海底47m
映画『海底47m』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:47 Meters Down 
製作国:イギリス 
製作年:2016年 
日本公開日:2017年8月12日 
監督:ヨハネス・ロバーツ 

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★★

あらすじ

メキシコで休暇を過ごしていたリサとケイトの姉妹は、現地で知り合った男から、海に沈めた檻の中からサメを鑑賞する「シャークケイジダイビング」に誘われる。水深5メートルの檻の中からサメを間近に見て興奮する2人だったが、ワイヤーが切れて檻が一気に水深47メートルまで沈んでしまい…。

ネタバレなし感想

短いようで遠い「47m」の恐怖

夏真っ盛り。夏の映画といえば…サメ映画ですね。夏休みシーズンはブロックバスター大作やら配給会社一押しの邦画やらがひしめき合っている映画館ですが、そんな列強の中で今年もしっかりサメ映画が公開されています。

去年の夏のサメ映画はロスト・バケーションでした。この映画は、人に知られていない隠れた秘境のビーチを訪れてサーフィンを楽しんでいた女子医学生が突然サメに襲われ、海にポツンとあった近くの岩場に逃げ着き、潮の満ち引きで海面に沈みつつある岩場から巨大サメが泳ぐ海を泳いで脱出しようとするシチュエーション・スリラー。常に持続するスリルと、いかに危機を脱出するかという知能&体力戦が楽しかった作品です。

そして、今年の夏に公開されるサメ映画『海底47m』もまたシチュエーション・スリラーとなっています。

舞台は『ロスト・バケーション』の“海面の岩場”とは真逆。タイトルのとおり“水深47mの海底”です。檻に入って水中の生き物を観察する「ケイジダイビング」を楽しんでいた女性二人が、檻ごと海底に落下して…さあどうする?的な絶対絶命な状況に陥ります。

ダイビング経験が全くない私なのでイマイチ実感がないですが、全くの素人でも最大水深12mまでなら体験ダイビングという形でインストラクターとともに潜れるそうで、通常のレジャーダイビングだと最大でも40mが水深のギリギリらしいです。つまり、水深47mは絶妙なヤバさのシチュエーションなんですね。

本作は低予算映画ではありますが、シャークネード4(フォース)PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星のようなB級お笑いサメ映画とは違う、リアルで緊迫感溢れる真面目なサメ映画なので、そこは期待していいでしょう。

主人公姉妹のうちリサを演じるのは『塔の上のラプンツェル』で声優を務めた“マンディ・ムーア”。歌手活動がメインな彼女が、なぜ抜擢されたのだろう…。とにかく、おおいにパニクってくれます。

では、海底47mへいってらっしゃい。






↓ここからネタバレが含まれます↓





ネタバレあり感想

軽い言動の奴は死ぬ(運命)

不満だらけな現実から逃げるためメキシコで休暇を満喫していたリサとケイトの姉妹二人は、現地で知り合った男とイイ感じになり、テンションMAX。このへんの音楽がジャンジャンかかるパートは、『ロスト・バケーション』の序盤を連想しますね。ただ、『ロスト・バケーション』との違いは、主人公たちがチャラチャラしているということ。サメ映画を見慣れた人ならご承知のとおり、サメ映画において「バカな奴」「軽い言動の奴」はたいてい死にます。もうこの時点で彼女たちに降り注ぐ不幸が決定づけられてます。

ただ、すでに序盤から示されているリサとケイトの性格の違いがこの後の展開に影響してきて、本作の面白い部分になってきます。いざケイジダイビングからの地獄への落下。奮闘むなしく、巨大ホホジロザメによって真っ先に命を狩られたのは、良くも悪くも行動力があったケイトでした。

まあ、これは大方の人の予想どおりだと思いますが、この後、ケイジダイビングを嫌がっていた慎重派のリサに起こる悲劇が…。

サメだと思った? 残念でした!

まさかの幻覚オチですよ。

檻に足を挟まれたリサ。そこへケイトからの通信が。ケイトが生きていることに力が湧いたリサは、BCD(浮力調整装置)を使って檻の下敷きになった足をなんとか解放。ケイトのもとへ泳いで彼女を抱えながら、フレアを駆使して巨大ホホジロザメがうじゃうじゃいる海を泳ぎ飛ばし、無事に海面へ。サメに足を噛まれるも、船に到着。

これ、全部、ボンベの窒素による幻覚でした。リサは相変わらず、檻に足を挟まれたまま…。

いや、劇中でその“幻覚”要素を使う不穏感は確かに匂わせていましたが、こんな大事な場面で思いっきり使ってくるとは。“夢でした”オチはどうしても使うとストーリーがチープになってしまう諸刃の刃なのですが、本作はなかなか大胆な使い方をしてきました。

ただ、私の個人的感想としては、本作のこの大胆さによって、シチュエーション・スリラーの肝である「どうやって脱出するのか?」という観客の関心事をぶん投げちゃったのは残念でした。結論は「救助チームが助けに行くから、じっとしていろ」ってことになりますからね。あの救助チームがサメに襲われないのもご都合主義感がありますし…。

もちろん、そこが主人公の精神的追い込まれ方を最大に表現していて良いんだよ!という評価も理解できますが。それなら、思い切ってバット・エンディングにしてもいいのかも…。

海底47m

魅力的な映像(幻覚)

苦言多めになってしまいましたが、本作には魅力的なシーンもあって、後半、フレアを使うと複数のサメがふっと映像に映し出される場面とかは怖かったです。でも、幻覚なんですけど…。あと、海面に上がった後、サメの目をえぐって格闘するとは思わなかった。でも、これも幻覚なんですけど…。

やっぱり、良いシーンが幻覚なのはなんかテンション下がるなぁ…。

まあ、次作「海底48m」で、リサが復讐として本物のサメ・ファイトを披露してくれればOKです(そんな続編の予定はありません)。ちなみに、ホホジロザメは水深680mくらいは潜れるらしいですよ!(無茶な期待)

©GAGA Corporation. All Rights Reserved.