僕と世界の方程式
映画『僕と世界の方程式』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:A Brilliant Young Mind 
製作国:イギリス 
製作年:2014年 
日本公開日:2017年1月28日 
監督:モーガン・マシューズ 

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★

あらすじ

自閉症スペクトラムのネイサンは、他人とのコミュニケーションは苦手だが、ずば抜けた数学の才能を持っていた。普通の学校では適応できない息子の才能を伸ばそうと、母のジュリーは数学教師ハンフリーズに個人指導を依頼。ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれる。

心の形は見えないけれど

受験シーズン真っ只中、こんな数学を題材にした映画を観るのは勘弁してくれという人も少なくない…かもしれない。

いや、でも本作『僕と世界の方程式』は、受験でグチャグチャになった心をスッと気持ちよく解きほぐしてくれる、そんな映画です。

主人公は、自閉症スペクトラムという神経発達症を抱えた少年。「自閉症」は言葉自体は聞いたことがありますが、イマイチ具体的にどういう症状なのかよくわからない人も多いのではないしょうか。でも、それは本作を観るうえではとくに気にする必要はありません。

というのも本作は障がいを扱った映画として重くとらえるような作品ではないからです。また、本作は主人公が国際数学オリンピックを目指していく物語ですが、スポ根ものの映画でもありません。さらに「ボーイ・ミーツ・ガール」の話でもあるのですが、恋愛映画というわけでもない。安易に特定ジャンルにすり寄ることなく、少年の心の機微を描くことに徹底しているのが特徴です。多くの若者に当てはまるような爽やかな青春ドラマに仕上がっています。

主人公ネイサンを演じるのは、マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』(2011年)やティム・バートン監督の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(2016年)などで主演も着々と目立つ“エイサ・バターフィールド”。本作では難しい役柄ながら繊細な演技を披露しており、彼の代表作として大切な作品になると思います。






↓ここからネタバレが含まれます↓





X+Y

本作はアメリカでの公開時の英題は「A Brilliant Young Mind」なのですが、実はイギリス映画であり、本国での本来の英題は「X+Y」です。

この原題のとおり、本作では主人公のネイサン(Xとする)が誰か(Yとする)と合わさることで、人生の問題を少しづつ解決していきます。その誰か=Yは、母であり、数学教師のハンフリーズであり、中国チームでパートナーとなった女の子のチャン・メイだったり…。

しかし、ネイサンにとって一番のYは父親の存在でした。ところが、父の運転する車の助手席に乗っていた幼いネイサンに降りかかってきたのは交通事故。本作は全体を通して、国際数学オリンピックや異国の少女との出会いなど様々なイベントが起きますが、その物語の本質は父を失ったネイサンがその喪失と向かい合うまでを描く作品です。

これが明確に提示される、本作の一番のエモーショナルなシーンである終盤のネイサンと母の会話は、役者の演技も相まってグッときます。ラストで再び助手席に乗るネイサンは父の死への葛藤を解決したのと同時に、ネイサン自身もまた誰かのYになれた瞬間なのでしょう。

国際数学オリンピックに向けての勝負に励むカタルシスのある場面や、チャン・メイとのロマンチックなシーンを期待していると拍子抜けするかもしれませんが、そういう本質的テーマを知ると腑に落ちるところも多いと思います。

僕と世界の方程式

そういうテーマは別にしても、中国人の少女チャン・メイとの交流は、それだけでも割と新鮮で観ていて楽しかったです。恋愛に限らず、文化が全く違う異国もの同士が仲良くなっていく過程は、楽しいですよね。お相手が中国人となるのは、中国が国際数学オリンピックの上位常連だからという現実的な理由があるのですが、ストーリーテリング的な狙いもあるように感じます。それは、ネイサンの場合、自閉症であるがゆえにコミュニケーションが苦手というネイサンの欠点が外国人相手だと目立たなくなるという点。そのせいか、本作ではネイサンが障がい者のようには全然見えないです。

本作のモーガン・マシューズ監督は、自閉症の子を障がい者としてあえて異質な存在として描くことはせず、普通に人生に悩む思春期の若者として真っ当に描いています。障がい者の人をいかにも「障がい者です!」的な描き方をして感動を煽る、障がい者の「感動ポルノ」化は私の好みではないので、モーガン・マシューズ監督のこのような姿勢は素晴らしいと思いました。

(C)ORIGIN PICTURES (X&Y PROD) LIMITED/THE BRITISH FILM INSTITUTE / BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2014