フェリシーと夢のトゥシューズ
映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Ballerina(Leap!)
製作国:フランス・カナダ 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年8月12日 
監督:エリック・サマー、エリック・ワリンン

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★

あらすじ

19世紀末のフランス。施設に暮らすフェリシーは踊ることが大好きで、バレリーナになることを夢見ていた。ある日、フェリシーは親友のヴィクターに誘われ、施設を抜け出して憧れのパリを目指す。パリに到着し、フェリシーが街で偶然に見つけたのが憧れのミラノ座。そこで本物のバレエを目にし…。

ネタバレなし感想

夏休みの女の子向け映画はコレ!

海外のCGアニメーション映画スタジオは、ディズニー、ピクサー、ドリームワークス、イルミネーション、ワーナー、ソニー・ピクチャーズなどが有名どころですが、新しいスタジオだって負けてません。

ニューフェイスとなるのが、カナダのモントリオールにある「ラトリエ・アニメーション(L'Atelier Animation)」という2012年に設立したスタジオ。こうやって、どんどん新しい風が吹いていくのはアニメーション映画業界にとっても嬉しい限りではないでしょうか。

その「ラトリエ・アニメーション」が制作した(これが劇場映画初なのかな?)初々しい一作が本作『フェリシーと夢のトウシューズ』です。

舞台は1880年代のパリ。11歳で孤児院で暮らすフェリシーという少女が、バレリーナになるという夢を叶えていくストーリーです。挫折と成長、希望と情熱の物語に、恋あり、ライバルあり、悪役ありと、超王道なテンプレといっていいでしょう。雰囲気的には一昔前のディズニーっぽいですね。

バレエが主題の作品なだけあって、バレエシーンのクオリティは非常に高いです。それもそのはず、本場のパリ・オペラ座が監修してます

マイナーなアニメーション・スタジオの初期作品ということもあり、日本での公開は厳しいのかなとも思いましたが、劇場公開されました。しかも、今や映画に引っ張りだこで何かしらいつも映画館の予告でよく見かける女優の“土屋太鳳”をヒロインの吹き替えに起用する贅沢っぷり。主題歌まで歌っちゃって、作品としてここまで恵まれたスタートはないと思います。ちなみにオリジナルで声優をつとめるのは“エル・ファニング”です。

小学生以上の子どもであれば何も問題なく観せてOKな映画です。今年の夏休みのディズニー/ピクサーのラインナップは、カーズ クロスロードはどう考えたって男の子向けですから、ぜひ女の子には本作をオススメします

ただ、観終わった後に「私もバレエがやりたい」と言い出す可能性はゼロではないですが…。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

バランスが示すフェリシーの成長

王道として直球ストレートをど真ん中に投げた感じの本作。初期作の物語としてはこれで良いのじゃないでしょうか。全体的にCGアニメーションは美しく、動きもキュートで、見づらさは一点もありません。

個人的な注目点はこれ。トレーニング。どんな映画でも「トレーニングシーンは面白い」と相場が決まっているように、本作もオデットの指導による一風変わったトレーニングは見どころ。水しぶきをたてずに水たまりを着地する訓練、回転させられて両手のコップの水をこぼさず持ってくる訓練…どれもユニークです。

バレエは実際かなり複雑なのでしょうが、本作ではそれをあえて単純化してフェリシーの成長を映像で一発で理解できるようにみせてくれます。具体的にはバランスがとれていれば“成長している”、バランスがとれていなければ“成長が止まっている”という感じ。フェリシーは冒頭で孤児院の屋根から落ちそうになっていましたが、トレーニングによってバランス感覚を向上していく…つまり自分にも自信を持っていきます。でも、大事なテストでは何度やっても“転んで”しまう。その後の孤児院に戻った後は、屋根でステップを踏めるまでに自身を取り戻していく。そして、最後は大きく跳躍! このようにフェリシーがバランスをとれているかどうかに着目しながら本作を観るとより面白くなるでしょう。

フェリシーと夢のトウシューズ

女の子視点のリアルな努力の物語

本作はフェリシーという11歳の女の子の物語であり、ターゲットとする客層も同年代の女の子になってます。

女の子の物語といえば、ディズニーなんかは常に“魔法”が出てくるのがベタ。しかし、本作はそんなものはなく、フェリシーがひたすら“努力”を積み重ねていくリアルな成長ものです。まるで少年漫画みたいであり、割と女の子向け作品の歴史では珍しいタイプな気がします。

イケメンが成長の阻害になるのも、往年の女の子向けディズニーファンタジーには絶対ないある意味リアルな要素でしたね。イケメンにうつつを抜かしてヘマをするという展開は、女の子には身に染みてイタイ話なんじゃないでしょうか。ただ、アイツをかばうわけじゃないですけど、あの金髪イケメン野郎もアイツなりに技術に関しては相当なものを持ってましたから、もっと指導的側面で活躍を見せてほしかったなと。全体的にフェリシーとオデットが凄すぎる印象が強いので、より多くの人から学んでいくとバランスが良いのにね…なんて偉そうに思ったり。

あとは、ル・オー夫人の極端な悪役っぷりには笑っちゃいましたが(でかいハンマー持って追ってくるとか…どんだけですか)、悪役の設定にはもっと工夫が欲しかったですね。

若きスタジオの跳躍

とまあ、王道なストーリーながら、新鮮さもあるガール・ムービーでしたが、「ラトリエ・アニメーション」のスタジオの個性がまだまだ見えてこない感じも…。

映画のフェリシーと同じように、今やっと晴れ舞台に立ったばかりですから、今後のさらなる跳躍に期待してます。

©L'Atelier Animation