ジェーン・ドウの解剖
映画『ジェーン・ドウの解剖』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Autopsy of Jane Doe 
製作国:イギリス 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年5月20日 
監督:アンドレ・ウーブレダル 

【個人的評価】
 星 8/10 ★★★★★★★★

あらすじ

バージニア州の田舎町で息子のオースティンとともに遺体安置所と火葬場を経営するベテラン検死官トミー。ある夜、緊急の検死依頼として、一家3人が惨殺された家屋の地下から裸で発見された身元不明女性、通称「ジェーン・ドウ」が運ばれてくる。解剖を進めていくなか、その遺体の奇怪さに気づいていき…。

科学 vs 怪奇

「心霊現象を科学で解明!」みたいなTV番組は昔から定番ですが、最近はネット社会ですからすぐに情報の検証をする人が現れて、なかなか心霊現象も肩身が狭いですね。

そんな「心霊現象を科学で解明!」なノリを、とても真面目なホラー映画にしたのが本作『ジェーン・ドウの解剖』です。

身元がわからず名前を呼びようがない男性を、英語では「ジョン・ドウ」と俗語で表現しますが、その女性版は「ジェーン・ドウ」です。この「ジョン・ドウ」「ジェーン・ドウ」は、犯罪事件などで死因を特定するために遺体を解剖する場面でも、いわゆる「身元不明者の遺体」という意味で使われます。そんな身元不明の女性遺体「ジェーン・ドウ」が検死官の親子を恐怖の罠に突き落とす…というのが本作のストーリー。

監督はノルウェー人の“アンドレ・ウーブレダル”という人物。この人、前作がとても変わっていて、『トロール・ハンター』(2010年)という、密猟者の噂を聞きつけて映像を撮ろうとやってきた学生たちが北欧に伝わる伝説の生物“トロール”を撮影してしまったフェイクドキュメンタリーを監督しています。

↑高圧電線の意外な真実が明らかになる…!

この『トロール・ハンター』で高い評価を得た“アンドレ・ウーブレダル”監督の最新作がホラーというのも納得できます。『トロール・ハンター』もホラー演出が上手かったですから。

本作は、舞台設定や物語は普通どころかド定番に思えますが、実は中身では斬新なことをしています。詳しくは記事後半のネタバレ部分で書きますが、怪奇的な恐怖を科学で解き明かしていく要素を組み込んだのがユニークです。『ドント・ブリーズ』のようなエンタメ系ホラーというよりは、心理的恐怖をたたみかけていくリアル系ホラーですね。

当然のように解剖シーンがかなり直接的に生々しく描写されているので、苦手な人は気を付けて(まあ、解剖シーンこそ重要な映画なので、ここで目をそらしたら面白くないのですが…)。

全米最大のジャンル映画の祭典「ファンタスティック・フェスト」で最優秀作品賞の栄冠に輝いた本作、ホラー映画ファンなら必見でしょう。






↓ここからネタバレが含まれます↓





科学サイドと心霊サイドの駆け引きがアツい

ありがちなホラー映画だと、怪奇現象や恐怖の存在に、最初は登場人物が舐めてかかって油断していたところ、ある時から「ワー」「キャー」叫んで翻弄されていく…というのが定番です。

しかし、本作は違います。それは主人公であるトミーとオースティンが検死官だということが大きく関係してきます。遺体「ジェーン・ドウ」が運ばれてきても、もちろん仕事として淡々と処理していく二人。本作の原題「The Autopsy of Jane Doe」にもある「Autopsy」は“検死解剖”のことですが、語源はギリシア語で「自分で見る」という意味です。そのとおり、二人は科学を武器に“自分で見て”分析していくことで、「ジェーン・ドウ」を解き明かそうとするわけです

目が灰色だから死後時間が経っているのか? でも、メスを入れるとまるで新鮮なように血が溢れてくる。手首と足首が骨折していて、爪には泥炭、しかも、舌が切断されている。肺が損傷しているけれど、致命傷が見つからない。喉から何かの布の糸、そして、消化器官から植物が…。

ひとつひとつロジカルに解き明かしていく。このプロセスがミステリーとしてとても上手く、ゾクゾクして面白いです。“アンドレ・ウーブレダル”監督はこういうドキュメンタリーチックなリアル描写が非常に得意ですね。

ジェーン・ドウの解剖

懸命な検死の結果、生贄の儀式ではないかと推測するも、でもなぜ外傷がないのかわからない二人。そして、「ジェーン・ドウ」の皮膚の裏全体に謎の模様が刻まれているのを発見した瞬間、本作の物語が転換します。序盤であれだけプロフェッショナルな会話をしていた二人が、「これはヤバイ」と降参する瞬間であり、ここから科学が心霊に圧倒的に押されていく。映画的な演出が実に鮮やかです。

しかし、本作は科学の敗北で終わらないのが良いところ。最終的には「ジェーン・ドウ」の正体を持ち前の検証力で解き明かすわけであり、二人は死んじゃいますけど勝負は引き分けといった感じでしょうかね。

死体はモデルの究極系

他にも褒めたい部分はたくさんあって。序盤からの細かいフラグ立てが本作の構成の丁寧さを感じさせてくれるし、ベタなホラー演出も緊迫感を200%増しにしてくれる映像の美しさは素晴らしかったし…。

ちゃんとショットガンで顔がつぶれた男が後半のここぞというタイミングで出てくるのも、わかってる感じでGOOD。何度も使われる鈴の音の演出もベタながら効いてました。

それにしても、魔性の死体を演じた“オルウェン・ケリー”はモデルだそうですが、究極のモデル魂を見せてくれましたね。日本人だと死体役が似合うモデルは誰だろうかな…。

(C)2016 Autopsy Distribution, LLC. All Rights Reserved