ブレンダンとケルズの秘密
映画『ブレンダンとケルズの秘密』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Secret of Kells 
製作国:フランス・ベルギー・アイルランド 
製作年:2009年 
日本公開日:2017年7月29日 
監督:トム・ムーア 

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★

あらすじ

9世紀のアイルランド。バイキングの襲来に備えるために高い塀に囲まれたケルズ修道院に、高名な僧侶エイダンが「ケルズの書」を携えて逃げ込んで来る。エイダンは修道院の少年僧ブレンダンに、書を完成させるために必要なインクの材料となる植物の実をとってきてほしいと依頼する。

ネタバレなし感想

アイルランドの国宝がアニメで動く!

“トム・ムーア”という独自の作風が特徴なアニメーターが若き巨匠として注目されているという話は、彼の長編アニメーション映画2作目のソング・オブ・ザ・シー 海のうたで語ったのですが、その“トム・ムーア”監督の記念すべき1作目が日本で2017年に公開されることになりました。後援のアイルランド大使館、ありがとう(なんでも日本・アイルランド外交関係樹立60周年らしいです)。

そのメモリアルな作品が本作『ブレンダンとケルズの秘密』。本作と2作目は続けて米アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネートされており、作品としては2009年に製作されたものですが、全く古さのない、時代を超えて魅了させてくれる映画です。

お話しは、アイルランドの国宝である「ケルズの書」という8世紀に制作された聖書の手写本をめぐる史実をファンタジックに彩ったものとなっています。この写本、ただのコピーではなく、豪華なケルト文様による装飾が施されていることが最大の特徴。ゆえに世界で最も美しい本とも言われているのだとか。ネットで画像検索してもらえればわかると思いますが、確かに装飾のレベルを凌駕するとてつもなく細かい職人芸で模様が書きこまれています。

アイルランドではこの写本製作の技術が古くから培われてきたそうです。では、今はそれが途絶えたのか? いえ、それこそ「アニメーション」という形で現代に継承されていると言っていいでしょう。まさしく本作は、その芸術を現代に蘇らせる(しかも動く!)“トム・ムーア”監督の粋なセンスだと思います。アイルランド愛ですね。

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』と同様に温かい絵のタッチで、子どもが観ても問題ない作品です。ただ、かなり不気味なシーン、もっといえばホラー的ともとれる怖いシーンが一部あって、さらに大量殺戮など暗く陰惨な場面もあります。もし小さなお子さんと観る際はそこを気を付ける必要があるかもしれませんが、まあ、そこは各家庭の判断で。

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』にハマった人は絶対に楽しいのは間違いないで、必見です。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

平面でしかできない遊び

アニメーションは相変わらず『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』のときと変わらぬ楽しさ。“トム・ムーア”監督作の特徴は、昨今の3Dリアル傾向とは真逆の超平面スタイルのアニメーションですが、個人的にとても好きです。

平面を駆使した横スクロールゲーム風でありながら、飽きない不思議。それはやっぱりアニメーションでしか表現できない、いわゆる「嘘」の演出が上手く組み込まれてユニークだからだと思います。例えば、劇中でアシュリンが神出鬼没にひょこひょこ画面に現れる場面とかの、遠近法を完全に無視した騙し絵のような表現。さらに、後半にあるブレンダンの平面戦闘シーンは絵であることを最大限活かした演出でした。物語上、ブレンダンが書物を書いていくので、この平面演出との親和性が本作はとても高いですね。まさにケルト紋様がアニメーションで動いていたという感じ。バイキング襲撃シーンも凄かったです。

物語は『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』と比べて、お話しの舞台のスケールは小さいのですが、わりとストーリー展開がベタで予想しやすい2作目と違い、今作1作目は話がどう転んでいくかわからない面白さがあって良かったです。一方で、時間のスケールが非常に長く(まさかブレンダンがあそこまで年をとるとは思わなかった)、物語の着地点も「書物を完成させる」という宗教的な終わりなので、カタルシスが弱いのは子どもが観るうえでは辛いのかも。少なくとも公式ウェブサイトにある「世界を救えるのは、この美しい魔法の本だけ」というのは若干過大ですしね。

逆に言えば『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』ではその欠点が活かされて、子どもでもわかりやすい物語になっていました。

ブレンダンとケルズの秘密

いつもの組み合わせ

“トム・ムーア”監督作品2作を観てわかったことですが、ちょっと年上のお兄さん的少年キャラとちょっと年下の不思議少女キャラのコンビがセオリーなんでしょうか。

主人公のブレンダンのキャラは、『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』の主人公のベンとかなり似ている、というか同じだったな…。まあ、可愛らしいので良かったですけど。

一番印象的なのはやはり本を完成させるためのインクの原料である植物の実を探しにきたブレンダンが森で出会うオオカミの妖精アシュリンでしょう。やたら統率のとれた黒オオカミたちを従える、まさに神出鬼没の謎の存在、アシュリン。まあ、こっちも可愛らしいので良しです。しかも、魅力的な歌も歌ってくれますしね。本作全体のアイルランド・ケルト音楽といい、サントラが欲しくなる作品です。時々見せるアシュリンの怖い顔が普通に怖かったですが…。

あと、ネコね。“トム・ムーア”監督作品は動物に愛嬌があっていいですね。

ともあれ、こういうアニメーション見て癒されてないとやってられないですから(何があった)。適度にこういう作品が欲しくなるのです。

“トム・ムーア”監督の次作は、プロデュース作品として『The Breadwinner』が控えるほか、監督作『Wolfwalkers』を製作中とのこと。楽しみなのですが、早く日本公開に着手してください、配給さん…。

(C)Les Amateurs, Vivi Film, Cartoon Saloon