アトミック・ブロンド
映画『アトミック・ブロンド』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Atomic Blonde 
製作国:アメリカ 
製作年:2017年 
日本公開日:2017年10月20日 
監督:デビッド・リーチ 

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★

あらすじ

冷戦末期、ベルリンの壁崩壊直前の1989年。西側に極秘情報を流そうとしていたMI6の捜査官が殺され、最高機密の極秘リストが紛失。リストの奪還と、裏切り者の二重スパイを見つけ出すよう命じられたMI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、各国のスパイを相手にリストをめぐる争奪戦を繰り広げる。

ネタバレなし感想

快楽を満たす究極のフェチ映画

昔のスパイ映画に登場する「女性」といえば、男性キャラクターのサポート役か、その男と“寝る”相手役か、色仕掛けをしかけてくる美人局的な敵役、そのどれかです。

そんな中で女性を主役に据えた、いわゆる「女諜報員もの」アクション映画というのも時代が進むにつれ、いちジャンルとしてマニアにウケてきました。その系譜として最高級の作品が本作『アトミック・ブロンド』でしょう。

誤解を恐れずに言うなら、この映画は「ポルノ」です。特定の欲求をこれ以上ないほど満たしてくれる…そのために作られた映画です。

その特定の欲求とは? それは「ひたすら美しい“シャーリーズ・セロン”を眺めていたい」、この一点に尽きます。

本作は、冷戦によって分断されているドイツを舞台に、イギリス秘密情報部(MI6)を中心に、アメリカ中央情報局(CIA)、ソ連国家保安委員会(KGB)、フランス対外治安総局(DGSE)が集結して、騙し合いを繰り広げる…という内容。その主人公で女スパイを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で皆を魅了した姐さん“シャーリーズ・セロン”

本作はこの“シャーリーズ・セロン”が最初から最後までたっぷり詰まっているんですよね。MI6所属ということで本作は宣伝や批評では「女性版ボンド」と称されていたりしますが、私の観た感じでは『007』シリーズっぽさはあまりないです。『007』シリーズは英国の愛国心的な信念が筋にあるため、作品性が一貫しています。だからジェームズ・ボンド役の俳優がコロコロ変わっても困りません。でも、本作はもろに“シャーリーズ・セロン”ありきの作品なので、“シャーリーズ・セロン”がすべての中心にあります。MI6なんて飾りです。

そして本作の“シャーリーズ・セロン”の魅力の大半はアクションで見せてくれます。監督は『ジョン・ウィック』シリーズの製作を手がけてきた“デビッド・リーチ”ということで、『ジョン・ウィック』で主流化してきた「生っぽい近接アクション」が本作も満載。つまり、“シャーリーズ・セロン”が間近でいっぱい鑑賞できます。バイオレンスはほどほどなのですが、抜群のプロポーションをもつ“シャーリーズ・セロン”が繰り出す美麗なアクションと、その体がどんどん傷ついていくシーンの連続で、ようはそういう“フェチ”のための映画ですよ。

しかも、アクション以外も魅せてくれて…“シャーリーズ・セロン”と“ソフィア・ブテラ”が絡み合う非常にエロチックなベッドシーンが見られる!と聞けば、きっと無言で立ちあがり、映画館に向かう人が一定数いるに違いない…。

“シャーリーズ・セロン”好きで、アクションが好き。このニッチに該当する人は、今すぐ本作を観て、快楽を味わうとよいと思います。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

もっと、もっとぶちのめしてくだい!

冒頭、ロンドンの暗がりの部屋で氷風呂の中から裸体をザバンとさらけ出す“シャーリーズ・セロン”演じるロレーン・ブロートン。このブロートンのあざだらけの体、そして背中に浮かび上がる屈強な筋肉を映すカット。これだけで特定の一部の人は絶頂ですよ(下品な文章)。というか、このシーンで快楽を感じられない人は本作は不向きなんだと思いますが…。

そしてMI6とCIAの上官たちに問いただされていくかたちで、なぜこんな傷だらけなのかも含めてミッションの顛末を語りだすブロートン。話を聞いているMI6とCIAのキャリア陣はどうかはしりませんが、ここから何度も言うように一部のフェチ保有者大歓喜の映像が展開されていきます。いや、フェチ、フェチってそんなわけあるかと思うかもですけど、実際そんな内容でした。

