アイ・イン・ザ・スカイ
映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Eye in the Sky
製作国:イギリス
製作年:2015年
日本公開日:2017年1月14日(一般)2016年12月23日(先行)
監督:ギャビン・フッド

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★
 

あらすじ

イギリス軍の諜報機関で働くキャサリン・パウエル大佐は、ナイロビ上空を飛ぶドローンを駆使してロンドンから英米合同軍事作戦を指揮している。そんな中、テロ計画の存在を突き止めた彼らは、ドローンによる攻撃命令を下すが、殺傷圏内にひとりの少女がいることが判明する。

もはやSFではないという衝撃

「ドローン」という言葉はすっかり日本でも一般に浸透しました。少年がドローンを飛ばして自己顕示欲を満たしたり、反原発アピールのために首相官邸に飛ばしたりと、なんだか個人のおもちゃになり下がったみたいな感じですが…。

でも、忘れてはいけません。もともとドローンは戦争の道具として発展しました。今でもドローンが最も活躍している舞台は戦場です。

今や戦争映画でもドローンは当たり前のように登場しますが、戦場のドローンをメインで描いた映画として傑作と評価の高い映画がいよいよ日本でも冬に公開されました。それが本作『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』です。

ドローンを題材にした映画といえば、2015年にアンドリュー・ニコル監督による『ドローン・オブ・ウォー』が公開されましたが、こちらはPTSDに苦しむドローン操縦士を描いた個人に視点を置いた社会ドラマでした。


一方で、本作は全く違います。

わかりやすい言い方をするなら『シン・ゴジラ』と同じ。シミュレーション映画です。

本作では映画1本全ての時間を使ってある1つのミッションだけに焦点をあてて、ドローンでの爆撃を実行するのかしないのか…この判断をめぐっての現場と作戦司令部、政府の生々しいやりとりが続きます。

もうひとつ似た作品として、デンマークの戦争映画『ある戦争』が挙げられます。この映画は、戦争におけるある判断が正しいのか正しくないのかを問われ続ける主人公の淡々としつつも苦渋に満ちたドラマでした。本作は『ある戦争』よりはサスペンスが重視されており、退屈することはないでしょう。それどころか後半の怒涛の展開は手に汗握ること間違いなし。

『シン・ゴジラ』と同じと書きましたが、本作で描かれる出来事は現実に起きていること…仮想の世界じゃないのが恐ろしい。現代の戦争を描いた映画として見逃せない一本です。

なお、本作は2016年1月に亡くなったアラン・リックマンが実写で出演する最後の作品となりました(遺作は『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』ですが、こちらは声の出演のみ)。あまり映画を観ず、アラン・リックマンを良く知らない人にもわかるように彼を説明しておくと、あれです、『ハリー・ポッター』シリーズでセブルス・スネイプ役を演じた人といえば頭に浮かぶでしょうか。彼の最後の演技にもぜひ目を向けてほしいところです。





↓ここからネタバレが含まれます↓




現代のトロッコ問題

本作の邦題には「世界一安全な戦場」という副題がついています。

いきなりであれですが、個人的にこの副題のセンスにはちょっと不満があります。どういう意図でこの副題を設定したのでしょうか。ドローンを操縦している人は遠く離れた建物で作業しているから安全だということ? それとも兵士を派遣せずドローンに任せられるから安全だということ? おそらく、ドローンが映し出す映像を戦場から遠く離れた地にある会議室で見ている人々とその現状への皮肉を込めて「安全」としたのだと思いますが…。

確かに本作は、現代のドローンを使った戦術への倫理的な問いかけが込められています。

一方で、安易な善悪論で片づけていないのも特徴でしょう。ドローンの情報を基に戦場から遠く離れた地で議論を交わす軍人や政府の人間を決して嫌な奴としては描いていません。結果はどうであれ、全員がそれなりの理念と正義をもって可能な限りのベストを尽くして仕事しています。それでも一筋縄ではいかないのは、このドローンにおけるPID(敵の存在の確証を得ること)の問題が、いわゆる「トロッコ問題(言葉の意味はWikipediaなどを参照)」だからです。絶対に正しい判断はない…それこそ科学的に妥当性を求めてもデータの計算はどうとでもいじれてしまう。そんな苦悩が本作ではリアルに描かれていました。

本作の邦題は、説教臭いというか、ただの皮肉屋になっているのが気になります。解釈の分かれるテーマに対して、一方的に価値観を押し付けるような映画のタイトルを設定するのは私はあまり好きじゃないですね。ドローンをコントロールする人はPTSDになりやすいというデータもありますし、安全なんて言葉を言い放つ資格は誰にもないでしょう。無論、一番の被害者は映画終盤でも強烈な皮肉として結末が描かれるあの子なのですが…。
 
アイ・イン・ザ・スカイ

そういう倫理的な話は置いておいて、本作はサスペンス映画のドラマとしても非常に緊迫感のある面白い作品でした。リアルとフィクションのバランスが上手いのが効いています。終盤の「パンを買えるか」展開といい、わかりやすいサスペンスに落とし込んでおり、脚本の手際が見事です。

新年早々、印象に強く残る戦争映画の傑作でした。

(C)eOne Films (EITS) Limited