悪女 AKUJO
映画『悪女 AKUJO』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:The Villainess  
製作国:韓国 
製作年:2017年 
日本公開日:2018年2月10日 
監督:チョン・ビョンギル 

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★

あらすじ

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒは、育ての親であるジュンサンと結婚するが、ジュンサンが敵対組織に殺害される。怒りにかられたスクヒは復讐を果たすが、今度は国家組織に拘束されてしまい、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて、新たな運命の男性と出会い、幸せを誓ったスクヒだったが…。

ネタバレなし感想

日本よ、これが韓国映画のアクションだ

また活きのいい韓国映画が水揚げされましたよ。ほんと、韓国映画の海は豊漁ですね。

その名も『悪女 AKUJO』です。

この映画の魅力は一にも二にも“アクション”。“アクション”に全てを賭けています。ネタバレせずに簡単に説明すると、『ジョン・ウィック』の世界観で、『アトミック・ブロンド』のような屈強な女主人公が、『ハードコア』ばりの無茶苦茶な戦闘をしまくる…というアクション映画ファンの好きな要素を全部組み合わせたゴージャスなパフェみたいな作品です。食べごたえはありますが、超ハイカロリーですから手を出すときは注意。

本作の監督は、日本で『22年目の告白 私が殺人犯です』というタイトルでリメイクされた元映画『殺人の告白』を手がけた“チョン・ビョンギル”です。
『22年目の告白 私が殺人犯です』感想(ネタバレ)…日本リメイクでも騙す
韓国映画『殺人の告白』を観たことがある人ならわかるはず。そう、あのケレン味という言葉ですら言い表せないような「なんじゃそりゃ!」と思わず言ってしまうほどの怒涛のアクションを見せた作品の監督です。

“チョン・ビョンギル”監督は「スタントマン出身という異色の経歴を持つ」と公式サイトに書いてあるのですが、別のインタビューだとそうではないと本人が発言しているのですよね。それによれば、25歳のときに軍隊を除隊した後、アクションスクールに6ヶ月通って修了し、その後、短編映画を撮ったり、ドキュメンタリー映画「俺達はアクション俳優だ」を作ったりしていたら、29歳のときに商業監督デビューするチャンスを獲得。それで『殺人の告白』が生まれて大ヒット。その成功で出資を希望する会社が現れて、しかも好きな映画を撮っても良いとの快い対応をしてくれて、じゃあということで好き勝手にしてできたのが本作『悪女 AKUJO』だったそうです。

このように比較的独立系のキャリアを歩み、自由なスタイルで才能を伸び伸びと成長させただけあって、若いゆえに粗削りながらも“新しいことをやってやるぜ!”な勢いが凄まじい。どうりでこんな荒唐無稽な映画が作れるわけですよ。『殺人の告白』の10倍くらいは凄いアクション…というか韓国映画界では映像的ド派手さでいえばトップ級なんじゃないかな

こんなの見せられたら、日本の映画のアクションはまだまだ子ども騙しだなと思ってしまいますよ…悔しいですけど、歴然の差です。

繰り返しますがアクション映画ファンは必見中の必見です。絶対にお見逃しなく。

ちなみに苦手な人はめちゃくちゃ酔います。『ハードコア』で画面酔いした人は確実に今作でも酔うので、ご注意ください。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

全ては「カッコよさ」のため

本作がアクションのための映画だということは一目瞭然です。なぜなら冒頭から始まるのは世界観の説明文章でもナレーションでもなく、キャラクターのドラマでもない、いきなりフルスロットルのアクションなのですから。

冒頭すぐに何の説明もなく展開される一人称視点バトル。全編一人称視点で展開された意欲作『ハードコア』を彷彿とさせる主観視点戦闘は勢いを増し続け、廊下での連続戦、そして少し広めの部屋での集団戦へとステージをテンポよく変更。その激しい戦いの最中、敵に体を拘束され、鏡に頭を打ちつけられるシーンで初めてこの視点の持ち主の顔が映ります。そこにあったのは怒りに燃える女の顔。そこから一人称視点は終了、彼女の周りをグルグルしながら、戦闘を追いかけるカメラワーク。女は最後の敵を仕留めて窓からダイブ。雨降る街で警察に捕まります。

