ブルージェイ
Netflix映画『ブルージェイ』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Blue Jay 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本では劇場未公開:2016年にNetflixで配信 
監督:アレックス・レーマン 

【個人的評価】
 星 10/10 ★★★★★★★★★

あらすじ

母が亡くなったことをきっかけにカリフォルニアの実家に戻ってきたジム・ヘンダーソン。スーパーマーケットで買い物をしていると、高校時代に交際していた元恋人アマンダと偶然ばったり出会う。昔の話題で会話も弾み、まるで付き合っていたときの輝きを取り戻していくかのように見えた二人だったが…。

こんな綺麗な不倫がありますか

最近も著名人の「不倫」に関するスキャンダルが毎度のことながら世間を賑わせているようですけれども、大衆は「不倫」が好きです。いや、不倫を“する”のが好きなのかはわかりませんが、少なくとも“見る”のは好きなのでしょう。詮索心をくすぐるスキャンダルの見物は他人にとってはエンターテイメント同然。現に今月も不倫映画『昼顔』が公開されて、ヒットしています。

そして、今回紹介する本作『ブルージェイ』も見方によっては不倫を描いた作品です。しかし、不倫と聞いて真っ先に連想する“ドロドロ”で“ギスギス”な要素は全くありません。それどころか、初恋のような甘酸っぱさとわずかなほろ苦さで心が満たされるような気持ちになります

本作はNetflixが制作に関わっている作品で、日本では現時点ではNetflixでしか観れないのですが、Netflixオリジナルコンテンツではないです。なので、イマイチ目立たない扱いになってます。ところが、これが観ないのはもったいない、素晴らしい傑作なのです。

私が本作を観たのは2017年になってからなんですが、もし2016年中に見ていたら「2016年の個人的映画ベスト10」に入っていたと思う、それくらい素晴らしい作品です。

雰囲気としては、リチャード・リンクレイター監督の「ビフォア」シリーズ3部作に近い恋愛映画。この作品が好きな人は気に入るでしょう。

スキャンダルを楽しむイヤラシさで本作を観たら後悔します。






↓ここからネタバレが含まれます↓





若さ、最高!

本作の最大にして最高の魅力はなんといってもジムとアマンダのカップル。一人だと普通のちょっと元気のなさそうな日々の生活に疲れた男性と女性なんですが、この二人が合わさるとあら不思議。キラッキラに輝いていくじゃないですか。本作は終始モノクロの映像ですけど、普通に色が付いているようにしか見えない。この二人が発する幸せオーラに観客のこちらまで多幸感でいっぱいになります。

ジムを演じる“マーク・デュプラス”(脚本も担当)とアマンダを演じる“サラ・ポールソン”の名演が本当に素晴らしい。

まず、序盤のばったり出会ってからの「あっ、ああ、元気してた?」みたいな“なんとも言えない感じ”が堪らないです。このジムがまた純朴そうでキュートですよね。鏡の前でひとり表情の練習なんかしちゃったりして。「ブルージェイ」でのコーヒータイムの会話も微笑ましく、互いの身の上話をしての「変わったな」「変わったよね」というだけの何のとりとめもない時間。でも、そのなかでもこの二人の間に確かな絆があることがこれでもかと伝わります。同時に同じことを言ったり、個人的に好きなのはジェリービーンズのくだり。アマンダが好きだったピンクと紫をさりげなく残してくれる…このわかっている感じ。ここは私もアマンダ視点で見てしまい、ああ、もう!と。これが「胸キュン」というやつか…。

舞台をジムの実家に移してからも二人の輝きは増すばかり。ここからは二人のカップルだった若き高校時代の思い出の品によってどんどんかつてのカップルのときに戻っていくパートとなります。恋愛小説のコレクションや、黒歴史な日記を引っ張り出し、過去の自分たちに赤面。テープを聞くシーンでは、自分たちのオリジナルラップや会話が流れる中、「キモい」「バカだな」「ダサイ」とただただ恥ずかしさに身もだえするひと時。ここは観客である私でさえ恥ずかしくなってきます。これぞ青春、アオい、アオクサイ。

この後に続く食事シーンでの夫婦ごっこからのダンスも悶絶もの。二人の役者の演技してる演技が最高です。完全にあの時のカップルだった二人に戻ったジムとアマンダ。誰にも止められません。「若さ、最高!」です。

ブルージェイ

若さの限界

ジムは失業していること、アマンダは抗うつ剤を服用していること…それぞれの問題を吐露し合い、互いにあなたがいればこんなことにはならなかった気がすると「if」に思いはせる瞬間。

じゃあ、なぜその「if」を選択しなかったのか。なんで別れたのだろうと観客は思うわけです。これ以上ないベストカップルなのに…。

そこで翌日の別れ間際に明かされる二人の決別の理由。それを観客が知ったとき、「若さ、最高!」っていうだけじゃなかったんだなと身に染みて実感する。この構成、非常に巧みです。本作はただのノスタルジーなリア充映画ではない側面をちゃんと見せるのですね。よくありがちな不倫映画の肉体関係がどうのという俗物的なテーマではなく、若さの功罪としっかり向き合わせる本作は想像以上に大人です。私はこれが大人の映画だと思いますよ。

リチャード・リンクレイター監督の「ビフォア」シリーズと違って、本作の二人には絶対に戻れない過去がある。それは例え今から二人が付き合いだしても修復できないもの。その運命の分岐点をを示す手紙がまた切ない。それでも、息を吐いてじっと見つめ合う二人で終わる本作は、向き合うことの大切さに気付かせてくれました。

楽しいことも、辛いことも、表裏一体。向き合わないとね。

©Blue Jay