クリミナル 2人の記憶を持つ男
映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Criminal 
製作国:イギリス・アメリカ 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年2月25日 
監督:アリエル・ブロメン 

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★★
 

あらすじ

米軍の核ミサイルさえも支配できるプログラムを開発した謎のハッカー「ダッチマン」の居場所を知る唯一の人物で、CIAのエージェントのビリーが任務中に死亡した。「ダッチマン」の情報を知るため、ビリーの記憶を他人の脳内への移植することになり、その移植相手として死刑囚ジェリコ・スチュアートが選ばれた。

ライアン・レイノルズ…またお前か!

「別の人間の記憶を移植された主人公」という設定は流行っているのでしょうか。

サスペンスアクションものだと、去年は『セルフレス 覚醒した記憶』がありました。この映画は、未練があって死期を恐れた大富豪の老人が自身の記憶を若い別の人間の肉体へ移植させるというお話し。この移植される先となる人間を演じたのはライアン・レイノルズでした。

私のこの映画の感想では「逆にライアン・レイノルズ演じる主人公が老人に転移するほうが面白いのでは?」なんて書いてましたが…ちょっと違う形で実現しちゃいました。

それが本作『クリミナル 2人の記憶を持つ男』です。今作もまたまたある人間の記憶を別の人間に移植させるのですが、『セルフレス 覚醒した記憶』ではライアン・レイノルズは移植先でしたが、『クリミナル 2人の記憶を持つ男』では移植元になります。もう何が何やらで混乱する…。とりあえずライアン・レイノルズは別人キャラになりすぎです。あなたは『デッドプール』でしょ…。
 
「同じような映画か…」と思うのも無理ない感じではありますが、『クリミナル 2人の記憶を持つ男』は他とは違う特筆すべき点がひとつ。それはライアン・レイノルズ演じる男の記憶が移植されるお相手が“ケヴィン・コスナー”だということ。ライアン・レイノルズはそんな出番ないので、むしろケヴィン・コスナーがメインです。しかも、ケヴィン・コスナー演じるオヤジが実にイカレたサイコ野郎なんですね。このイカレたオヤジがだんだん変化していくという「オヤジ成長物語」となっており、意外と温かいドラマです。

オヤジ好き向け映画としての需要は確実に満たすことは間違いなしでしょう。






↓ここからネタバレが含まれます↓





クズオヤジの成長物語

本作はライアン・レイノルズやケヴィン・コスナー以外にも、ゲイリー・オールドマンやトミー・リー・ジョーンズといった名俳優から、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のワンダーウーマン役で注目を集めたガル・ガドットまで、なかなかの豪華キャストでした。

ただ、やっぱり一番魅力的に輝いていたはケヴィン・コスナー演じるジェリコ。

クリミナル 2人の記憶を持つ男

初登場の牢屋での「もはや動物園の猛獣扱い」からわかる狂ったクズさもあり、「女性の尻を触る」という馬鹿ストレートなセクハラからわかる庶民的なクズさもある…要するにクズです

アクション面も良い意味で粗雑なのが心地良く、序盤の車からの脱走シーンの強引さに始まり、硫酸で爆破する、サボテンで気絶させる、電気スタンドで殴りまくる、斧で殴りまくると、単純明快。最近は、ガン・フーだのカッコつけアクションが流行りですが、「そんなの知るか、殴れればそれでいいだろ」と言わんばかり。やはりクズ。

死亡偽装工作に民間人をためらいなく利用したり、公然と人前で暴力を振るったりと、情け容赦なし。被害者側にしてみればあまりの無慈悲な暴力に「なんで殴られたの?」と抵抗を忘れて困惑するしかない。まさにバイオレンスが一周回ってギャグになってました。ジェリコは敵を「サイコ」呼ばわりしてましたが、「一番のサイコはお前だよ!」と総ツッコミです。このへんのノリは、去年公開の邦画『ディストラクション・ベイビーズ』を連想しました。

そんな共感性ゼロのクズオヤジが、不本意ながらも記憶移植によって心を手に入れていく過程は、個人的にはグッと楽しめました。こういうクズが成長していく話は好きです。

それでも映画としては、ケヴィン・コスナー以外の要素がダメすぎました。まず「別の人間の記憶を移植された主人公」という設定にいい加減飽きたという語らずともな理由はもちろん、「ハッキングされて米軍のミサイル全てが敵の支配下に!」という設定ももう勘弁してです。敵も魅力なくて残念。それに、散々タイムリミットが迫るみたいな流れを押していたのに、そういうハラハラはあまり感じられず、終盤に急に慌て始めた感じだったのも…。そもそもあの「ミサイルブーメラン」細工のせいでタイムリミット関係なかったですし、あれはあれで危険だろとは思っちゃいましたが。

まあ、ケヴィン・コスナーを愛でれたからOKですね。

(C)2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.