洞窟探検ダイビング
ドキュメンタリー映画『洞窟探検ダイビング』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Takaisin pintaan(Diving into the Unknown) 
製作国:フィンランド・ノルウェー 
製作年:2016年 
日本では劇場未公開:2017年にNetflixで配信 
監督:フアン・レイナ 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★

あらすじ

常に危険と隣り合わせでありながら、人を魅了する洞窟探検ダイビング。ノルウェーの水中洞窟で起きた悲劇的な事故により仲間を亡くした生存者達は悲しみにくれる。しかし、危険を理由に公式な遺体回収作業が中止された時、彼らは命を懸けて友人を取り戻すために再びあの洞窟に潜ることを決める。

この探検で得られるものは…

世の中には、そびえ立つ山脈の頂上を目指す人、広大な大陸を単身で横断しようとする人、無限に広がるかのような大海原を航海する人…さまざまなチャレンジャーがいます。常に危険と共にあるこれらの挑戦は、私にしてみればスポーツというよりは試練のように思えるのですが、ハマってしまった人にしかわからない魅力があるのでしょう。

そんな大自然への挑戦シリーズのなかに「洞窟探検ダイビング」というものがあります。洞窟探検(ケイビング)は観光で一般の人でも気軽にできる場所がありますが、「洞窟探検ダイビング」はもちろん水中。ダイビング経験があっても、簡単にはできないような気がします。

その「洞窟探検ダイビング」を題材にしたドキュメンタリーが本作、その名もズバリ『洞窟探検ダイビング』。もうちょっと邦題、なんとかならなかったのですか、Netflixさん。というか、作品中の字幕では「未知へのダイビング」になってましたが…。

こんな邦題だと「ああ、洞窟探検ダイビングの幻想的な映像をまとめた魅力たっぷりのネイチャーレクリエーション紹介なのかな?」と思うかもしれません。

しかし、全く違います

本作は、洞窟探検ダイビング中に事故で亡くなり取り残された仲間の遺体を回収しにいくダイバーに密着したドキュメンタリーです。洞窟と言っても数十メートルとかじゃない、1キロメートルを優に超えるもの。しかも、ただでさえ危険なのに、目指すのは遺体ですから、楽しさなんてあるわけもなく…。終始、シリアスかつ緊迫感が続く映像となっています。まるで彼らと一緒に洞窟に潜っている気分です。

彼らがこの探検で得られるものは何なのか、その答えはぜひその目で確かめてください。






↓ここからネタバレが含まれます↓





あっち側で会おう

ノルウェー北部のプルーダーレン。洞窟探検ダイビングを趣味にするフィンランド人らの集団が、今回、挑戦場に決めたのはこの地にある巨大な洞窟。今までもっと難しい洞窟に挑んだことがあるという彼らは、今回はとくに厳しすぎるダイビングではなかったと振り返ります。しかし、途中、メンバーのヤリ・フオタリネンとヤリ・ウウシマキが洞窟で身動きがとれなくなり、死亡するという非常事態が発生。他のメンバーはやむなく二人のヤリの遺体を洞窟に放置して、洞窟から脱出。警察が編成した国際チームに遺体回収をまかせるのですが、あまりの困難な環境であるため、作業は中止となってしまいます。そして、ついに生存者であるヴェサとカイツは自身で遺体を回収することを決意するのでした。

本作はやはり映像のインパクトが強烈です。水中洞窟を潜水するダイバー視点の映像の圧迫感が凄まじく、閉所恐怖症の人は見てられないレベル。いつのまにか観てる私まで息を止めてました。

洞窟探検ダイビング

そんな緊迫の洞窟ダイビングで遺体を無事に見つけられるのか…というサスペンスが本作の見どころですが、それと並行して遺体を探す過程で、なぜ自分は洞窟に潜るのかと自問自答していく心理的苦悩が進行していきます。つまり、本作では2つの探求が描かれるわけです。心の葛藤が暗い洞窟を不安だらけで潜っていく姿とシンクロするようにみせる、非常に上手い構成です。

先にも書いたとおり、ダイバーたちが目指すのは遺体であり、その先に楽しさはありません。仲間の遺体と対面したらどんな感情が湧くだろうかと悩みながらの洞窟ダイビングはとても心苦しく辛そうでした。

でも、仲間の遺体を無事に回収してからの彼らの姿は想像以上に清々しさに満ちていました。きっと生き残った彼らもまた洞窟の中に取り残された心境だったのでしょうね。

そして、真の意味で洞窟を脱した彼らが次にすることは…当然、また洞窟に潜ること。「潜らないとパパは不機嫌なんだもん」と家族の後押しもあって、再び潜っていく姿は、やっぱり何があってもチャレンジャーなんですね。

©Netflix