ボーダーライン
原題:Sicario 
製作国:アメリカ
製作年:2015年
日本公開日:2016年4月9日
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

【個人的評価】
 星 7/10 ★★★★★★★
 
あらすじ

麻薬カルテルを取り締まるため、米国防総省の特別部隊に選ばれたFBI捜査官ケイトは、謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の作戦に参加する。しかし、これまでの常識が通用しない現場に放り込まれたことで、自分の善と悪の境界が揺らいでいく…。

「メキシコ麻薬戦争」を体験してみませんか?

「メキシコ麻薬戦争」体験イベント開催のお知らせ

「麻薬カルテル」を許せない、悪い奴をぶっ倒したい…そんな方に朗報です。アメリカ政府主催の「メキシコ麻薬戦争」体験イベントの参加者を現在募集中。あなたの正義が輝くときです。事前知識が全くない人でも心配ありません! 専門のスタッフがあなたのそばでサポートします。

・年齢、性別は問いません。
・開催地や日程、内容などについて現地にて説明いたします。

こんな募集があっても普通はお断りだと思いますが、信じないでくださいね。

でもそもそも「メキシコ麻薬戦争」を知らない日本人は多いと思います。「メキシコ麻薬戦争」はイラク戦争のような大戦とは違って日本ではほとんど報道されないので日本人の認知は非常に低いのですが、もう深刻どころか絶望的状況にあるのです。

“知りたいけど現地には行きたくない”…そんなときに便利なのが「映画」

「メキシコ麻薬戦争」を知るなら、ぜひ本作『ボーダーライン』を観てほしいです。

「メキシコ麻薬戦争」を題材にしたドキュメンタリー映画では『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』(2015年)なんかがありましたが、『ボーダーライン』はストーリーのある、あえていえば“普通の”映画です。なので、観やすいと思います。主人公自身が「メキシコ麻薬戦争」についてよく理解していない人ということもあり、スムーズに感情移入できるでしょう。


一方、「メキシコ麻薬戦争」の知識があるよという稀有な日本人は、本作も新鮮に楽しめるはず。なんていったって監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ

『灼熱の魂』(2010年)、『プリズナーズ』(2013年)、『複製された男』(2013年)と個性の強烈な作品を次々と世に送り出して存在感が増している“名前の言いづらい”映画監督のひとりです。


ヴィルヌーヴ監督過去作と比べて『ボーダーライン』は大人しめというかやっぱり“普通な”感じはしますが、それでもヴィルヌーヴ監督らしい“普通じゃなさ”も詰まっています。いわゆる掃いて捨てるほどあるようなクライム・サスペンスとかアクションのジャンル映画とは一味違うのが魅力でしょう。

俳優も注目で、とくに謎めいたコロンビア人を演じる“ベニチオ・デル・トロ”の演技は釘づけになります。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の“コレクター”などエンタメ系作品でも脇役でありながら存在感を発揮できる役者ですが、本作ではある意味「影の主人公」です。『スター・ウォーズ エピソード8』(2017年公開予定)で悪役を演じるとのことで、今後一般にも知られるとうれしいなと思います。

「メキシコ麻薬戦争」モノ映画につきものの、観終わった後の絶望感は本作でも変わらず。でも、実際に起こっていることですから、目を背けないで…。映画の主人公の女性と同様にあなたの平和意識がぐちゃぐちゃになること間違いなしです。





↓ここからネタバレが含まれます↓

 


暗殺者が最後にみせる「殺し」

絶句です。

本作の欠点は(映画製作者になんの非もないけれど)救いがないこと…そう言いたくなるくらいの絶望でした。

「死亡フラグをたてる」という言葉がありますが、この映画の舞台の場合、悪いフラグが自分の意思とは無関係に次々たちあがっていく恐怖があります。

映画序盤、対麻薬カルテル特別部隊に所属した主人公は車に乗せられ、自分の意思とは関係なくメキシコのある街を進行します。この様子、まるでディズニーランドのジャングルクルーズみたいです(私はジャングルクルーズが子どものとき好きでした)。最初の作戦会議は、よくあるアトラクションの注意説明。乗り物が動き出し、外の光景を見ながら楽しむ。徐々に不穏な空気が高まり、最後にドーンとびっくりポイントが用意されている。

しかし、ここは夢の国ではなく、メキシコ・フアレス。地獄です。しかも、これはほんの序の口だったという…。

この場面は、不安定なカメラと不穏なBGMが組み合わさって、ヴィルヌーヴ監督らしい「不吉」演出がとにかく怖かったです。

そんな地獄体験をさせられるFBI捜査官ケイトは、クライム・アクションのジャンル映画だったら到底主人公とは思えないくらい、終始翻弄されっぱなし。表面的に見れば、弱すぎる甘ったれた人間にもみえなくもない。ただ、彼女は別にたるんでいるわけではないのです。冒頭の突入シーンでは、見事な射撃技術を披露して、仕事にも熱心でした。私なんかよりもはるかに精神的にも肉体的にもしっかりしているし、おそらく平均的な警察官よりは優秀なんじゃないかと思います。

でも、絶望する。そこにこの映画が見せたいことがあるのでしょう。

劇中において、ケイトはただひとりの女性警官ではなく、アメリカを体現するような存在として設定されています。ベトナム戦争、アフガニスタン紛争、イラク戦争…戦いが起こるたびにアメリカの正義が揺らいできました。そんなアメリカの正義を崩壊させる戦争のなかでも、アメリカのすぐそばで起こっているのが「メキシコ麻薬戦争」です。ボスの悪い奴を倒し、民主化して、自由の国にすれば「平和」だ…というアメリカの正義はもう通用しない。これはアメリカの正義が隣国メキシコの世界に負ける物語といえます。過去作を観てもそうですが、史実をうまく物語化する才能がヴィルヌーヴ監督にはあると感じます。

アメリカの正義を完膚なきまでに打ちのめす対麻薬カルテル特別部隊のメンバーであり実は別の麻薬カルテルのメンバーだった“アレハンドロ”を演じたベニチオ・デル・トロ。彼の演技が良すぎて、ケイトのキャラがますますたたない状態になっているのは映画にとって良いのか悪いのかはわからないですが、私は楽しかったです。ベニチオ・デル・トロは、日本で今年公開された『エスコバル 楽園の掟』という作品でも、実在したコロンビア最大の麻薬カルテルのボス「麻薬王 パブロ・エスコバル」を演じており、なんか麻薬カルテル専門の俳優みたいになってます。
ボーダーライン
映画の原題「Sicario」は冒頭で示されるとおり、メキシコで「hitman(暗殺者)」を意味する言葉。映画は暗殺者であるアレハンドロがケイトを殺して終わりなのかと思いきや違った。アレハンドロは最後にケイトを見事に「黙殺」させる。そういう変化球な「殺し」で終わるのがこの映画の上手いところです。

ラスト、子どもたちがサッカーをしているなか、遠くで銃声がし、いったん止まるが再開する光景。メキシコの人たちが当たり前にしている「黙殺」。そしてケイトも「黙殺」したということは、メキシコの一部に加わったということにもなります。

この映画を観た私たちも「黙殺」されるしかないのかと思うと、ただただ無力感しか感じません…。