この一連のオープニング・シークエンスでこの映画がどういうものなのかこれ以上ないくらい単純明快に説明しきっています。つまり、アクション映画にもいろいろあります。ドラマやキャラの心理を表現するツールとしてアクションを使っているものとか。でも、本作はアクションはツールではなくてメインなんですね。アクションが主人公みたいなものです。映画という媒体を壮大なアクションの実験場にしています。これもまたエンタメ映画の醍醐味のひとつです。

バイクチェイスでの日本刀バトルなんてその極みですが、こんなもの見たことがありません。いや、正確には『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』というTVゲームのフルCG映像作品で見たことがあるのを思い出しました。こちらもバイクで疾走しながら剣で斬り合うアクションがあるのですが、当然ファンタジーの世界での全編CGです。まさかそれを実写でやる奴が出てくるとは夢にも思いませんでした。

終盤のバス戦も無茶苦茶。「車のボンネットの上に乗りながら運転する」という文章で書くと凄く意味不明な行為に始まり、バスを横転させるまで車内で乱闘を繰り広げる。やりたい放題です。

きっとツッコむ人もいると思います。アクションに理屈がないじゃないかと。

そのとおりです。でも理屈なんて気にしていません。このアクションである理由はただひとつ。「カッコいい」からです。ただのロマンです。ウェディングドレスで狙撃するのだってそう。カッコいいんです。ビジュアルの問題です。他に言うこともありません。

どうやって撮影したのか不思議ですが、「CGを使ったのは安全のためのワイヤーを消す作業など、ごく一部」だそうで、事前にプリビズ(プリビジュアライゼーション:製作段階での簡易なCG映像化)で入念に下準備をしたのち、撮影に臨んだとか。主役を演じた“キム・オクビン”もほぼスタントなしで自分でやったのですから凄いですよ。

悪女 AKUJO

新しい殺し屋の時代は始まったばかり

その極まったアクションの犠牲になっているのか、ドラマパート、とくにストーリーテリングはかなり強引。

一番気になったのは回想です。この映画、回想シーンが凄い突発的に挟み込まれます。しかも、主人公のスクヒがジュンサンに育てられて暗殺者になったのち冒頭につながるまでのパートと、父親を殺されてジュンサンに育てられる子どもの頃のパートなど、回想自体が異なる時間軸で複数展開されるため、何が何だか情報整理するのが大変です。もう「回想」という固形物でぶん殴られた気分になります。

あと、中盤の恋愛パートも好みは分かれる部分でしょうね。これだけ挑戦的なアクションをしておきながら、恋愛は昔ながらの韓国映画によくあるベタなノリだったことに、私なんかは不意を突かれましたよ。ヒョンスのキャラとか王道でしたね。

惜しいなと思ったのが、スクヒが捕まった国家機密組織の殺し屋養成施設のくだり。恋愛パートを少し抑えてもいいから、ここの養成パートをもっと見たかったなと。完全に『ジョン・ウィック』の世界観ですし、どんなトレーニングをするのか見たいという好奇心にかられます。いろいろ可能性はあったのにもったいないです。

そんな風に苦言も言いましたが、最終的にスクヒが殺し屋に目覚めるというオチも、お約束的なハッピーエンドにしていない感じが良いなと思うし、続きが見たくなるくらいです。ほんと、いろいろな映画の殺し屋が結集して殺し合うユニバースとかやってほしい…。

ちなみにアクション以外で個人的に好きなシーンは、スクヒの子どもが口にご飯を入れたまましゃべるシーンです。韓国映画のこういうところ、良いなぁ…。

本作のアクションに理屈はないと書きましたが、本作がこのアクションをする意義は“自己満足”以上のものがあったと思います。そもそも韓国映画界では「女性がアクションをして主役となる」ことに懐疑的な空気があったそうで、期待されない中でも通しぬいた企画だったとか。結果、ここまでのクオリティが生み出されたことは、大きな風穴になったでしょう。

これからの韓国映画ではアクション面でも女性の活躍が増えるかもしれませんね。日本も負けてられません。

↑全編一人称視点のアクション映画『ハードコア』もオススメ。

(C)2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.