ゴースト・イン・ザ・シェル
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Ghost in the Shell 
製作国:アメリカ 
製作年:2017年 
日本公開日:2017年4月7日 
監督:ルパート・サンダース 

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★★
 

あらすじ

電脳技術が極度に発達した近未来。脳とわずかな記憶を残して全身が義体化(=サイボーグ化)された、エリート捜査組織「公安9課」の捜査官・少佐は、全世界を揺るがすサイバーテロ事件を発端に記憶が呼び覚まされるが、そこには驚くべき過去が隠されていた。

ハリウッド映画界に影響を与えた作品がついに…

日本のあの漫画やアニメがハリウッドで実写化される!…と発表されるたびに「また? 大丈夫?」という反応が起こるのは脊髄反射みたいなものなので、基本は気にしていません。原作のある映画なんて山ほどあるし、幾度なく繰り返されてきたことです。

それでも今回の映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の原作である「攻殻機動隊」は、いつものハリウッド映画化された作品群と並列して語るには、事情が違う気がします。

↑派生作品もたくさんある、カルト的人気作。

なぜなら、この士郎正宗の漫画であり、押井守がアニメ化した「攻殻機動隊」というSF作品は、ハリウッド映画界に少なからず影響を与えているのですから(有名なところでは『マトリックス』とか)。好きな日本作品として「攻殻機動隊」を挙げる海外の映画界の人も多いです。

↑ウォシャウスキーsの攻殻機動隊。

つまり、作品自体は実写化されていないけれど、作品を象徴するいくつかの“要素”は映画化がすでにされているといえます。

そんな重要な作品なんですが…私は観たことがないんですよね。いつか観ないとなと思っていたら、ハリウッドで実写化されてしまった…。

ハリウッドといっても(製作に中国資本がガッツリ関わっていますが)キャストはアメリカ人ばかりじゃないのが変わってます。主人公の少佐役、『アベンジャーズ』などマーベル映画でおなじみ“スカーレット・ヨハンソン”はアメリカ人。少佐の同僚であるバトー役は『ある戦争』で繊細な演技を披露したデンマーク人の“ピルウ・アスベック”。他にもフランスから“ジュリエット・ビノシュ”、シンガポールから“チン・ハン”、イギリスから“ダヌシア・サマル”、オーストラリアから“ラザルス・ラトゥーエル”と、やたらと国際色豊かです。そんな中で、我らが日本人から荒巻役で“ビートたけし”が起用されているのが異彩を放ってます。

これらのキャストが合う合わないは人それぞれなので、実際に映画を観て、観たもの同士で感想を語るのも良いと思います。「どうせ日本作品のハリウッド実写化は失敗する」なんて食わず嫌いは損です。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014年)のような批評的にも成功した例もありますし。本作はアニメ版の最大限の映像化を目指した結果、非常に作り込まれた世界観をみせてくれます。少なくとも『DRAGONBALL EVOLUTION』のような大惨事にはなってませんから安心してください。

あと、日本人だけの利点というか楽しみどころとして、吹き替え版は声優陣がアニメと同じというのがファンには嬉しいですね。

とにかく日本人には見逃せない実写化であることは間違いでしょう。






↓ここからネタバレが含まれます↓





“スカーレット・ヨハンソン”という名の義体

先にも書きましたが、私は「攻殻機動隊」を見たことがないので、オリジナルと比較してどうこうは言えません。でも、結果的にそのほうが良かったかもしれませんね。もし、自分が「攻殻機動隊」の熱烈なファンだったら気が気でなくなって大変だったでしょうし…。

やはり一番の懸案事項は主役を演じるスカーレット・ヨハンソンが作品にハマるかどうかだと思います。

キャスティングの発表時は草薙素子の役を白人が演じることについてホワイト・ウォッシュだとして海外では批判があったみたいですが、まあ、今回に限っては義体という仮の身体である設定上、どうにでも解釈できる気もします。それでも、他もろもろ思い入れのあるファンであれば色々言いたいこともあるでしょう。

私は今回のスカーレット・ヨハンソンは、概ね良いのではと思ってとりあえず観ました。スカーレット・ヨハンソン主演のSF映画というと、最近では『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(2013年)や『LUCY ルーシー』(2014年)と、いずれも彼女は“人ならざる者”を演じてきました。その流れでの本作における起用なんでしょう。また、『her/世界でひとつの彼女』(2013年)や『ジャングル・ブック』(2016年)でも披露していたように、声だけでもミステリアスさを引き出せる力を持ってます。彼女はグラマラスな美女として映画“外”では注目されたりしてますが、少なくとも昨今の映画“内”ではそういう露骨な売り方はしてないです。むしろ内面から発せられる魅力で勝負している印象が個人的にあります。言い換えれば、スカーレット・ヨハンソン自身が“スカーレット・ヨハンソン”という義体を装備しているような雰囲気さえある。というか、まさにその発想を映像化したのが『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』だったわけで。そう考えると、今回の配役はピッタリかもしれません。

↑スカヨハが被り物だった!な映画。
フルヌードも披露。

また、資金集めの広告塔となり、かつ大予算のアメリカ・SFアクション映画でしっかり主役を張れる女優として、スカーレット・ヨハンソン以外に存在するかという問題もありますが…。

それよりも、気になったのは“ビートたけし”。すごく…“ビートたけし”でした…。彼は別に“ビートたけし”の義体を羽織った誰かではないし…。吹き替え版は声優陣がアニメと同じで嬉しいという話をしましたが、それもあってこの“ビートたけし”が余計に際立ってましたね。

入門編になれた?

世界観の映像再現については手が込んでおり、さすが1億ドル以上の予算をかけているだけのことはあります。ビジュアルはやはり「攻殻機動隊」本来の持ち味があるがゆえに映像化しがいがあって、制作者も楽しかっただろうな…。ところどころオカシな日本語表記がチラついてましたが…。

ゴースト・イン・ザ・シェル

しかし、世界観の映像再現だけで全力を出し切ってしまったのだろうか…それ以外の要素は特筆するような魅力には発展していないのが残念。

アクションはこれこそ見せ場!みたいなものが乏しく、印象に残りにくいです。光学迷彩を駆使して水場で戦闘するシーンとか、良さそうな素材はたくさんあるのに活かされずに終わった感じ。後半は画面が暗く、せっかくの映像化された魅力的な舞台が台無しなのも、ちょっと。

ドラマについては、本作を手がけたルパート・サンダース監督が「本作は攻殻機動隊を知る入口になれば」と言っているように、意図的にシンプル化されたもので、これはこれで良い気もします。確かに知ってもらう機会は作れたでしょう。でも、「知ってもらう」と「魅了する」は違うように、本作で「攻殻機動隊」の新規ファンが増えるかというと…どうでしょうね。

アメリカでの興収はイマイチみたいで、本作の成功は日本と中国に懸かっている状況。日本と中国で成功すれば『バイオハザード』シリーズのようになれる可能性もありますが…。

なんだか煮え切らない感想になってしまいましたが、まだまだ引き出せる魅力が無数にある作品であり、これで終わるのは勿体ないです。

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.