ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2)の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Guardians of the Galaxy Vol. 2 
製作国:アメリカ 
製作年:2017年 
日本公開日:2017年5月12日 
監督:ジェームズ・ガン 

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★

あらすじ

スター・ロードを自称するいい加減なリーダー、ピーター・クイルを筆頭に、美しき暗殺者のガモーラ、毒舌なアライグマのロケット、樹木型ヒューマノイドで25センチまで再生したグルート、マッチョな破壊王ドラックスからなるチーム「ガーディアンズ」。そんな彼らの前にピーターの父親を名乗る男が現れる。

アメコミ映画史を明るく照らす星

今はアメコミ映画の「カンブリア爆発」時代です。2000年代に入り、本当に数多くのアメコミ映画が登場し、映画業界の成功を大きく担う巨大な存在に成長しました。

あまりにも大規模なので、どの作品が何なのか関係性の把握が、わからない人にはとことんわかりにくいのですが…。完全初心者向けに簡単に整理すると、以下の4つに分かれます。

マーベル&ディズニーの「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ
・最も作品数の多様性が豊かなグループで、全体的に成功を収めています。『アイアンマン』、『キャプテン・アメリカ』、『マイティ・ソー』など。最近だとドクター・ストレンジ。革新的だったのが『アベンジャーズ』です。各ヒーローがひとつの作品内で集結するという展開を確立し、他の映画会社の作品展開にも大きな影響を与えています。

マーベル&ソニーの「スパイダーマン」シリーズ
・『スパイダーマン』シリーズだけですが、すでに3度のリブートをしており、最新作『スパイダーマン:ホームカミング』では、マーベル&ディズニーの「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの仲間入りを果たして、クロスオーバーすることになりました。すでにシビル・ウォー キャプテン・アメリカにて新スパイダーマンが登場しています。

マーベル&20世紀フォックスの「X-MEN」シリーズ
・『X-MEN』シリーズは、ウルヴァリンを始めとする様々なミュータントたちの活躍を描く作品群。最近はX-MEN: アポカリプスのような正統派作品もありましたが、なんといっても予想外の大ヒットを叩き出したデッドプールの存在が今後大きくなるのかも。「マーベル・シネマティック・ユニバース」のように各作品をクロスオーバーさせる企画もあるみたいですが、どうなる?

DCコミックス&ワーナー・ブラザースの「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズ
・「スパイダーマン」や「バットマン」を抱えるDCコミックはアメコミ映画としても最も古く、歴史があります。とくに『ダークナイト』3部作の成功は大きかったです。しかし、最近はスーサイド・スクワッドなど、批評的にはイマイチな作品が目立ち、さらに製作段階でトラブルも聞かれ、大丈夫なの?状態。変化球レゴバットマン ザ・ムービーの成功が今の救いです。


そんな群雄割拠な戦国時代のようなアメコミ映画史において、転換点といえる作品がいくつかあります。その中でも最も新しい作品だと私が思うのが、2014年公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』です。

この映画は、マーベル&ディズニーの「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズを構成する一作なんですが、『スター・ウォーズ』のように宇宙を舞台にしており、基本、地球が戦場の多くのアメコミ映画とは一線を画しています。

ただ、宇宙が舞台なのは重要ではなくて。この『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が転換点とさえいえるぐらいの功績だったのが、とにかく作風が“明るかったこと”。陽気に音楽が流れて、ワイワイガヤガヤ会話しながら、敵を倒していく…社会的メッセージとか重苦しいテーマはゼロです。

それまで『ダークナイト』3部作の成功により、シリアスな作品が続いていたアメコミ映画の風潮に、完全に一石を投じたどころか隕石を落としたぐらいのインパクトを与えた一作でした。現に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』以降のアメコミ映画はデッドプールなど明るい魅力的なシーンが格段に増えました。

その『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編が本作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』。邦題に「2」は入ってないですが続編です。

「最近はアメコミ映画がたくさんありすぎて今さら入り込めるか不安…」なんていう人も問題なし。前作すら観ておく必要はないくらいです。でも、前作は観た方が面白さが10倍は上がるので、時間があるときはぜひ。

