マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)
Netflix映画『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Meyerowitz Stories (New and Selected)
製作国:アメリカ 
製作年:2017年 
日本では劇場未公開:2017年にNetflixで配信 
監督:ノア・バームバック

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★

あらすじ

いろいろと積もりに積もった恨みや競争心を内に抱えたまま、顔を合わせた3人の兄妹ダニー、マシュー、ジーン。そして、その3人をつなぐ存在である、過去の栄光にしがみついて老いてなお気難しい芸術家の父ハロルド。そんなもつれだらけのマイヤーウィッツ家の家族を振り回すのは、やはりいつも父だった。

ネタバレなし感想

映画じゃねぇ!(でも絶賛)

「映画館で上映しない作品は映画じゃねぇ!」騒動が起こった今年のカンヌ国際映画祭(若干オーバーな表現になってます)。

そんな「映画じゃねぇ!」なブーイングを受けたのは、ポン・ジュノ監督のオクジャ。そして本作『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』でした。

監督は、『イカとクジラ』(2005年)、『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』(2010年)、『フランシス・ハ』(2012年)、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(2014年)と、小規模な人間ドラマを描いてきた“ノア・バームバック”。個人的には、脚本を手がけたウェス・アンダーソン監督の『ファンタスティック Mr.FOX』も忘れがたいですね。

その“ノア・バームバック”監督の最新作がNetflixで独占配信というのも時代を感じます。まあ、私は観れればそれでいいですし、正直、本作のように世界同時で最新作が見られるのは、映画好きにとっては嬉しいのだけど…。

ということで『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』。「(改訂版)」までがタイトルです。相変わらず変なタイトルをつけるのが好きですね。

主演は、コメディならまかせろの“アダム・サンドラー”“ベン・スティラー”。大バトルも見せてくれます。そして、圧倒的ダメオヤジを見事に体現してみせた“ダスティン・ホフマン”の名演が光ります。私としては今回の“ダスティン・ホフマン”は過去最高にカワイイです。まあ、ダメオヤジなんですけど…。

“ノア・バームバック”監督作品常連となりつつある“アダム・ドライバー”も短いながら味のある出演をしていますし、“エマ・トンプソン”“エリザベス・マーヴェル”といった女性も見どころがたくさんあります。

カンヌでブーイングを受けてもそれは作品の中身に対するものではありませんし、実際の作品評価は非常に良く、「Rotten Tomatoes」90%超え。人によっては「Netflix作品ベスト」とか、「人生ベスト」と断言している人もいるくらいですから、ハマれば最高なはず。

派手な作品では全くないですが、観る価値はじゅうぶんです。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

サングラスは誰のもの

マイヤーウィッツ家の面々は実に“メンドクサイ”人たちばかり。

まず、ダニー

冒頭で路上駐車に苦戦しているシーンで始まりますが、まさにこの状況こそダニーのマイヤーウィッツ家での立ち位置そのものです。「空いてるか?」なんて言って路上の駐車可能な場所を探しはしますが、見つからない。でも正規の駐車場は利用したくないというプライドはある。この姿が、家族の定位置におさまる権限はあるはずなのにマシューが、マシューの野郎が邪魔だ!…というイライラと重なります。クラクションならされて赤の他人には「クソッタレ」とキレるのですが、父や家族には怒れない…そこが痛々しい。ちなみにビリヤードでキューを「クソッタレ」とぶっ壊す父とそっくりなのがまた残念感が…。

次にマシュー

バリバリのスーツを着て会計士として働く彼は、芸術肌のマイヤーウィッツ家とは正反対に見え、一般的な「成功」を遂げているように映りますが、でも内面は違います。“アダム・ドライバー”演じる仕事相手にも若干ナメられていることからもわかるように、ビジネスマンとして決して栄光の尊敬ある人生を送っているわけでもない。実はなんで自分は芸術家じゃないんだとも悩んでいる。引け目を心に抱え込み、それなりに自分も家族の一員として何かをしたいと思っていますが、これだということは見つからず…。結果、父の家と作品を売りますが、さらに家族に亀裂を生んでしまって…。マシューも駐車位置は見つからないんですね。

そしてジーン

彼女にいたっては駐車位置を見つけることさえ早々に諦めてます。初登場シーンとか、そこにいたの?ってくらい目立たない姉ですが、実は心に過去に遭わされた根深い闇を抱えていて…。でも意外なほどドライ。それが彼女の父との向き合い方なんですね。終盤にイライザの映像作品に出れて心底嬉しそうなのが良かった、良かった。駐車位置、見つかったね。

マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)

ダメオヤジは私だった

そんな子どもたちの“メンドクサさ”の元凶が父・ハロルドです。

もうほんと“メンドクサイ”の王様みたいな男であるハロルドは、傍若無人で子どもたちをぐるんぐるん振り回します。ぐるんぐるんですよ。

芸術家肌のせいなのか、周囲を全く気にしません。マシューとのレストランでのやりとりからジャケットの場面は、もう笑わせていただきました。

自分を偉大な存在だと思ってはいますが、その実態はちっぽけ。しかし、自覚なし。ライバル(だと思っている)LJの展覧会ではタキシードで服装だけ立派に見せるもあらゆる点でLJに格の違いを叩きこまれ、遁走(ほんとに走って逃げるのがシュール)。ここであったシガニー・ウィーバーを紹介されたことをダニーやハロルドに自慢するのが情けなくも可愛くて…。たぶんハロルドの脳内ではあの展覧会でシガニー・ウィーバーに会ったことしか記憶にセーブされていないんでしょうね。

とまあ、絵に書いたようなダメオヤジなんですが、私なんかは他人事ではみてられなかったですね…。なぜなら、ハロルドと自分が重なる気がしたから。一応、私も映画好きの端くれとして映画という芸術を観客として語るわけです。でも、それだけでしょう。なにかを成し遂げたわけじゃないですよ。それでも芸術に触れ、語っているうちに、何かを成し遂げたような気分になってくる。その終着点がハロルドだと思うのです。しかも、ハロルドは劇中でも『きっと、星のせいじゃない。』や『SEXテープ』などやけにミーハーな映画もキッチリ押さえてある人で、とりあえず芸術に触れまくってさえすれば俺は芸術通だ!な感じがね…。自分の未来の姿を見ているようでした

そう考えると、フリーダムすぎる映像作品を作りまくるダニーの娘・イライザですが、一番ハロルドの血を濃く引き継いでいるかもしれないですね。ホイットニー美術館にてハロルドの抽象彫刻を見つけるラストでもそんな予感を感じさせます。ということは、とんどダメババアに進化する可能性がありますよ…

“ノア・バームバック”監督の描く「家族は腐っても家族」という雰囲気が色濃い一作でした。どんなに改訂を重ねても家族の本質は良いところも悪いところも受け継いでいくんですね。

©Netflix