シン・ジョーズ
映画『シン・ジョーズ』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Atomic Shark 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本では劇場未公開:2017年にDVDスルー 
監督:グリフ・ファースト(A.B.ストーン?)

【個人的評価】
 星 2/10 ★★
 

あらすじ

太陽が照りつけるカリフォルニア州、サンディエゴのビーチ。その平和な場所に突如、焼死体が浮かび上がり、さらには焼かれた魚の死体も散乱する。ライフセーバーのジーナとカプランは死体を調べていくうちに、核実験の影響により進化したサメの犠牲者だと判明する。


シン・ゴジラ第ゼロ形態

福島原発事故以来、水産物の放射性物質検査が定期的に実施され続けています。思い出してみれば、世界で唯一の被爆国だなんだと言っておきながら、いざ原発事故で放射能汚染が起きると、放射能のことを何も知らないことが浮き彫りになったかのようなパニックでした。何が正しい情報かもわからず「放射能」という言葉が一人歩きしたものです。

しかし、さすがに本作『シン・ジョーズ』のような勘違い妄想をしている人はいなかったでしょう(多分…)。この『シン・ジョーズ』、それくらいぶっとんでます。

サメ映画といえば去年は『ロスト・バケーション』という真面目な正統サメ映画の新たな名作も公開されたりしましたが、本作は、まあ、名前から察しのとおり、数多あるB級サメ映画のお仲間です。

B級サメ映画界隈では、もはやサメはフリー素材。頭が2つ・3つになったり、幽霊になったり、宇宙に行ったり、気象現象になったり、怪物や巨人と闘ったり、頑張り過ぎです。次は何がくるのか、ネタを楽しむのがB級サメ映画ウォッチャーの嗜みですが、本作『シン・ジョーズ』は、核実験によって放射能を有した体に変異したサメが暴れ回ります。はい、ゴジラです。きっと『シン・ゴジラ』のゴジラも生まれたときは『シン・ジョーズ』のサメみたいな奴だったんだと思うと愛着がわく…かもしれません。

そう考えると、『シン・ジョーズ』という邦題は話題性も含めて完璧でしたね(ちなみに原題は『Atomic Shark』)。ただし、このサメは光線は発しません。あと、巨大化はしません。それだけは言っておきます。






↓ここからネタバレが含まれます↓





漫才コントをお楽しみください

数多あるB級サメ映画たちが最近は絶妙に雑なVFXとCGで派手さを重視しているなか、本作は割と抑えめ。本作は「Syfy」というアメリカのケーブルテレビ・チャンネルで放映されたTV映画だったようで、だからなのか、一際シンプルな映画でした。スマホゲームとかしながらダラダラ流し見する前提で制作されている感じです。

放射能を究極までに勘違いして生まれたかのようなサメのインパクトは、小学生が考えたみたいな設定で嫌いになれません。赤く熱されたように光る背びれが海面を疾走するさまは、もう意味不明です。本作のサメはあれですね、物理系で攻めるのではなく、能力系で攻めることもできるタイプですね。小型船くらいならひと噛みで爆発炎上させる(でも船は原型を留めたまま焦げないけど)とか、ケレン味が効いてました。

そして、意味不明の極みは、放射能汚染された魚を食べた人間が赤く膨れ上がって爆発するという、謎の描写。サメよりこっちの方が問題だろう…。
 
シン・ジョーズ

そんな異常事態のオンパレードなのに、本作はどこか平凡。人が死のうがなんだろうが、終始、サメそっちのけで漫才コントが展開されます。BGMギャグとか実にくだらないです(良い意味で)。要所要所入るギャグが、サスペンスもロマンスも全てぶち壊していく…あれっ、本当に恐ろしいサメに脅かされているんですよね? というか、こんなのでサメをどうやって倒すのだろうかと思ってたら、サメ、勝手に自爆しました…

主人公たち、別にいらなかった…。

“漫才コントしている間にサメが死んでいた”サメ映画なんてなかなかないんじゃないでしょうか。