エイリアン コヴェナント
映画『エイリアン コヴェナント』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:Alien: Covenant 
製作国:アメリカ 
製作年:2017年 
日本公開日:2017年9月15日 
監督:リドリー・スコット 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★

あらすじ

人類移住計画を託された宇宙船コヴェナント号は、アンドロイドのウォルターによる管理のもと、静かに宇宙を航行していた。しかし、突如発生したトラブルにより、多数の乗務員の命を失ってしまう。失意のなか目覚めた乗務員は、チームを再結成し、事態の収拾を図る。そのとき謎の信号を受信し、未知の惑星に降り立つが、そこには想像を絶する脅威が存在していた。

ネタバレなし感想

リドリー・スコットが描く宇宙神話

「alien(エイリアン)」という単語は「外国の」とか「外国人」、もしくは「性質が異なる」とか「調和しない」という意味が本来です。しかし、今や誰でも「エイリアン」と聞けば、「凶暴に襲いかかってくる異形の地球外生命体」を連想します。

それもこれも全部、1979年に公開された、“リドリー・スコット”監督『エイリアン』のせい。それだけ凄いインパクトのある映画でした。

↑印象的なシーンもたくさん。

『エイリアン』はいかにもSFホラーという感じのベタすぎるジャンル映画でしたが、その後、シリーズ化されていくと、どんどん思わぬ進化を遂げていきました。ジェームズ・キャメロンが監督した『エイリアン2』デヴィッド・フィンチャーが監督した『エイリアン3』ジャン=ピエール・ジュネが監督した『エイリアン4』、あと“プレデターと戦うやつ”とか…まさに劇中に登場する「エイリアン」そのものと同じように、映画さえも監督に寄生して変身していったといえるでしょう。どの『エイリアン』シリーズ作品が好きかでその人の好みがわかりますよね。

そんな親元を離れて好き勝手成長していった『エイリアン』ですが、生みの親である“リドリー・スコット”監督に里帰りすると、原点回帰するのかと思ったら、これまた予想外の方向に進化しましてね…。『エイリアン』の前日譚を描いた2012年公開の『プロメテウス』は、観た人ならわかるようにもはや神話です。単なるSFホラーの領域を超えて別の何かになろうとしています。“リドリー・スコット”監督はこれまで『グラディエーター』(2000年)や『エクソダス:神と王』(2014年)といった地球上の歴史モノを描いてきましたが、それだけに飽き足らず宇宙レベルの歴史モノを創造する気なのか…。“リドリー・スコット”監督、もうすぐ80歳。このお爺ちゃん、なんか怖ろしいよ…。

そして『エイリアン』の前日譚である『プロメテウス』の11年後を描く最新作が本作『エイリアン コヴェナント』です。内容は…『プロメテウス』以上に凄いことになっているとだけ言っておきましょうか。

『エイリアン』シリーズは観たことないよとハードルの高さを感じている人がいたら、そこは安心してください。『エイリアン1』『2』『3』『4』は観ておく必要はないです。逆に『プロメテウス』は観てこないと「?」となると思うので、それだけは押さえておくことを強くオススメします。本作のハードルの高さはシリーズ作品の多さよりも、その神話的内容だと思います。もう凄いことになっていますから(2度目)。メタファーどころか直接的に神話性をガンガン入れ込んできてます。

“リドリー・スコット”監督が描くホラーを超えた宇宙神話…覗いてみませんか?






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

赤ちゃんがいっぱい

本作は、というか本作も、実に『エイリアン』シリーズらしい骨格をふてぶてしいほど堂々と備えた作品でした。

“お前ら本当に宇宙船を担う専門家なのか”と疑いたくなるくらい色々ダメそうなクルーたちとか、“絶対にそれはダメだろう”という判断を安易に選択してしまうフラグ回収の精度の高さとか。

なにより『エイリアン』といえばグロいシーンを期待する人も多いと思いますが、今回はもう選り取り見取り。エイリアンを使ったグロ映像総集編みたいになってます。まず、いきなり序盤、エイリアンが登場する前から、コールドスリープ状態で焼死するという最悪な死に方を見せてくる本作。ばっちり焼死体も映しちゃって、“リドリー・スコット”お爺ちゃんの満足そうな顔が目に浮かびます。

『エイリアン』のグロさは生理的な気持ち悪さを刺激するのが定番ですが、今回もそれはたっぷり。未知の星にクルーたちが降り立つと、謎の黒い靄が生命体のように動きまわり、耳や鼻から入る場面とか、思わず鑑賞中に耳や鼻を触ってしまいます。しかもその体内に入ってからの過程をCGでじっくり見せる。これは完全に精子の受精するシーンですよ。

そして、怒涛の「こんにちわ、赤ちゃん」です。背中から、口から、ドロッと元気よくこぼれるエイリアン・ベイビー。なんか今回のミニ・エイリアン、ちょっと可愛らしいなと思ったけど、私の頭がおかしいのかな…。

『エイリアン』ではH・R・ギーガーによって性器をモチーフにしたデザインが盛り込まれているのは有名な話ですけど、今回も性!性!性! 今作も性を恐怖化することに余念がありませんでした。しかも、本作はクルーたちがカップルで構成されているという露骨すぎる設定ですから。イマドキ、シャワーシーンでホラー演出という超ベタ展開をちゃんとやる“リドリー・スコット”監督は偉いなぁ…。

エイリアン コヴェナント

禁断のカップル成立

ただ、本作の場合、ただグロいというだけではないのが、“リドリー・スコット”監督が『エイリアン』シリーズを別の領域に到達させようとしていることを証明する最大のポイントというか…。

それを印象付けるのが、デヴィッドに導かれるままに新キャプテンのオラムがもはや伝統芸のようにフェイスハガーに襲われた後のシーン。オラムの腹からミニ・エイリアンがプギャーと産声を上げる誕生の場面は、恐怖シーンというよりは明らかに感動げな演出になっていました。落ち着いたしっとりとしたBGMまでつけちゃって、まるで自然番組で野生動物の出産シーンを流しているときみたいな、自然の神秘に敬服するような趣です。

“リドリー・スコット”監督直系『エイリアン』作品はアンドロイドが主役になってきました。前作『プロメテウス』と本作の場合なんかは、完全にアンドロイドのデヴィッドが主人公です。アンドロイドの氾濫を描くエクス・マキナに通じるものがありますが、本作『エイリアン コヴェナント』はそこからさらに進んでいます。

なぜなら、本作は、デヴィッドがエイリアンに対して愛し気な眼差しさえ向けているのですから。もうこれはデヴィッドとエイリアンのボーイズ?ラブみたいなものじゃないか(爆弾発言)

よくよく考えると、アンドロイドのデヴィッドも「alien(エイリアン)」なんですよね。人間とは非なる異質な存在同士、惹かれ合うものがあるのでしょうか。そして、アンドロイドのデヴィッドもエイリアンもそれ単体では子は成せない。人間たちはカップルでイチャコラしているのに…。

ついにデヴィッドとエイリアンの壮大な計画が前進し始めたラスト。本作はバッドエンドじゃない、カップル成立エンドなのだと思えば、幸せですね(真顔)。

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved