らいおんウーマン

映画『らいおんウーマン』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Lion Woman 
製作国:ノルウェー 
製作年:2016年 
日本では劇場未公開:2017年にNetflixで配信 
監督: ヴィベケ・イドソー

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★

あらすじ

生まれた時から全身が体毛で覆われていた少女エバは、周囲の人々と大きく異なる外見ゆえに多くの困難を強いられてしまう。それでも父親代わりの駅長のグスタフや、乳母として傍にいてくれたハナなどに支えられながら、少しずつ前を向いて自分の世界を広げていく。 

ネタバレなし感想

ひとりの少女の成長物語

Netflixの新着配信作品リストをなんとなく眺めていたら、パッと目に付いたのが本作『らいおんウーマン』の文字。

らいおん? なんだ、この某アイドルグループの曲の名前みたいなやつ…と、単なるタイトルありきの興味心で本作を鑑賞しました。邦題が合っているかどうかは置いておいて、こういう偶然の出会いがあるのはいいものですね。ちなみに、iTunesでは「ライオン・ウーマン」という邦題で配信されているみたいです。

お話は、あらすじのとおり、生まれつき体中が体毛で覆われた女性の成長物語です。「スター・ウォーズ」のチューバッカや、「X-MEN」のミュータントみたいな風貌をしている主人公ですが、それ以外はいたって普通の女の子。子どもらしい好奇心もあれば、勉強もしたいし、恋もしたい、夢だってある…そんな彼女がいろいろな人に出会い、いろいろな経験をしながら成長していきます。

あまりこういう呼び方をするのは良くないのですが、いわゆる“フリークス”と呼ばれる「特殊な見た目をしている人たち」を描いた作品は、往々にして“どよ~ん”とした悲痛で苦難のドラマであることが多く、観る人を選びがち。でも、本作は心配いりません。確かに差別は描かれますが、最終的には温かい気持ちになれるはずです。これは本作があくまでひとりの人間の成長物語を描いているからなのでしょう。雰囲気的には、自閉症の少年の成長を描いた僕と世界の方程式に似たものがあります。

本作の主人公のような症状は実際にあって、「多毛症」と名付けられています。ただ、本作の場合、とくに特定の誰かを題材にした伝記作品ではないようですけど…。

原作はノルウェーの小説で、本国ではベストセラーになったみたいです。ということは注目度の高い映画化だったのかな?

気になった方はぜひ気軽にご覧ください。







↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

複雑な親心

時代は1912年(ちなみにノルウェーが独立したのは1905年)。夜にひとりでふらついていた妊婦が保護され、出産後に亡くなってしまいます。一方で、赤ん坊は無事に生まれましたが…見た目が普通ではなく…。

ここでこの“エバ”と名付けられた子を育てることになったのは、亡くなった母である女性と親交のあった駅長のグスタフ・アークタンダー。個人的にはこのグスタフの複雑な親心の揺れ動きが、本作の大きな見どころのひとつでした。グスタフは単純に「良いキャラ」「悪いキャラ」で分けられるものでもなく、すごく人間臭い存在。体毛だらけのエバを最初に見て「山猫」呼ばわりし、なにかと体毛を除去できないのかと口にしたり、エバが窓から外を見ていただけで物置に閉じ込めてしまったりと、冷たい対応をとります。かと思えば、赤ん坊のエバを外に出すために人目のつかない散歩コースを計画したり、モールス信号に興味を持つエバに電信機をプレゼントしたりと、労力を惜しまずエバを支える行動も見せます。

グスタフは、エバと観に行ったフリークス・ショーで体を震わせて怒りを表していたことからも、きっと根は優しい人なんでしょうね。じゃないとエバの母と親交を持つことなんてしなかったはずですから。

エバが周囲から好奇の目で見られるのは許せない。でも、エバの外の世界への好奇心には答えてあげたい。この間で揺れる親心はじゅうぶん共感できます。ときには行き過ぎてしまって、スパーキーの人生を傷つけることもしてしまいましたが、グスタフも親として不完全なのでしょう。

らいおんウーマン

そのグスタグを演じた“ロルフ・ラスゴード”の演技は魅力的でした。彼は『幸せなひとりぼっち』というスウェーデン映画で主演し、賞をもらうほど高く評価されていますので、本作を観て気になった人はこちらもチェックすると良いと思います。

子どもの自立

そんなグスタフのハラハラな親心をよそに、エバは傷つきながらも着実に成長を遂げていきます。

本作を観て改めて感じますが、子どもは親が思う以上にちゃんと成長しているんですね。

1926年。コペンハーゲンの学会へ招待され、治す薬があるかもと期待するエバでしたが、待っていたのは研究的好奇心しかない学者の目。そこで出会ったのは、アンドレイというこれまた特殊な肌をした不気味な雰囲気を漂わす男です。フリークスの劇団に所属している彼は、遠回しに特殊な者同士で暮らす方がいいと誘ってきます。

このシーンでは最初は、こう、エバをダークサイド的な方向に誘惑する場面なのかなと私は思ったのですけど、全然違いましたね。

むしろエバはその世界に自分の意志で飛び込み、自らからお金を稼ぎ、大学に行って、あんな立派な教授にまで成長するなんて。ちょっとこのへんがストーリー上、駆け足だったのが残念でしたが、素晴らしい成長っぷりにこちらも感動。見事な自立です。

久しぶりに故郷に帰ってきたエバにハナが綺麗になったねと言うシーンは、もちろん見た目だけでなく中身の変化も感じ取ったからこそなはず。

見た目がどうであれ、人は成長できる…本作のメッセージは、多様性を重んじる今の社会だからこそ忘れてはいけないことだと思います。それを声高に主張するのでなく、じんわりと伝えてくれる本作は他にはない味わいがありました。

他にも母親代わりとなる乳母のハナや、友人となるスパーキーとか語るべき人物はたくさんいますが、文章がただただ長くなるので割愛で。

ただ、あれです、保養所で出会う同じくエバという名の女性の語る「カタツムリ療法」。あれ、映像化する意味あったのか!? いや、個人的にこういう映像が大好きなので嬉しいのですけど、あれかな、北欧ギャグなのかな…。

©Netflix