ルーム
原題:Room
製作国:アイルランド・カナダ
製作年:2015年
日本公開日:2016年4月8日
監督:レニー・アブラハムソン

【個人的評価】
 星 8/10 ★★★★★★★★

あらすじ

7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイ。彼女はその部屋で出産して外の世界を知らずに育った息子ジャックととも暮らしていた。ジャックが5歳になり、部屋のなかだけが世界だと思っている息子のためにも、ジョイは脱出を試みる…。

普遍的な母と子の物語

監禁と聞くと、ジャンルとしてのスリラー映画を連想します。しかし、本作は監禁事件を題材にした話ではありますが、血なまぐさい残酷な描写はあえて避けたつくりになっています。監禁されている部屋からの脱出というサスペンス要素も一応はあるものの、 実は話のメインは部屋から逃げたあとの生活だったりします。

この映画では、親と子の関係や子育てがテーマとなっており、ゆえに共感しやすい作品です。子を持つ親の立場であれば、この物語が心に突き刺さることは間違いないでしょう。
Room_a
「母」であるジョイを演じるブリー・ラーソンは、本作で第88回アカデミー賞で主演女優賞を受賞しており、演技は文句なしです。ブリー・ラーソンは、日本では2014年に公開された『ショート・ターム』でも心の傷を抱えた子どもと向き合う保護者という難しい役どころを見事に演じており、もはや子どもを相手にする役柄であれば右に出る者はいない女優という感じでしょうか。『ルーム』を気に入った人は『ショート・ターム』もおすすめです。
ショート・ターム
しかし、本作一番の名演は「息子」であるジャックを演じるジェイコブ・トレンブレイ君でしょう。本作は息子ジャックの視点で物語が進むため、このキャラクターが魅力的でなければ成り立ちません。映画を引っ張る力のある演技でした。

この2人の演技を見るだけでも十分価値ある作品です。





↓ここからネタバレが含まれます↓




“おはよう”で始まり、“さよなら”で終わる

「部屋」にいる2人の生活は監禁されていることを除けば、普通の母子となんら変わりありません。遊び、食事し、風呂に入り、歯を磨き、歌を歌って寝かしつける。母親はときに子どもの栄養を気にしてビタミンを与えたり、体力をつけるために運動させたり、子どもの健康に気を遣います。そして、言うことを聞かない子どもにイライラすることもあります。何がリアルでリアルじゃないかを息子に教えるシーンは印象的ですが、子育てでは必ず経験することでしょう。この映画はどこにでもある子育ての話を描いているともいえます。

「部屋」から出た後は、監禁という異常事態から解放されたにもかかわらず、2人の母子の関係が崩れかかってしまいます。母ジョイはむしろ葛藤や困難が増えます。対人関係に苦しみ、子どもにも辛くあたってしまいます。対して息子ジャックは、最初は戸惑うものの、同年代の友達もでき、どんどん外の世界に順応していきます。そんな何もかも変わってしまったように見える新しい世界のなかでも、変わらないものが本作では示されています。それが「母と子の助け合い」です。「部屋」にいるときは当たり前に助け合っていた2人ですが、「部屋」脱出後には助け合うことの大切さを再確認します。息子に渡した母の歯と母親にあげた息子の髪は象徴的なアイテムです。「良いママではない」と弱音を吐く母に対して「でもママだよ」と返す息子…母と子にとってそれだけで充分なのでした。

最後に「部屋」の品々に“さよなら”と言う息子ジャックを見ると「部屋」で過ごした時間や記憶はジャックにとっては、ごく普通に通過していく出来事に過ぎないのかもしれません。ジョイもきっと難しく考えすぎたのでしょう。子どもは親の想像以上に成長していくものだなと改めて実感できる映画でした。