13th 憲法修正第13条
映画『13th 憲法修正第13条』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。

原題:13th 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本では劇場未公開:2016年にNetflixで配信 
監督:エイヴァ・デュヴァーネイ 

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★
 

あらすじ

刑務所への収監者数が世界最多のアメリカ合衆国。この不名誉な統計を後押しするのは、黒人には犯罪者が多いという根強い偏見と差別意識である。現代のアメリカ社会に公然と存在する、アフリカ系アメリカ人の大量投獄の裏に潜む歪んたシステムを、学者、活動家、政治家が分析する。

憲法が国民を苦しめる!?

日本では「憲法を守る」といった場合、大抵それは平和主義を規定した「第9条」に向けられがちですが、日本の憲法には他にも大切な条文が数多くあります。

そのひとつが「第18条」です。
第十八条
何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
もしこの第18条がなければ、今、社会問題になっているブラック企業どころの騒ぎではない、労働基準法さえも存在しない世の中になっていたかもしれないのですから。

ところ変わってアメリカの憲法にも、似たような条文があります。それが「アメリカ合衆国憲法修正第13条」と呼ばれるもの。

当然、この条文もアメリカ国民を守るうえで大切なもの…と思いきや、実は違う事情が裏にはあった。それを暴き出しているのが本作『13th 憲法修正第13条』というドキュメンタリー映画です。

この作品は先日発表された米アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネートされました。日本ではNetflixで配信されています。アカデミー賞ノミネート作は発表時点では日本未公開なことが多いなか、こうやってすぐ観れるのはうれしいですね。Netflix様様です。

また、本作は「アフリカ系アメリカ人=黒人」の歴史がかなりわかりやすく解説されていきます。最近も、米アカデミー賞作品賞にノミネートされた『Moonlight』や『Hidden Figures』など黒人を主題にした評価の高い映画が続々作られています。こうした作品を隅々までしっかり楽しむためにも、本作は黒人の歴史的・社会的背景を知るうえでの最良の教材となるでしょう。






↓ここからネタバレが含まれます↓





真っ黒なのはその歪んだシステム

私たち日本人はよく「アメリカは治安が悪い」とか「犯罪率が高い」とか言いますし、実際に統計上はそうなのですが、こんな深刻な闇があったとは…。「治安が悪い」や「犯罪率が高い」以上に最悪なこと、それは国家や社会の腐敗だというのが改めて実感できます。こうなってくると、統計さえも信用ならないです

日本にも人種的な問題は乏しいにしても、類似した事態は起きたりしています。去年に公開された『日本で一番悪い奴ら』で描かれた汚職なんてまさにそうです。

13th 憲法修正第13条

ただ、本作はスケールが違い過ぎる。しかも、目的が全く正義ではないのです。加えて、憲法がそれを支えているとは…銃の問題といい、なんでアメリカはいつも憲法が軋轢を生むのか…。

日本の憲法の「第18条」と“ほぼ”同じ「アメリカ合衆国憲法修正第13条」。
修正第13条
第1節 奴隷制もしくは自発的でない隷属は、アメリカ合衆国内およびその法が及ぶ如何なる場所でも、存在してはならない。ただし犯罪者であって関連する者が正当と認めた場合の罰とするときを除く。
 
第2節 議会はこの修正条項を適切な法律によって実行させる権限を有する。
しかし、日本の「第18条」が全ての人に奴隷を認めないのに対して、アメリカの「修正第13条」は犯罪者ならOK。これが、奴隷制度が廃止された今のアメリカにおける新しい奴隷制度として機能している…それが本作に登場する専門家たちの主張でした。つまり、犯罪者が多いのではなく、意図的に増やしている…。もちろん、当事者は否定していましたが、ビジネスになっていることは事実なようで、それだけでもじゅうぶん問題なんですが…。

開いた口が塞がらないです。

ドキュメンタリー映画のお手本

本作ではアメリカの黒人の歴史をひとつひとつ解説しながら、その「裏の事情」につながっていく、その過程が実にサスペンスフル。題材の衝撃性もさることながら、ドキュメンタリー映画として非常に構成が巧みなのが凄いと思います。

こういう何かを暴くタイプのドキュメンタリーは、下手な人だといかにも陰謀論臭くなるものも多いなか、本作は実に客観的です。統計データの活用、専門家の証言の引用、数字やグラフの見せ方…どれもバランスが上手い。

そして、ここが一番重要かもしれないですが、退屈しません。良いドキュメンタリー映画のなかでもテーマは素晴らしいけど、ちょっと眠気が…みたいな作品は割とあります。しかし、本作はブラックミュージックも織り交ぜながら、決して全てが重苦しくならない。やはりここもバランスが絶妙です。ドキュメンタリー映画のお手本のような作品でした。
 
本作の監督は、公民権運動を描いて2015年のアカデミー賞にノミネートされた『グローリー 明日への行進』の監督もつとめた“エイヴァ・デュヴァーネイ”。私は知らなかったのですが、この監督はヒッフホップをテーマにしたドキュメンタリーでキャリアをスタートしているんですね。どうりで音楽の扱いが上手く、語り口が軽妙なわけです。


本作を観ずしてアメリカの黒人問題を語れないくらいの、外せない一作といえるのではないでしょうか。