ノック・ノック
原題:Knock Knock
製作国:アメリカ
製作年:2015年
日本公開日:2016年6月11日
監督:イーライ・ロス

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★★
 
あらすじ

妻と子どもと離れ、仕事のために1人留守番することとなった父親エヴァン。その夜、ノックの音に玄関のドアを開けると、2人の若い女性が立っていた。道に迷ったという2人を親切心から家の中へ招き入れたエヴァンは流されるままに彼女たちと一夜をともにしてしまう。それは地獄の始まりだった…。

最弱のキアヌ・リーブス

学生たちがジャングルの奥地に住む食人族に食べられまくる『グリーン・インフェルノ』を監督したイーライ・ロスの最新作であり、本作も非常に悪趣味極まりない中身となっています。

公式には宣伝されていませんが、本作は1977年に公開された『メイクアップ』(邦題では「狂気の3P」というマヌケな副題がついてます)の実質的リメイクです。本作のストーリーの大筋も『メイクアップ』をほとんどなぞっています。唯一違う点はラストです。『メイクアップ』には衝撃のラストがありましたが、本作は…その目で見て確認してください。

主人公を演じるのはキアヌ・リーブス。キアヌ・リーブスといえば2015年に公開された『ジョン・ウィック』では愛する妻の残した愛犬を殺されたことがきっかけで復帰した最強の殺し屋を熱演、カッコよくアクションを決めていました。しかし、本作ではそれとは真逆。凄まじい落差です。弱い、情けない…残念すぎるキアヌ・リーブスが見られます。
Knock Knock_a
主人公エヴァンは理想的な家族を持つ普通の父親。雨の激しく降るある日の晩、留守番をしていたエヴァンは家のドアをノックする音を聞きます。そこにはずぶ濡れの若い女性が2人。しかも美人です。世の男はこういうシチュエーションに遭遇したらどうするでしょうか。家に招き入れる? その理由は表面的には親切心かもしれませんが、でも下心が絶対ないといいきれますか? こんな状況になってみたいと正直に断言する人もなかにはいるでしょう。しかし、男以上に女のほうがゲスの極みだった! 美女の皮をかぶった狂人がそんな男を滅茶苦茶な目に遭わせる映画が『ノック・ノック』です。どれくらい滅茶苦茶かというとたいていの人はドン引きするレベルです。グロ要素はないですが、エロ要素はたっぷりあります。ただ、それ以上に胸糞悪い描写の連続です。やりたい放題、阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられます。

内容が内容だけにかなり人を選ぶ映画であることは間違いなく、誰かと一緒にこの映画を見に行く際はよく考えて注意しましょう。





↓ここからネタバレが含まれます↓




優しさは無力

本作はスリラーらしく、美女二人が暴虐の限りを尽くす映像は凄まじいの一言です。この美女二人は完全にサイコパスの領域であり、やらかす行為は元映画である『メイクアップ』とほぼ同じ。『メイクアップ』では男の飼い猫を殺したりしていたので残酷度は抑え気味のようにも思えますが、美女二人を演じる役者陣の生き生きとした演技もあいまって『メイクアップ』以上にハチャメチャ感があります(二人は未成年にはどうしたって見えないけれども…)。

しかし、映画を見る前は、快楽に負ける情けない男を描いた作品だと思っていたのですが、案外違ってました。

エヴァンがつい下心で美女を招いて体を交えてしまったのならまだ話としてわかるのです。どんなに綺麗事を言って善人ぶっても男は男、性には抗えないということであれば、エヴァンが酷い目に遭っても自業自得として納得できます。

でも、本作ではエヴァンは純粋に良い人でした。パーティに来たけど場所がわからず友達とも連絡がとれないからネットを使わせてほしいとお願いしてきた見ず知らずの女二人に、心優しい親切なエヴァンはiPadを貸し、体を拭けるようにタオルも渡します。そして、家まで帰れるようにタクシーを手配してあげるという気遣い。別に家にあがらせようとするわけでもなく、どちらかと言えば早く帰ってほしいという態度が最初からありました。一番の問題は、シャワー室でのセックスシーン。本作では美女の裸をみて一時の気の迷いで体を交えるわけではなく、半ば強引に男側がレイプされるような描写になっています。これではエヴァンは悪くありません。エヴァンには人から嫌われるような非がないのです。あえて探すのなら彼は比較的裕福な生活を送っていた「金持ち」ともいえますが、だからといって貧困層をバカにしたりするわけでもなく、真面目に働いていました。

エヴァンは下心に屈する不純な男というよりも、単に優しすぎてはっきり行動できない男でした。よく考えれば、妻と子が遊びに行ってるのに大人しく家で独り留守番しているあたり、このエヴァンは他人に強く言えない性格なのでしょう。
Knock Knock_b
今回の一件は「親切だった」ことが招いた悲劇です。『ノック・ノック』では、サイコパス女たちがエヴァンを懲らしめた理由が「普通の男なら快楽に負けて私たちに合わせて楽しんでくれるのに、あなたは真面目すぎた」みたいな感じになっていたので、不純な男への罰という狙いがこの映画にはないのでしょう。イーライ・ロス監督が見せたのは「親切なんて狂人の前では無力だ」ということ。つまり、元映画『メイクアップ』とは狙いが全然違う作品になっているのです。

だからこそなのか、本作は元映画『メイクアップ』とラストが決定的に違います。『メイクアップ』では、暴れまくった美女二人が男の家を後にして道路に出た瞬間、車に轢き殺されるという衝撃的な結末を迎えます。一方、本作ではエヴァンはやられっぱなしで、美女二人は何の罰も受けません。これには正直言って物足りなさを感じる人もいるのは当然でしょう。でも、カタルシスがないのがこの映画の意図なのです。

凶悪美女の後を継ぐさらなる悪人は…

しかし、さすがイーライ・ロス監督。元映画にあった衝撃シーンを削ってその代わりにさらなる意地悪をぶっこんできました。庭に首から下まで埋められ身動きの取れないエヴァンに対して、サイコパス女は彼のスマホを使って撮影していたセックス動画をSNSに流すというイマドキな嫌がらせをします。そして、スマホの画面上には動画が支持され拡散されていく様子が淡々と映し出されます。

つまり、イーライ・ロス監督は「ゲスの極みはインターネットで便乗して騒ぐ奴ら、おまえらもだよ!」と暗示しているのでしょう。このメッセージは、『グリーン・インフェルノ』にもありました(ネット上でのみ偉そうに正義を語る学生たち…でも彼らは食人族に食べられて痛い目に遭っていました)。

映画の賛否はともかく、体を張りまくったキアヌ・リーブスには「羞恥に耐えてよく頑張った大賞」をあげたいです。親切なダメ男であるエヴァンを演じたキアヌ・リーブスは、されるがままに振り回される弱い男の役がぴったり。銃さえもまともに取り扱えないところはなんとも情けない…。キアヌ・リーブスへの好感が増しました。

本作にカタルシスがなくて物足りないという人は、映画物語の後に、お腹を空かせた食人族と殺し屋に復職したキアヌ・リーブスがサイコパス女とネット住民を強襲したという想像で楽しみましょう。