フランス・トルコ・ドイツ 
製作年:2015年 
日本公開日:2016年6月11日 
監督:デニズ・ガムゼ・エルギュベン 

【個人的評価】
 星 8/10 ★★★★★★★

あらすじ

10年前に事故で両親を亡くし、祖母の家で叔父たちと暮らしている5人姉妹のソナイ、セルマ、エジェ、ヌル、ラーレ。厳格なしつけや封建的な思想のもとで育てられた彼女たちは自由を手に入れようと奮闘するが、やがてひとりずつ嫁いでいく。


トルコで少女たちが訴えるもの

フェミニズムは今や映画では欠かせないキーワードです。最近だと『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のようにフェミニズムをバン!と前面に打ち出しながら、エンタメとしてしっかり確立している作品もあって、時代の変化を感じます。

私は、異国を舞台にしたフェミニズム映画が結構好きです(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も異国といえば異国だけど…)。それはたぶん異国だからこそ客観視しやすいという理由があるのだと思います。

そんななか日本では2016年に公開された『裸足の季節』は、異国を舞台にしたフェミニズム映画の新たな名作として心に深く残る一作です。

本作はトルコのとある小さな田舎の村に暮らす5人の姉妹の物語。

何の予備知識なく本作を観ても問題ないのですが、作品の舞台背景を知っておくとより物語に入り込めると思うので簡単に説明しておきます。

親日な国柄ということもあって、日本人にとっては観光地として有名なトルコですが、地理的にヨーロッパ、アジア、中東、アフリカに近接していて多様性に富んだ国だと言われています。一方で、ほとんどの国民はイスラム教徒で、それを聞くと、なんとなく女性への社会的規制が厳しいのかなという印象も抱きがち。

ただ、それは一概には言えず、例えば同じく少女を主役としたフェミニズム映画に『少女は自転車にのって』(2012年)という作品がありましたが、その舞台であったサウジアラビアほど厳格さはないのがトルコです。

といってもトルコ国内でも地域差があります。主人公となる5姉妹が住む場所は「イスタンブールから1000km離れた小さな村」としか劇中で説明されません。トルコは東西に伸びた国であり、イスタンブールは西の端にあるので、おそらく推測するに舞台となった村はトルコの東部の端よりに位置するのでしょう。外務省のウェブサイトによればこの一帯は「十分注意」もしくは「渡航中止」するように情報が出されています。ましてやそこからさらに南に行けばシリアやイラクの国境地帯なわけで、そんな場所です。

つまり、本作の舞台はトルコの中でもかなり保守的で治安上も不安定な場所なんですね。それを踏まえて本作を観ると良いと思います。

第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートもされ、各地の映画祭で絶賛された本作のパワーは伊達ではありません。国際映画祭で全員に主演女優賞が贈られたという5姉妹を演じた5人の少女たちの、眩しく切ない自然な演技にも要注目です。





↓ここからネタバレが含まれます↓




純潔に反逆するじゃじゃ馬娘たち

本作は予告動画やポスターを観ると、少女たちのキラキラした青春を描く映画かな?と思ってしまいます。しかし、観てわかるとおり、全然違う作品でした。

冒頭、海岸で男子生徒に肩車されてじゃれ合う少女たち。いかにも青春!な場面ですが、この青春に突きつけられたのは「処女検査」。以後も、結構「えぇ…」とドン引きするようなショッキングな出来事が連発します。それこそ彼女たちを「カゴの鳥」と表現するのは生易しすぎるくらい。まさに純潔に陵辱されるようなものです。

裸足の季節

これに対して「イスラム教だからでしょう?」とか「これがトルコの文化でしょう?」みたいに冷めた視線を送る人がいるかもしれませんが、別にそうじゃないと私は思うのです。

まず、本作で描かれる少女たちの境遇はトルコでは平均的なわけではないということ。先にも述べたとおり、トルコの中でもかなり保守的な村の話です。しかも、この村の中でも少女たちの家庭は一際保守的なようでした。「学校に行かないの?」と同級生っぽい子が訪ねてきたり、終盤に車に乗って家を飛び出すラーレを追いかける叔父に「行かせてやれ」と言う男性がいたりと、ラーレの家の異常さを匂わせるシーンは随所にありました。ちなみにイスタンブールでも、リベラルな家庭と保守的な家庭がいて、かなり差があるみたいですね。

こういう家族のようなコミュニティの堅苦しさというのは、日本人でも同感できるはずです。

そして、フェミニズム的な視点でいうなら、少女に「純潔性」を求めるというのも、程度の差はあれど日本も例外ではありません

こういう多様な切り口を用意しているあたりが、ただのフェミニズム映画ではない本作の評価の高さにつながっているのでしょう。

これもどれも、本作がデビュー作であるデニズ・ガムゼ・エルギュベン監督の持っている要素が全面に表れた結果。女性であり、トルコのアンカラで生まれ、フランスのパリで映画を学んだ監督の、少女時代の体験が反映されたという本作は、まさしく彼女にしか作れないものでした。いきなり集大成な作品を作ってみせた新鋭監督の今後に期待です。

現代のフェミニズム映画は決して「シンデレラ・ストーリー」では終われないものですが、1人でも受け止めてあげたいという意思がひしひしと伝わってくる本作のラストが印象的でした。

(C)2015 CG CINEMA – VISTAMAR Filmproduktion – UHLANDFILM- Bam Film – KINOLOGY