アンダーカバー
映画『アンダーカバー』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Imperium 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年2月28日 
監督:ダニエル・ラグシス 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★

あらすじ

優秀な若手FBI捜査官ネイト・フォスターは、上司のアンジェラから極秘任務を命じられ、過激な白人至上主義のネオナチグループに潜入捜査をすることになる。大規模なダーティボム(放射能汚染爆弾)テロ計画の疑惑を突き止めるべく、風貌も変え、だんだん彼らに染まっていくが…。


ネオナチは嫌だ、ネオナチは嫌だ

「アンダーカバー」という映画ジャンルがあります。いわゆる「潜入捜査モノ」ですね。

よくあるのは警察がマフィアに潜入とか、その逆でマフィアが警察に潜入とか。2017年は、侍女として金持ちのお屋敷に潜入するお嬢さんなんかもありました。潜入の目的はたいていは金や権力なのですが、キアヌのように愛するネコを取り戻すためにギャングに潜る一般人を描いたコミカルなものもあって、結構バリエーションがあるものです。

そんな中で今回紹介する潜入捜査モノ映画が本作『アンダーカバー』。ずいぶんストレートな邦題をつけましたね…。原題は「Imperium」です。

本作は、実在の元FBI捜査官マイケル・ジャーマン氏の体験をもとにした映画で、気になる潜入先は「ネオナチ」。白人至上主義者の皆さんです。白人至上主義者、聞いたことがない人のために簡単に説明すると「白人が一番だ。他の人種はいらねぇ!」という考えの人です。そういう思想を持った人からなる組織が世界にはいくつも存在します。

そして、ここが本作のユニークな点ですが、潜入する主人公を演じるのは“ダニエル・ラドクリフ”。あの「ハリー・ポッター」の子です。彼は「ハリー・ポッター」シリーズ以降は、新境地の開拓に夢中なようで、かなり変わった役にも挑戦しているのですが、本作の起用も意外。ネオナチの奴らと共に「ホワイト・パワー!」とか叫びながら、ヒトラーを讃えたりします。しかも、ネオナチらしくスキンヘッドになったりして、風貌もすっかり悪に。「スリザリンは嫌だ」って言ってたあの子が…(作品が違う)。ちなみに、“ダニエル・ラドクリフ”の母はユダヤ系らしいですね。

日本でも有名人気俳優の部類だと思うのですが、本作は小規模公開にとどまりました。なので、観ていない人も多いはず。

昨今は人種排斥運動が勢いづいているような世の中。人種差別者にはなってはほしくないですけど、実態を知るために映画で潜入するくらいは良いのではないでしょうか。






↓ここからネタバレが含まれます↓





言葉は未踏の領域への架け橋?

潜入捜査モノの醍醐味といえば、やはり「バレるかバレないかのサスペンス」です。

本作もその正体が知られそうになる展開が適度に挿入されて、ハラハラはするのですが、根本的な話、あの主人公ネイト・フォスターは潜入に向いてたのか、最後まで疑問符が消えませんでした。

冒頭で示される「言葉は未踏の領域への架け橋である」というアドルフ・ヒトラーの言葉どおり、ネイトは会話術で“バレる”危機を乗り越えます。ただ、その会話テクニックが最終的に“怒鳴る”・“キレる”なのはどうなんですか。デール・カーネギー著「人を動かす」にはそんなこと書いてないですよ。

また、その能力がいくら優秀でも見た目のミスマッチはカバーしきれていない気がする…。元軍人という設定は無理があるでしょう。せめて筋力トレーニングくらいすれば良かったのに。

アンダーカバー

社会科見学:ネオナチへようこそ

サスペンス部分はあれでしたが、潜入捜査モノのもうひとつの醍醐味の部分がとても面白かったです。それは潜入先を体験できる感覚。たいてい潜入先となる組織や業界は、身分を隠して潜入するくらいですから、一般人の私たちでもよく知らない世界です。その世界に足を踏み入れ、知られざるルールや文化、人間関係を最前線で見ていく…この感じが新鮮で楽しい。ようは「社会科見学」や「インターンシップ」みたいなものですね。

本作もその要素はたっぷり体験できます。私もネオナチとか白人至上主義者には全然関わりがないので、言葉は知っていても実態はよく知りません。最初、ネイトはネットで白人至上主義者たちの情報を集め、その恐ろしさが刻み込まれるわけです。このへんは私たちと同じ。そして、いざ会ってみると確かに狂気を感じる瞬間はあります。「なんでリーバイスの服を身につけているんだ。ユダヤ人のジーンズだぞ」(創業者がユダヤ系)とか、いきなりドキッとさせられます。

本作を観れば、彼らの思想の異様さが、わからない人にも伝わってくるでしょう。

蓋を開けて見れば…

しかし、だんだんと親交を深め、色々な人と知り合っていくと、“あれれ”な面も覗かせるわけです。非白人を見ればとりあえず暴力を振るおうとする筋肉脳な奴がいたり、射撃場を作ったというわりには銃の知識が全然なかったり、ネオナチの間ではカリスマ扱いの番組講演者が実は目立ちたいだけの自惚れ屋だったり…。ようやくダーティボムを作ろうとするテロリストを発見しますが、コイツらもまた、放射能は手袋とゴーグルで防げると思っているなど、敵なのに心配になるレベル。もうFBIが介入せずとも自滅するんじゃないか。

それでいて、白人至上主義者とひとくくりにしてしまいがちですが、内部ではいろいろ組織の対立があったり、普通にごく一般的な家庭を持っていたり、そんな側面も本作では描かれます。

つまり、私たちと何ら変わりないボンクラの集まりです。ネットでは恐ろしい存在(それをある人が見ればカッコよく映る)かもしれないですが、実態はそうでもない…。そういう「蓋を開けて見れば、これかよ」なリアルを映画的に提示する作品だったと思います。

苦言を呈すなら、ちょっと説教臭いなとも思いましたが。ファシズムを生む要素は被害者意識というのはわかりますが、セリフで語らなくてもと。まあ、今のアメリカの情勢を見ると、これくらい補助線がないと厳しいのかもしれません。

本人は正しいと思っても、傍から見たらダサイだけ。それがわかる映画でした。

(C)2016 TDSD LLC