沈黙 サイレンス
映画『沈黙 サイレンス』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Silence 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年1月21日 
監督:マーティン・スコセッシ 

【個人的評価】
 星 9/10 ★★★★★★★★
 

あらすじ

17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本の地にたどり着いた若き宣教師のロドリゴとガルペ。2人は旅の途上のマカオで知り合ったキチジローを始めとする多くの日本人と出会い、厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていく。

日本人が観ずして誰が観る

マーティン・スコセッシ監督について改めて語るまでもないですが、もはや偉大な映画人として信仰の対象の領域に達しているともいえるのではないでしょうか。

「凄い人だった」と過去形で語らせないあたりが本当に凄い。『タクシードライバー』(1976年)や『グッドフェローズ』(1990年)など映画史に刻まれる傑作を生み出してきたのはもちろん、最近でも『ヒューゴの不思議な発明』(2011年)や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013年)のように批評的にも興収的にも成功し続ける。時代を超えて支持されるモノを創れるというのはやっぱり“持っている”のでしょう。

そんな巨匠スコセッシ監督が、かねてから悲願だったという遠藤周作の小説「沈黙」を28年の歳月を経てついに映画化、日本の時代劇を撮る…これだけで映画ファンなら観ないわけにはいきません。日本人としても素直に嬉しい。


こうなると、さすがスコセッシ監督!と私なんかは安易に称賛してしまうものですが、あの“持っている”スコセッシ監督でさえも本作の製作は至難だったようで…。異国である日本文化を理解し、映像として再現するのだけでも大変なのに、一筋縄ではいかない本作のテーマを解釈し、作品で描ききらなければいけないのですから、そりゃそうか…。本作はスコセッシ監督が苦しみぬいて生み出した特別な一作、このへんも本作のテーマとシンクロしていて意味深い…。

でも、アメリカでは興収はイマイチとのこと。やはり、ここは日本が支持してやらねば誰がするという感じです。

ぜひ観てください!…と言いたいところなんですが、色々な意味で劇場での鑑賞を躊躇しかねない要素があるのも事実。

まず内容が宗教をテーマにした非常にシリアスなものであるという点。時代劇と言ってもアクションは描かれないですし、エンタメ性はほぼなしです。そして、上映時間が160分超えという長さだけで嫌がる人もいるはず。

でも、私は全く気になりませんでした。テーマは確かに難しいですが、ストーリーや世界観はわかりやすいです。「踏絵」とかキリスト教が迫害されていたことは日本人なら歴史の授業で習ってますし、すんなり入り込めるでしょう。そして、なんといっても映画としての質が桁違いで魅入ります。よく外国映画にありがちな「勘違いしている」残念な日本描写はありません。むしろ日本の時代劇を創ろうという真摯さが伝わる凄まじい作品です。最近の大衆受けを狙ってチャラチャラする一方の日本産の時代劇とは比べものになりません。

非常に劇場映えする作品です。圧倒的な映像もさることながら、音が印象的。音については、エンドクレジットまで堪能できます(私の観た劇場では、エンドクレジットが始まると、ぞろぞろと退出する人がたくさんいてなんか「こんな美味しいところを残すの?」みたいな気持ちになりましたが…)。「テレビやパソコンで観ればいいや」ではなく、劇場での観賞を強くおすすめします。






↓ここからネタバレが含まれます↓





信仰を問う試練の160分

重厚で濃密な160分でした。

映像に関しては文句なし。リアルさと象徴性を両立できており、見事としか言いようがない。撮影地は台湾だそうですが、ほとんど違和感は感じません。確かに台湾は生物相的には沖縄に近いので、長崎周辺の雰囲気とはちょっと違うのですけど、それ以上に徹底的に描かれる迫害シーンを始めとする映像のクオリティの高さに圧倒されて頭から吹き飛びます。ひとつ、この地域には明らかに生息していない、派手なトカゲが画面に映りますが、これも日本に来た二人の若き宣教師と同じく異国に迷い込んだ存在のメタファーとしても捉えられるかなとも思って納得。

役者陣も素晴らしく、キチジローを演じる窪塚洋介も良かったですが、私は「イノウエさま」こと井上筑後守を演じたイッセー尾形がベストアクトでした。早くも個人的2017年助演男優賞を彼にあげたいくらい。単純な嫌な奴でもない、彼にも彼なりの信念があるあの感じが堪らないです。

沈黙 サイレンス

音の演出も良かった。本作はBGMがほとんどないかわりに自然環境音が随所で印象的に使われています。実に日本映画っぽいです。風、波、火、鳥、虫…エンドクレジットでは自然の音が響くだけでした。これは「万物の自然に宿る日本の神々」を表しているともとれます。本作は終始キリスト教の沈黙する神とどう向き合うかのお話しですが、こうしたキリスト教の信仰にゆらぐ人間たちを、日本の神々もまた黙って見ている…そんな意味があるのかも。

本作の「信仰を貫くべきか、捨てるべきか」つまるところ「信仰とは何か?」というテーマについては、私自身はどうこう語れないかなと思ってます。それは、私がキリスト教じゃないからとかそういう理由ではありません。誰しも信仰は持っていると思うし、持っていない人はいないでしょう。「私は何も信じない」という人はその考え方を“信仰”しているわけですから。ただ、私はここまでの信仰が劇的に揺らぐ経験をしたことがまだない…。というか、あのスコセッシ監督でさえ本作のテーマと向き合って答えを出すのに28年間かかっているわけで…。私なんかは、フェレイラを理解しようとするロドリゴどころか、キチジローの足元にも及ばないちっぽけな奴です。キチジローさえ凄い奴に思えてきます。

原作の発表時点で、宣教師が棄教を決断し、しかもイエスが踏絵を促すようなシーンまであるという内容に、反発が沸き起こっていたわけであり、今さら議論することもない気もします。

まあ、でも少なくとも今の時代は信仰を一度捨てたらといって、それでお終いではないと思うのですけどね。転んだら起き上がればいいのではないですか。去年、『君の名は。』や『シン・ゴジラ』といった震災を乗り越えるメッセージ性の強い作品が大ヒットしたのも、一度失った信仰を再び取り戻したいという日本人の気持ちの表れでしょう。

こうやって日本を舞台にした海外映画が増えていくといいなとは思いますが、今作はかなり特殊な一例で終わってしまいそうな感じもします。スコセッシ監督の後に続くものは現れるのでしょうか。

Copyright :(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.