札幌シネマフロンティア
より多くの人に映画館で映画を観てほしい…そんな想いで始めた映画館を紹介・評価する「映画館レビュー」。

映画館レビュー企画の第1弾は『札幌シネマフロンティア』です。
 
『札幌シネマフロンティア』は、TOHOシネマズ株式会社が委託運営するシネコンです。

基本情報

開館:2003年
規模:12スクリーン
3D:ソニーデジタルシネマ3D(RealD方式)
IMAX:なし
4DX:なし
チケットのネット予約:可能

どこにある?

JR札幌駅と一体化しているJRタワーの7階に映画館はあります。札幌駅を普段利用している人であればたどり着くのは容易でしょう。一方で、札幌駅に詳しくない人は迷うかもしれません。JRタワーは「アピア(APIA)」「エスタ(ESTA)」「パセオ(paseo)」「ステラプレイス(STELLAR PLACE)」「大丸(DAIMARU)」の5つに大きく分かれます。このうち映画館があるのは「ステラプレイス」の7階です。そして映画館の到達をさらに複雑にしている理由に、「ステラプレイス」にはエレベーター&エスカレーターがいくつかあるのですが、7階に行けるものは1つしかないという面倒さが挙げられます。「ステラプレイス」は東西に長く伸びた構造で、映画館に直通するエレベーター&エスカレーターは中央付近にあります。仮に間違ったエレベーターorエスカレーターに乗っても、6階までとりあえず行き、そこから7階に行けるエレベーターorエスカレーターに乗り換えればいいでしょう。

どんな雰囲気?

2016年2月27日にリニューアルオープンしたことで内装が大きく変わりました。構造自体はさほど変化がないですが、照明も明るくなり、ロビーの広さが体感的に増したような気がします。館内は、札幌周辺のシネコンの中では最もシンプルでわかりやすい構造なので、映画館初心者の人でも安心できるでしょう。

ただし、北海道の中心地である札幌駅に位置する映画館ということで、利用者数も非常に多いです。休日の人気作の上映時はとても混雑するので事前に備えておきましょう。混雑した状態での観賞が苦手な人は、混んでいない平日や他の映画館を検討するべきかもしれません。

ロビーには映画の予告を常時流している大きなモニターと椅子が設置されているので、上映までの時間はそこで待つのもよし。または、ひとつ下の6階のフードエリアで食事をとるもよしです。願わくば、ロビーにもう少し椅子を設置すれば、お年寄りや子ども連れの方には嬉しいとは思いましたが。

どんな映画を公開している?

有名な大作映画は必ずラインナップに揃っているのはもちろん、この映画館でしか上映していない作品も少数ながらあります。アニメ映画が充実している印象も強いです。

劇場規模も最大級で、とくに5番シアターは541席の特大スケール。皆でワイワイ楽しむには最適です。なお、現時点(2017年1月)では残念ながら「IMAX」や「4DX」といった特別上映はありません。「3D」の上映は行っています。

映画上映前の劇場利用やマナーに関する告知動画は、北海道札幌平岸高等学校の生徒が作成したものが流れます。地域密着感があって良いと思います。

料金やサービスは?

映画の料金は、通常は一般で1800円、大学生・高校生は1500円、中学生・小学生・幼児は1000円、シニアは1100円です。特別な割引サービスとしては、毎月1日は全員が、毎週水曜日は男性のみが、毎週木曜日は女性のみが1100円となります。このへんは、札幌周辺のシネコンとほとんど同じ。あえていうなら他の映画館にはない特別な割引がないのが欠点でしょうか。「シネマフロンティアポイントカード」や「JRタワー・スクエアカード」を持っていると一般料金が300円引きになりますが、他の映画館にも似たサービスはあります。

「シネマフロンティアポイントカード」は毎年500円で発行でき、カード提示割引のほかに映画を観るたびに集まるポイントが一定数貯まると映画1本無料の招待券が手に入ります。人にもよりますがだいたい6~8本観れば1本タダになる感じだと考えて良いでしょう。ただし、注意点としてカード提示割引は劇場チケット売場での購入に限定され、ポイント付与もチケット売場・プレミアムショップ(グッズ売場)・シアター入口のいずれかに行く必要ありです。ちょっとネット購入者に厳しいのが残念なところ。

『札幌シネマフロンティア』独自の要素としては、北海道初の自動券売機が設置されています。ただこれは劇場側の人件費削減のメリットが大きく、観客側にはあまり目立った利点はないです。混んでいるときは結局並ぶことになるので、並びたくない人は事前のネット購入を推奨します。

総合評価

初心者おすすめ度 :5/5 ★★★★★
アクセスのしやすさ:5/5 ★★★★★
快適さ      :4/5 ★★★★
映画作品充実度  :4/5 ★★★★
独自の個性    :3/5 ★★★

この記事に書かれている情報は執筆時点のものです。最新情報は公式サイトで確認してください。