The Great Wall
映画『グレートウォール』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Great Wall 
製作国:中国・アメリカ 
製作年:2017年 
日本公開日:2017年4月14日 
監督:チャン・イーモウ 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★
 

あらすじ

金と名声のためだけに強大な武器を求めて世界を旅していた傭兵ウィリアム。ある時、巨大な壁のようにそびえ立つ「万里の長城」へとたどり着く。不審者として捕らえられたウィリアムが目にしたものは、見たこともない戦術で圧倒的な敵を前に団結して立ち向かう戦士たちの姿だった。

万里の長城、知られざる伝説?

突然ですが、皆さん学校で「万里の長城」について世界史で習ったと思いますが、覚えていますか。

本作『グレートウォール』は、その万里の長城が全盛期で大活躍していた時代が舞台です。

しかし、世界史で学んだあの万里の長城は忘れてください。なぜなら、この映画は万里の長城を題材にしたファンタジー映画だからです。この流れ、『キング・オブ・エジプト』でも同じことを書いた気がする…。

↑とにかく金ぴかな映画。

キング・オブ・エジプト』というエジプト文明を題材にしたこれまたトンデモ映画が去年公開されましたが、本作『グレートウォール』はそれに続く「史実をぶっとんだフィクションに改変しちゃった」シリーズの第2弾(勝手に命名)。『キング・オブ・エジプト』のノリが好きな人は絶対ハマると思います。

どれだけぶっとんだフィクションに改変したのか。これは宣伝でも言及していてネタバレにならないと思うし、何よりもこれを知っていた方が絶対に観にくる人は増えると思うので、書いちゃいますが…

…本作はモンスターパニック・アクション映画です。

ぶっちゃけた話、完全に『進撃の巨人』です。ただ、人間たちが立ち向かう相手は巨人ではなく、饕餮(とうてつ)と呼ばれる中国神話に出てくる怪物。そんな怪物に対峙する、戦士たちの設定も凄まじい。「なんじゃそりゃ!」と口が開くような奇抜かつ豪快な戦法が次々繰り出されます。某ファンタジーゲームの竜騎士みたいな青い鎧の槍使い女集団や、某歴史アクションゲームのようなメチャクチャなアクションの数々。たぶんTVゲームをよくやる人なら既視感だらけで、テンション上がるのではないでしょうか。

本作は、『HERO』や『LOVERS』などの武侠映画が世界的に高く評価された、中国の巨匠チャン・イーモウ監督が、アメリカとの合作によって1億5000万ドルもの巨額を投じて生まれた大作。当然、期待も大きい。

だったのですが、大昔の中国が舞台であるにも関わらず、白人のマット・デイモンが主役を演じたということもあり、公開前から炎上。公開後もアメリカでは低評価に終わり、アカデミー賞受賞式でマット・デイモンがネタにされてました。

しかしです。今回の場合は別にホワイト・ウォッシュに該当しないでしょうし、さすがにこんだけぶっとんだ世界観ならもう人種問題もどうでもよくなると思うのですが…。ホワイト・ウォッシュというかモンスター・ウォッシュですよね。

制作は『GODZILLA ゴジラ』や『キングコング 髑髏島の巨神』など怪獣映画で大ヒットを飛ばしている「レジェンダリー・ピクチャーズ」。なのでクオリティは保証済み。『キングコング 髑髏島の巨神』に大満足した怪獣映画好きの人、次は本作を“大迫力の巨大スクリーンで”観るのがオススメです。






↓ここからネタバレが含まれます↓





アホの骨頂。でも、男のロマン

タイトルに恥じない“グレートすぎる”万里の長城でした。

ポジティブな言い方をすれば、小学生レベルの「男のロマン」を結集させたかのような夢ある映画。元も子もない表現に言い換えるなら「アホの骨頂」です。

最初の大規模戦闘で、マッド・デイモン演じるウィリアムが“ぽかーん”状態になってましたが、わかる、わかりますよ。全く持ってその反応は正しい。私たち現代人さえも知らない万里の長城の姿がそこにはあったのですから。

弓矢や剣だけではない、実にバカげた戦術ばかり。リン将軍が指揮する美女集団が繰り出すバンジージャンプ槍攻撃、超巨大火炎カタパルト、モリでの怪物一本釣り、カラクリ城壁から飛び出す刃…思いついたとしてもなかなか映像化しようとは思わないですが、恥ずかしげもなく実現しやがって…。悔しいけど、楽しい。

『ワールド・ウォー Z』のゾンビよろしくおびただしい群れで襲い来る怪物の描写も、さすが「レジェンダリー・ピクチャーズ」。集団vs集団を描いた映画としては、同じくレジェンダリー・ピクチャーズ制作の『ウォークラフト』に匹敵するかそれ以上の映像迫力でした。

↑こちらは魔法を駆使した戦いが楽しい。

アクションも単なる派手なだけで終わらず、例えばウィリアムが壁から下に降りて鳴り矢を撃った敵の位置を音で推察しながら展開するバトルなど、静と動の使い方が上手かったんじゃないでしょうか。飽きさせないつくりで工夫されていたと思います。

グレートウォール

本作の良さはアクション至上主義に徹している点であり、余計なドラマは極力省かれてます。てっきりウィリアムとリン将軍は恋愛関係になると思ったら、そうは発展しませんでしたね。同じ戦いに人生を捧げている者どうしの戦友として心を共有するだけ…でもこれで良かったです。

じゃあ、絶賛かというとそうでもなく。逆に個人的に惜しいなぁという点もあって、とくに終盤の舞台が万里の長城じゃないのが残念。あんなに自信たっぷりに戦ってきたのに、万里の長城があっけなく抜け穴で突破されたのは…グレートの名に傷がつくじゃないか。まあ、これは史実に準拠しているのでしょうけど。その代わり、荒削りな気球での空中移動シーンが見れたから、良しとするか…。
 
あと、女王のようなボスを倒して全員停止で万事解決!という展開は昨今のアメリカ映画に多すぎる…。もっとこう、なかったんですかね。万里の長城を全て爆破して敵を一網打尽に押しつぶすとかいいなぁ…。

でも、総論としては楽しかったので本作は個人的には好きな一作となりました。 

私、実のところ「万里の長城」なんて観光して何か楽しいのかと思ってましたが、本作を観て訪れたくなりました

こういう調子で「史実をぶっとんだフィクションに改変しちゃった」シリーズを続けてほしいなぁ…。「武田の騎馬隊」は実は怪獣を倒すために編成された組織だった…とか。

(C)Universal Pictures