殺されたMI6諜報員の持っていたリストの奪還と、裏切り者の二重スパイを探し出すために、西ベルリンに到着したブロートンは、さっそく迎えに来たらしい男たちの車に乗車。ここでバトル勃発。ブロートンは狭い車内で容赦なく、ハイヒール! ハイヒール! ひじ! ひじ!の連続コンボを決めていきます。「shoot」じゃなくて「shoe」で攻撃するというシャレているのかどうかはわからないアクションですが、“シャーリーズ・セロン”に蹴られたい願望のある人のためなんじゃないかと、私はこの時点で邪推し始めました。

ここから次のバトル場面で、“フェチ需要のために本作が作られた説”は確信に変わります。なんていったってブロートン、ロープをムチのようにして戦いますから。アパートの部屋で乱入してきた男どもをビシンバシンと叩く縛る倒す…。露骨すぎるよ…。

アトミック・ブロンド

女性二人のいろいろな連携プレイ

しかし、本作のアクションはフェチばかりじゃない。

アクションの白眉はやはりデモ行進スナイピングから室内へ逃げてエレベーターから開始される、約10分に及ぶ超ロング戦闘シーン。ここはフェチ関係なく魅入りましたね。この戦闘は『ジョン・ウィック』シリーズを手がけた“デビッド・リーチ”監督らしさ全開であり、製作陣の持てる全てをぶっこみました!感が満載。全編ワンカットに見えますが、実際はかなり細かく区切られたシークエンスを絶妙にCGIでつなぎ合わせたものらしく、とにかく凄いです。影の功労者を記憶してほしいので言及しておきますが、このシーンはスタントの方も活躍しています。でも、じゃあ、“シャーリーズ・セロン”は全然体を張ってないのかというとそれは全く違って、長期間トレーニングを重ね、歯を2本も折ったそうですから、あっぱれですね。表の役者“シャーリーズ・セロン”と影の役者スタントの人の女性二人の見事な連携プレイでした。

ちなみにこの戦闘、ブロートンはテキパキとクールに敵を倒していくわけでなく、互いが死に物狂いで血まみれになりながら戦います。やっぱりそういうのが好きな人向けなのかな…(フェチばかりじゃない発言はどうした)。

女性二人の見事な連携プレイといえば、こっちの別の“プレイ”も忘れてはいけないですね。

それはもちろん“ソフィア・ブテラ”演じるデルフィーヌ・ラサールとの絡みです。デルフィーヌとの濃厚なキスからの壁ドンですよ(違う)。ベッドインしてからは、もう絡む絡む。なんだろう、隣にいるのが“シャーリーズ・セロン”のせいか、今回の“ソフィア・ブテラ”、一番可愛く見える気がする…(いろいろ失礼な文章)。

女性二人のいろいろな連携プレイを楽しめるという意味でも、たいへんお腹一杯になれる映画でした。

映画は女でも作れる!

とまあ、ポルノだフェチだと好き勝手書いてしまいましたが、ここから少し真面目な話を。

本作の特筆すべきは“シャーリーズ・セロン”が主演だけでなく、製作にも関わっていることです(ちなみに2015年の主演作ダーク・プレイスにも製作として参加しています)。

「アメリカの映画界は男性社会」というのはこのブログでもあちこちで書いてきたと思いますけど、つい最近もこんなニュースがありました。多くの女優が、大手映画制作会社「ミラマックス」の創業者であり大物プロデューサーでもある男からセクハラ被害を受けたと告発、ハリウッドの映画芸術科学アカデミーが会員資格を剥奪するに至った事件です。

本当に深刻な闇を映画界は抱えていることを痛感するわけですが、そんななかでも最近の映画製作では少しづつ女性の活躍が目立ち始めています。女性監督で史上最大のヒットを記録したワンダーウーマン、ついに監督として花ひらいたアンジェリーナ・ジョリー監督の最初に父が殺された…。男性社会の映画界に一発一発パンチを浴びせていきます。

そして本作がぶちこんだパンチの相手はジャンル映画です。『アトミック・ブロンド』のような「スパイもの」や「殺し屋もの」はマニアにウケる映画界に欠かせない分野なわけですが、そういう映画の製作にだって女性は参加できるんだ!ということを証明したのは意義の大きいことだと思います。

内容も既存の「女諜報員もの」と違って、男を色仕掛けで誘うみたいなシーンがないなど、ステレオタイプからの脱却も感じられましたし。

本作のように、愚かな男どもをギッタンギッタンにぶちのめしていく女性をこれからも応援したいですね。もちろん良い男性も世の中にはいっぱいいますし、そういう人は安心して大丈夫ですけど。あぁ、あえてぶちのめされたい男の方は…“シャーリーズ・セロン”の前に並ぶといいんじゃないかな。

(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.