クローバーフィールド・パラドックス
Netflix映画『クローバーフィールド・パラドックス』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Cloverfield Paradox  
製作国:アメリカ 
製作年:2018年 
日本では劇場未公開:2018年にNetflixで配信 
監督:ジュリアス・オナ 

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★★

あらすじ

そう遠くない未来。世界は地球規模のエネルギー問題に直面していた。その危機を打開するため、世界中から集められた宇宙飛行士たちが研究していたのが「クローバーフィールド宇宙ステーション」だった。無限のエネルギーを生み出す可能性のあるシェパード粒子加速器の実験を繰り返す日々。しかし、良い結果は得られない。ところが、ある日の実験で予想外の事態が起こってしまう。

ネタバレなし感想

3度目の不意打ち

サプラ~イズ!

そんな感じのノリで何の前触れもなく突如としてNetflixで配信された『クローバーフィールド・パラドックス』。タイトルから察しが付くとおり、「クローバーフィールド」シリーズの関連作となります。

このシリーズは、“J・J・エイブラムス”が仕掛け人となっているフランチャイズです。「スター・ウォーズ」の新世代3部作を手がけたことで有名なこのノリにノッている映画人ですが、“J・J・エイブラムス”は映画の売り方をちゃんとわかっているのが凄いのです。つまり、プロモーションですね。

「クローバーフィールド」シリーズの第1作となる『クローバーフィールド HAKAISHA』にせよ、2016年の2作目である『10 クローバーフィールド・レーン』にせよ、その宣伝手法からして注目されていました。基本的に情報をほとんど明かさず、ある日、いきなり情報公開で世間を驚かせるスタイル。しかも、そのための小ネタやらブラフを事前に念入りに仕込む徹底ぷり。

今の映画界では元からファンの強い原作ものが圧倒的に優位な状態ですが、そんな中でも全く無名な作品を売っていく方法を毎回考え出していくあたり、日本の映画界もじゅうぶん参考にすべきでしょう。

そんな「クローバーフィールド」シリーズもすでに名前が売れてしまい、皆も“次はどうくるんだ”と待ち構えるようになっているなか、この3作目はまさかのサプライズNetflix配信となりました。相変わらず、不意をつくのが上手いです。まあ、最初からこの戦略を練っていたわけではなく、いろいろあってのこの着地らしいですが。

本作も、“J・J・エイブラムス”がプロデュースで、彼の製作会社バッド・ロボット・プロダクションが手掛けています。

気になる内容は…ネタバレしても面白くないので、さっさと観るにかぎります。ひとつだけ言うなら、2作目の『10 クローバーフィールド・レーン』は1作目とのつながりがなくてガッカリした人も、今作ならもしかしたら…。あとは観てのお楽しみ。
『10 クローバーフィールド・レーン』感想(ネタバレ)…映画もフォームチェンジ!
過去作を観ておく必要はありません。むしろ今作が初めての「クローバーフィールド」シリーズとなる方が良いかも…。時間があるときの暇つぶしにどうぞ。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

J・J・エイブラムスの思うツボ

地球の資源枯渇と、そしてそのエネルギー危機を救うとされるシェパード粒子加速器を実験する宇宙ステーションのニュースが流れる冒頭。停電で真っ暗な夜、渋滞する車の席で会話する男女。どうやら例の宇宙ステーションの任務に参加するかどうか女は悩んでいるようです。そこで男が女に言います…「君が行けば世界は救われる、行かなければ望みはない」…空を見上げる女、名前はハミルトン。

この冒頭のシーン、本編を全て観終わるととても重要なシーンだったことがわかります。つまり、どっちのハミルトンを描いているのか…。

それは今はさておき、そのままカットが変わって宇宙に浮かぶステーション。ハミルトン、キール、シュミット、モンク、マンディ、タム、ヴォルコフの多国籍なメンバーからなるチームは、シェパード粒子加速器の実験に日々取り組んでいました。しかし、オープニングクレジットととも度重なる実験の失敗で焦燥していくチームの姿が映し出されます。ついに694日。祈りを捧げて、何度目か点火実験に挑むと、成功か?と思った矢先に大爆発。