老若男女が何も考えず楽しめる最高の一作です。






↓ここからネタバレが含まれます↓





皆、元気そうでなによりです

前作もオープニングが最高でしたが、今作もオープニングがGOOD! 前作と違ってひとりじゃない、仲間がいる!ということで、チームの存在が強く感じられます。ピーター・クイル、ガモーラ、ロケット、グルート、ドラックスの前作でまとまったチームメンバーはもちろん、今作でチームに加わったネビュラ、マンティス、クラグリンに至るまで、全てのキャラに見せ場を用意しているのは素直に凄いと思います。まあ、“シルベスター・スタローン”演じるスタカーは、今作からの登場なんですからあそこまで師匠感をだされるとちょっととってつけた感じも否めなかったですが。ちなみにクラグリンを演じた“ショーン・ガン”はジェームズ・ガン監督の弟だそうで、最後にヨンドゥの形見の操れる矢を練習してましたが、今後活躍するのかな? 弟分キャラとして期待できますね。当然、ネビュラのツンデレキャラ、マンティスの不思議キャラも活躍していってほしいです。

そして、本作の一番の魅力キャラはやはりヨンドゥ。育ての父として最高の子ども孝行を見せてくれた姿は感動です。いや、序盤の墜落でドラックスが死なないのに、ヨンドゥが死ぬのは若干納得いかないけど。“カート・ラッセル”演じるエゴは今では古風すぎるくらいの思想の悪でしたが、ヨンドゥとの対比のためにはあれくらいの味付けは必要だった…かな。

ちなみに本作を観て確信しましたけど、ジェームズ・ガン監督はデビュー作『スリザー』のときからそうですが、敵はだいたい“ウネウネ”か“ウジャウジャ”なんですね。

↑すごく“ウネウネ”“ウジャウジャ”してます。

宇宙規模の大家族に密着

先にも語ったとおり、本作の魅力は“重苦しさゼロの陽気な作風”。最近だと移民問題とか人種問題とがが主流のテーマですけど、本作の場合は、これは黒人問題のメタファーだな…とかそんなこと考える余地は綺麗さっぱりない。なんたって肌の色が緑だったり青だったり、今作に至っては金色ですからね。ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリーのときに、アジア人のドニー・イェンが出演したことで人種多様性が上がったと盛り上がっていましたが、本作はそんなの気にもならない。ポリティカル・コレクトネス疲れに陥りがちな現代ですけど、ストレス発散素材として最適なのが本当に気持ちが良かったです

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

だからといってワイルド・スピード ICE BREAKのような映像の勢いだけのハチャメチャなバカ映画かというと、そうでもない。宣伝のキャッチコピーでは「銀河の運命は彼らのノリに託された」とありますが、意外とちゃんとドラマはある。中心にあるのはいつも「家族」です。

生みの父と育ての父で揺れるピーター・クイル、横暴オヤジに煽られた姉妹喧嘩に決着をつけたいガモーラ、愛を知らずに温かいねぐらを欲するロケット、ギャラクシー家族のなかで絶賛成長中のグルート、実は家族や愛について誰よりも深く理解しているドラックス…「ガーディアンズ」は全員家族の問題を抱えていえます。というか、この家族の問題で銀河の運命がいつも脅かされている気も…。

「アベンジャーズ」がどちらかといえば企業みたいなもので、一方の「ガーディアンズ」は家族となっていて対称的です。前作では家族の誕生を描き、今作では家族の成長を描く。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズは家族のように世代交代を重ねながら、自作だけでどんどん世界観を拡張していくわけで、まさに「リミックス」。これこそ「アベンジャーズ」系を含む他のどのアメコミ映画にもない強みなんじゃないでしょうか。一言でいえば『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの魅力は、よくある大家族密着TV番組と同じなんです

今後は『アベンジャーズ』新作に参加するほか、3作目もあるということで、どんな家族ドラマを見せてくれるのか、楽しみです。

(C)Marvel Studios 2017