ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Miss Peregrine's Home for Peculiar Children 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年2月3日 
監督:ティム・バートン 

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★★
 

あらすじ

周囲になじめない孤独な少年ジェイクは、唯一の理解者だった祖父の遺言に従い、森の奥にある古めかしい屋敷にたどり着く。そこには、美しくも厳格な女性ミス・ペレグリンの保護のもと、奇妙な能力をもった子どもたちが暮らしていた。

ティム・バートン監督風の「X-MEN」

ティム・バートンといえば「奇才」だの「鬼才」だのと語られることの多い今や有名監督ですが、才能が一般に認知されていなかった若い時はそうではありませんでした。よく聞かれる話からは、極端に無口で奇行も目立つ「変な人」扱いされていたことが窺えます。

そんな世間の目をティム・バートン自身はどう思っていたのかは本人のみぞ知るです。しかし、彼のフィルモグラフィーを観ていると、なんとなくわかるような気がします。

思えばティム・バートン監督の作品には世間からはズレた「変な人」が登場することがとても多いです。『バットマン』(1989年)のジョーカー、『シザーハンズ』(1990年)のエドワード、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993年)のジャックなど、挙げだしたらキリがないほど。これらの「変な人」にティム・バートン監督自身を投影していることは言うまでもないでしょう。

そして、ティム・バートン監督最新作である本作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』でもやはり「変な人」が登場します。しかも、「変な人」だらけです。

本作は、ひとりの保護者的立場の人によって、屋敷という閉鎖的なコミュニティで育てられた、特殊な能力を持った子どもたちが活躍するという内容。この設定を聞くと「X-MEN」を想像する人も多いはず(去年は『X-MEN: アポカリプス』も公開されました)。実際に観てみると、確かになるほど「X-MEN」です。「X-MEN」っぽい特殊能力を駆使したチーム戦もあります。そういう意味ではティム・バートン監督風の「X-MEN」といえるかもしれません。

ただ、そこはなんだかんだでティム・バートン監督なので、アメコミ映画とは同じにならないのが面白いところ。

ティム・バートン監督の前作は『ビッグ・アイズ』(2014年)という伝記ドラマであり、こちらも良い作品なのですが、典型的なティム・バートン監督作品を期待していると物足りなかった人もいたでしょう。今回は、なによりティム・バートン監督らしいダークでメルヘンチックな世界観が帰ってきました。好きな人は見逃せない一作になると思います。

それにしても公式サイトを見ると「キミョかわいい」キャンペーンなるものを実施していて、「キミョって何だ?」と思ったら邦題の「奇妙」のことか…。たまに公式のプロモーションに付いていけないことがある…。






↓ここからネタバレが含まれます↓





奇妙なこどもたちは本気だして

最初に言っておくと、本作は「ハヤブサが守る家」という小説が原作なのですが、私は原作未読なので原作と比較してどうこうは言えません。

それでも一応、原作について軽く調べると、原作小説は挿絵の代わりに実物の昔の写真が挿入されていて、そこに写っている人たちから物語を想像して作られたものなのだとか。なので独特な不気味さがあります。

その点では、さすがティム・バートン監督というか、本作は原作の特徴を見事映像化できていたように思います。特殊能力を持った子どもたちを描くからといって、いわゆるアメコミ映画にありがちな、VFXやCGをバリバリ使ったくっきりした絵作りでなく、古ぼけた写真にいるような儚い存在感がいい感じです

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

役者陣も良かった。なんといってもティム・バートン監督の定番のジョニー・デップやヘレナ・ボナム・カーターが出ていない! 長編デビューの子とか、2作目です、みたいなフレッシュな役者が“奇妙なこどもたち”には多いので、観ていて新鮮です。

ミス・ペレグリンを演じたエヴァ・グリーンは存在感ありましたね。ティム・バートン監督はヘレナ・ボナム・カーター(元カノ)からエヴァ・グリーンに乗り換えるのか!?というのは冗談にしても、今後もティム・バートン監督作の常連になりそうです。

主人公のエイサ・バターフィールドは“奇妙なこどもたち”の面々の影に隠れて目立たないのが惜しいところ。まあ、エイサ・バターフィールドのファンは『僕と世界の方程式』を観ましょうということです。

役者で残念だったのはサミュエル・L・ジャクソン。なんか小物だったなぁ…。あと、ジュディ・デンチは無駄遣いだった気がする…。

サミュエル・L・ジャクソン絡みでいえば、本作は物語の推進力が弱いのが欠点に感じました。悪役側が強いのか弱いのかよくわからないんですね。あの怪物はクロスボウで倒せちゃうし、むしろ無生物のモノを操れるあの子の能力の方がよっぽど脅威な気がして冷めてしまいました。絶対“奇妙なこどもたち”は訓練すれば空襲の爆弾も防げるし、「X-MEN」と互角に戦えることだってできますよ。そんなアホなツッコミは置いておいても、終盤の戦闘は予定調和すぎました。

私は早くもティム・バートン監督の次作「ダンボ」の実写化に興味がいっています。どうくる?ティム・バートン。

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.