混乱も収まらぬなか、地上と通信できないことに気づくチーム。それどころか周波数が見当たらない、いや、地球がない! 外部カメラにも地球らしきものは何も映ってない! 絶句するチーム。

といった流れで、3作目の「クローバーフィールド」は定番ともいえる宇宙ステーションが舞台のシチュエーション・スリラーとなりました。

この手のジャンルは、2017年も『パッセンジャー』や『ライフ』などがあり、わりと食傷気味なんですが、一定の面白さをキープしてくれるので、スナック感覚で食べるように見ちゃうのですよね。“J・J・エイブラムス”の思うツボですよ。

クローバーフィールド・パラドックス

君の腕が頼りだ

最初から「地球がない!」というド級の衝撃を与えてくる本作。しかし、この映画、この後もまだまだたくさんの小技を披露してきます。

手始めに、壁から謎の叫び声のような音が…壁を開けてみるとそこにひとりの女性がいて、まるでワープしてその場に出現してきたように導線が体にめりこんで苦しんでいる! 怖い!

続いて顔に異変を感じたヴォルトフ…鏡で確認すると片目があらぬ方向にギョロっとむいて、そのまま憑りつかれたかのように仲間に銃を突きつける。と思ったら、そのまま気絶、痙攣、口から虫ドバァーっ! 怖い!

お次は、施設の修復に精を出すマンディ…すると突然、壁に腕を飲まれるように吸い込まれてしまい、パニック! 仲間の力で壁から引き離すと、マンディの腕はスッパリ切断! あら、綺麗な断面。とくに痛みはない様子。怖い…?

最後は、謀反を疑われて部屋に閉じ込められたシュミット…彼が見たのは、這い回っているマンディの片腕! 怖…くない。うん、怖くないぞ、気持ち悪いけど。

というふうに、最初はどんな展開になるのだろうと真面目にハラハラして見ていたのですが、だんだんと「あれっ、この映画、結構コメディなんじゃないか」と思えてくる変わりっぷりにやや困惑。とくにマンディの腕のネタは、完全にギャグです。腕だけでペンを持ってダイイングメッセージよろしく文字を書いたときは「どこに行きたいんだ、この映画」と別の意味でハラハラしました。

一応、この後の展開は、冒頭のシーンにもつながる感動を誘うハミルトンのドラマがあったりするのですが、すっかりどうでもよくなってしまって…。ジェンセンとの対決も全く盛り上がれないままでした。後半の失速というか、ストーリーの雑さは『10 クローバーフィールド・レーン』以上でしたね。

でも、個人的には暇つぶしムービーとしては最適だと思ったので良しです。正直、ジェンセンを倒すのはマンディの腕であってほしかったなと。そんな願いを抱くくらいの思い入れですよ(なんだそれ)。

スティーブン・キングを目指している?

最後は、怪獣ドォーン!で終わってましたが、『クローバーフィールド HAKAISHA』、そして『10 クローバーフィールド・レーン』に続いていくということなのかな。でも、こんな露骨に怪獣を出すとは思わなかったですね。

本作を観てなんとなく思いましたが、“J・J・エイブラムス”は「クローバーフィールド」をスティーブン・キングの作品群みたいな感じにしたいのかな。『ダークタワー』の感想で書きましたが、スティーブン・キングの作品は全てつながっていて、ダークタワーの力で異変が起こっているという設定になっています。
「クローバーフィールド」シリーズも、本作の中でニュースに出ていた男が主張したとおり、どうやらシェパード粒子加速器の実験のたびに次元の膜とやらが壊れて現実が崩壊し、未知の怪物がやってくるらしいことが判明しました。本作で示された事実により、この世界観の可能性がインフレしすぎな気も否めませんが、楽しいことは楽しいです。

次は何で驚かせてくれるのでしょうか。腕が自律行動するくらいですから、もう予測不可能だけど。

↑何がどうなっているんだ! エピソード1

↑何がどうなっているんだ! エピソード2

©Netflix