マダム・フローレンス
原題:Florence Foster Jenkins
製作国:イギリス
製作年:2016年
日本公開日:2016年12月1日
監督:スティーブン・フリアーズ

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★
 

あらすじ

ソプラノ歌手になる夢をもつマダム・フローレンスは、実はとんでもない音痴だった。しかし、夫のシンクレアは、愛する妻に夢を見続けさせるため、妻自身が音痴であることに気付かないようにあらゆる手段で誤魔化していた。ところがある日、フローレンスがカーネギーホールで歌うと言い出す。

ジャイアンが紅白に出たら…

2016年ももうすぐ終わり、そろそろいろいろな分野で今年を代表するモノが選ばれ、賞などが与えられる時期になりました。でも、自分の評価と世間の評価が合わないときってありますよね。「これ、そんなに良いか?」「え、知らないんだけど」みたいな反応も恒例です。こういう時になると、どれだけの金が裏で動いているのか…なんて邪推する人もでてくるものです。気持ちはわかりますが…。

本作『マダム・フローレンス!夢見るふたり』は、そんな「評価」というものに対する淀んだ心を浄化するかのような清々しい映画です。

時代は1900年代前半のアメリカ・ニューヨーク。主人公は“フローレンス・フォスター・ジェンキンス”という実在する女性です。彼女は莫大な資産を活かしてクラブを設立するほどの音楽好きで歌手を目指しますが、自身には歌の才能は全くといっていいほどありませんでした。ひどすぎる音痴だったのです。ところが、彼女の夫は、金で人を買収するなどしてフローレンスを絶賛させ、フローレンスは才能があると有頂天になってしまいます。そして、音楽家なら誰もが憧れるカーネギー・ホールで歌えることになってしまう…というとんでもない実話です。

日本人にわかりやすく説明するなら、要するに「ドラえもん」のジャイアンと同じ。音痴で有名なジャイアンが紅白歌合戦に出場してしまうようなものです

これだけ聞くと、騙しているなんて最低だ!と、怒りと飽きれの感情が沸き立つのも無理ないですが、映画自体は意外なほどポジティブにフローレンスの半生を描きます。決して馬鹿にしたり、批判するような作品ではありません。

好きだけど、才能はない…そんな人は世の中にたくさんいると思います。というかそういう人のほうが数は圧倒的に多いはずです。本作はそんな平凡な私たちにこそ元気を与えてくれるのではないでしょうか。

本作の監督は、すでに何回か米アカデミー監督賞にノミネートされているスティーヴン・フリアーズ。最近の代表作は『疑惑のチャンピオン』や『あなたを抱きしめる日まで』など。『疑惑のチャンピオン』の評価はイマイチでしたが、『あなたを抱きしめる日まで』は数多くの賞を獲りました。


この監督の評価はやらせではないことは間違いないので、安心して観てください。





↓ここからネタバレが含まれます↓




才能は非難できる。でも努力は否定できない

本作を観る前は、フローレンスの逸話を知ったときの第一印象は、自分勝手な自惚れ屋か、ただの痛々しい人…そんなものでした。

しかし、本作を観た後は、意外なほどフローレンスをポジティブに受け止められます。この理由は、本作におけるフローレンスの生い立ちの見せ方の巧みさが大きいのではないでしょうか。

彼女は子どものころから音楽が好きです。そして、実は音楽の才能はありました。劇中で語られるとおり、8歳のときにホワイトハウスでピアノを披露しています。しかし、その才能と想いとは裏腹にフローレンスの人生には次々と試練が襲います。詳しくは公式サイトに年表がのっているので参照してほしいのですが、まず音楽家を目指すも父に猛反対されて家を出ます。次に17才で駆け落ちして結婚するも梅毒にかかってしまいます。さらに34歳でピアニストを諦め、離婚してしまいます。この後は貧困状態に突入、音楽嫌いな父に頼らざるを得なくなります。

しかし、映画ではこのフローレンスの過酷な人生を描くのをあえて避けています。あくまで最初はコメディで物語が進行するからこそ、親しみやすい導入になります。ところが、調子に乗った金持ち貴婦人なのかと思って観ていると、想像以上に辛い人生をフローレンスが送ってきたことが徐々に語られ、観客も心動かされます。ただの「難病モノ」になるのを防ぎつつ、物語をコメディからシリアスに上手くシフトさせ、彼女にヘイトが集まらないようにする…上手いストーリーテリングでした。

役者陣の嫌みのない名演も本作のポジティブさを後押ししていて良かったです。主演のメリル・ストリープの熱演は語るまでもなく素晴らしかったし、夫のシンクレアを演じたヒュー・グラントも見事にマッチしてました。ただ、個人的に一番はピアニストのコズメ・マクムーンを演じたサイモン・ヘルバーク。フローレンスの音痴が披露される序盤のシーンから、彼の繊細な表情芝居に一気に引き込まれます。
 
マダム・フローレンス

本作の伝えるメッセージはフローレンスの最期の言葉に集約されています。私なりの解釈で表現し直すなら、「才能」を評価するのと「努力」を評価するのは違って、どちらも大切だということだと思いました。劇中でもシンクレアが行っているとおり、確かに評価は金で買えます。彼のやっている誤魔化しは「才能」の評価に対するものでした。だからこそ裸の王様に対する嘲笑のようになってしまう。でも、フローレンスへの「努力」の評価は、先述した彼女の人生を知ればわかるとおり誤魔化す必要ないくらい実は高いものなんです。カーネギーホールでの拍手喝采のなかには「才能」の評価(嘘)に基づく嘲笑もあったでしょうが(というかほとんどそれだと思いますが)、「努力」の評価に基づく純粋な称賛もあったと思うのです。彼女の行為に激怒してカーネギーホールから出ていく人もいましたが、あれは「才能」の評価を仕事にする人ですから当然です。それはそれ。でも、「努力」の評価をしてはいけない決まりはないですよね。

私はフローレンスを素直に尊敬したい。自分だったらこんな状態で夢を追い続ける自信がないですから。そして、このブログでも「才能」の評価と「努力」の評価をきっちり分けて映画の感想を書いていきたいと思うのでした。

(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved