ハドソン川の奇跡
原題:Sully
製作国:アメリカ
製作年:2016年
日本公開日:2016年9月24日
監督:クリント・イーストウッド

【個人的評価】
 星 8/10 ★★★★★★★★
 
あらすじ

2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がニューヨーク・マンハッタンの上空でエンジンが停止した。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーはハドソン川に着水させることに成功、全員が生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

奇跡を検証する意味

今、日本では「築地移転問題」がメディアを騒がせていますが、本作『ハドソン川の奇跡』も案外無関係ではないかもしれません。

本作は邦題のとおり「ハドソン川の奇跡」と称された、2009年1月15日にニューヨーク・マンハッタンで発生した「USエアウェイズ1549便不時着水事故」を題材にした映画です。日本でも報道されましたし、比較的最近の出来事ですから覚えている人も多いはず。乗員・乗客全員を無事に生還させたことで、サレンバーガー機長はヒーローとして喝采されました。

しかし、この映画は普通にサクセスストーリーを描くわけではないのがポイントです。

実は事故後、機長は国家運輸安全委員会から判断の妥当性をめぐって厳しい追及を受けていました。その調査の過程が映画の主題となります。まるで映画自体が調査しているみたいに。

映画ができる役割のひとつに「検証」があると思います。歴史上の出来事をさまざまな視点から描き直すことで、その事象を客観的に観客が見つめ直す機会を与える…そして理解を深めてもらう。『スポットライト 世紀のスクープ』や『マネー・ショート 華麗なる大逆転』はまさにそういうタイプの映画です。

でも、こうした“検証”映画が題材にするのは、たいていネガティブな事件・事故でした。対して、本作の特筆すべきは、奇跡として皆が称賛する成功談を検証している点。普通なら何でこんなことをするの?と思うところです。終わりよければ全てよしでいいじゃないかと…。

クリント・イーストウッド監督はなぜ本作を撮ったのか。

私はイーストウッド監督は「9・11」以降のアメリカを“検証”しているんだと思っています。そういう意味では前作『アメリカン・スナイパー』とやっていることは同じです。


「USエアウェイズ1549便不時着水事故」は日本人にしてみれば航空機事故ですが、アメリカ人にとってそんな単純なものではありません。「9・11」は航空機によってもたらされた悲劇…ビル群を低空で飛ぶジャンボジェットの光景はニューヨーク市民にとってはトラウマです。それに対して、この不時着水は航空機によってもたらされた救い。劇中にもセリフがありますが、航空機がらみの嬉しいニュースなわけです。ニューヨーク市民に「死の運命を乗り越えられるんだ」というとてつもない希望を与えたことでしょう。

イーストウッド監督はこれを「良かった良かった」で終わらせず、事故を検証することで「アメリカの希望につながる、運命を乗り越える方法」を提示したいのでないでしょうか。

何の要素が運命を乗り越えることにつながったのか…それは劇中ではっきり示されるので、ぜひあなたの目で確認してください。

それにしても、本作は渋い。主演のトム・ハンクスは60歳、監督のクリント・イーストウッドにいたっては86歳(!)ですよ。若い俳優がやんちゃしたり、体当たりで演技したりする映画ばかりのなかで、一際目立ちます。それが堪らないんですけど。

酸いも甘いも噛み分けた歴戦の老兵であるイーストウッド監督が仕事におけるやりがいを見せる映画ですから、ぜひ若い人にも観てほしい一作です。





↓ここからネタバレが含まれます↓




イーストウッド監督が示す正しい検証の姿

本作ではカタルシスやサスペンスをあえて描かずに、検証に徹しているのにもかかわらず、ここまで面白い。さすがイーストウッド監督としか言いようがないです。

「検証」、もっと身近でいえば「反省会」って残酷だったりします。経験あると思いますけど、「反省会」のあの雰囲気…互いに探り探りでなんともいえない気まずさ。いつのまにか口論に発展したり、はたまた誰かが誰かを怒鳴りつける場に様変わりしたり。苦手な人も少なくないのでは?

検証や反省が大事なのは言うまでもないけれど、なんでこんなにも嫌な感じになるのか。

それは検証の目的が「真実の追求のため」から「責任者or犯人探しのため」に簡単にオーバーラップするからでしょう。確かに一般人やメディアの関心は後者に集まるし、常に責任を問われる政治や企業ではしかたがないともいえます。

本作でも、乗客全員を救ったはずの機長が検証にひたすら苦しめられる過程が描かれます。観てる側としても「ここまで責めなくても」と同情したくなるくらい、可哀想な状況です。あの嫌な感じが良く表れていました。
ハドソン川の奇跡
映画は、前半は機長が責められるひたすら重々しいシリアスなトーンですが、バーでの報道番組の一言がきっかけで今まで受け身だった機長が反転します。具体的には、コンピュータではなくパイロットを使ったシミュレーションを提案し、機長自ら検証に乗り出します。

そして、結局、判断時間の人的要因を考慮したパイロット・シミュレーションでは誰も滑走路まで飛行できず…。機長に非はないとして勝つわけですが、なぜ勝てたのか。

国家運輸安全委員会の面々は一見すると嫌な奴らにも思えますが、彼ら彼女らもまた仕事として検証しているだけ。決して機長を陥れようとしているわけではないです。そして、機長もまた自分を正当化したくて検証するわけでもありません。

そんな国家運輸安全委員会と機長の差は、仕事に対する愛というか職人魂というか、そういうものでしょう。そして、これこそイーストウッド監督が示す正しい検証の姿なのです。

劇中でも、機長の真摯な仕事姿が淡々と描かれていました。ハドソン川に浮かぶ機内に最後まで残り、乗客の避難を確認する。事故後のホテルの部屋でも制服を脱がない。155人全員の無事を確認するまで、機長は緊張を解きません。真面目すぎる仕事への姿勢がこの機長を象徴する全てです。その結果が奇跡につながりました。

終盤に映し出される不時着水に至るまでの過程に、検証に参加したメンバーが(そして観客の私も)心打たれるのは、やっぱりこの仕事愛に感動するから。事故の再現映像にこういう意味をもたせる演出力、やっぱりさすがイーストウッド監督だなぁ(2度目)。

最後に笑いがあるのがまたいいですね。

検証には仕事への情熱がいる…当たり前だけど忘れがちなことです。「築地移転問題」も、より良い卸売市場を作るんだという情熱に基づいて検証している人はいるんでしょうか…。