ダーク・プレイス
原題:Dark Places 
製作国:イギリス・フランス・アメリカ
製作年:2015年
日本公開日:2016年6月24日
監督:ジル・パケ=ブレネール

【個人的評価】
 星 4/10 ★★★★
 
あらすじ

1985年、カンザスの田舎町で母親とその娘2人が惨殺される事件が起き、生き残った8歳の末娘リビーの証言により15歳の兄ベンが逮捕された。そして時は流れ31歳になったリビーは、有名事件を語り合う「殺人クラブ」からの招待状が届いたことで、忌まわしい事件の真相を探りはじめる。

『ゴーン・ガール』原作者ギリアン・フリンの2作目

本作の原作者はあの『ゴーン・ガール』の人です。原作者ギリアン・フリンはデビュー作『Sharp Objects』(邦題『KIZU-傷-』)で高い評価を受けた女性推理作家。そして、3作目となる『ゴーン・ガール』がベストセラーとなりました。『ゴーン・ガール』はご存じのとおり2015年に映画化され、映画としても成功を収めました。

『ダーク・プレイス』はギリアン・フリンの2作目となる小説『冥闇』が原作となります。映画『ゴーン・ガール』を気に入った人のなかには、本作にも期待している人が多いのではないでしょうか。また、原作小説ファンもどう映画化されているのか気になるでしょう。


私は原作小説を読んでいないので、原作の内容がどこまで映画化されたのか評価できません。そこであくまで原作を知らない視点からの感想となります。

原作を知らない人向けに簡単に説明すると、原作者が同じということもあり、どうしても『ゴーン・ガール』と比べてしまいますが、本作も『ゴーン・ガール』と同様に、現在と過去で時制を行き来きしながら、事件の真相が明らかになっていきます。また、『ゴーン・ガール』では男と女それぞれの価値観や特性から浮かび上がる歪みやすれ違いによって事件が起きますが、本作も基本的にその通りです。『ゴーン・ガール』では「夫婦」がテーマでしたが、『ダーク・プレイス』は「家族」がテーマとなっています。

出演陣にも注目です。主人公であるリビー・デイを演じるのはシャーリーズ・セロン。そして、リビーが事件の真相を探るきっかけをつくる「殺人クラブ」のメンバーの男をニコラス・ホルトが演じています。なので『マッドマックス/怒りのデス・ロード』でフュリオサとニュークスを演じた二人の共演となります。あとは、クロエ・グレース・モレッツが嫌な女の役で登場しますので、こうした役者陣のファンも楽しめると思います。

もちろんミステリー好きには見逃せない一作にもなるはずです。






↓ここからネタバレが含まれます↓




単調な謎解きと先の読める悪役

本作はリビーがさまざまな関係者に会いながら、過去の回想シーンを挟みつつ、事件の真相が次々と明らかになっていきますが、感想としては単調に感じました。

単調な理由としてまず映像の問題があります。とくに過去シーンです。この過去の場面の描き方が、モノクロだったり、POVだったりと、統一感がありません。そこだけ下手なホラー映画みたいになってしまっています。

物語の謎解き部分もリビー・デイが関係者に合っているだけなので、あまり面白くないです。リビーが割とひとりでどんどん事件の真相を明らかにしていってしまい、なんで今まで事件の真相を探らなかったのか不思議なくらいです。これなら警察でも真相を明らかにできただろうにとも思います。せめてリビーにしかわからない事件の鍵をあって…というのであれば話は通るのですが。

また、「殺人クラブ」が謎解きにほとんど絡まないのが残念でした。「殺人クラブ」という存在が登場したときは、私はそれぞれのメンバーの得意分野を活かして謎を明らかにしていくストーリーなのかと思いましたが、全く違いました。「殺人クラブ」の面々は最初に登場したきりで、ニコラス・ホルト演じるライルが唯一最後まで関わってきますが、謎解きにそこまで印象に残る活躍をしません。せっかく「殺人クラブ」という面白そうな要素があるのにもったいなかったです。
ダーク・プレイス
登場人物については出演陣がみな素晴らしい演技をしていましたが、シナリオ上の設定に難があるせいか、キャラにのれませんでした。リビーの兄ベン・デイは「殺人クラブ」が考えていたとおり実は冤罪で事件の真相を隠していたわけですが(といっても真相を知っていたのに言わなかった以上、幇助したことになりますが)、そこまで隠す必要はあったのか疑問が残ります。

あと、ベンの部屋から女性用の下着が見つかるくだりは、自分のまだ生まれてさえいない子どものために買ったものというのは、さすがに無理がある気も…。普通は買ってもオムツでしょう。

何よりもベンの恋人ディオンドラというキャラの意外性のなさ…。初登場時から悪そうな匂いをぷんぷん漂わせるディオンドラは、意外な展開もなくただただ本当に悪い女でした。『ゴーン・ガール』でも、妻の悪性が出るシナリオとなっていましたが、あれはまだ夫にも問題があり、同情の余地がありましたし、過去は良い夫婦関係が描かれており、その変化を楽しめました。本作のディオンドラは最初からストレートに悪い奴で、過去にはベンを、現代にはリビーを悩ませる諸悪の根源です。ディオンドラの悪性が目立ちすぎて、終盤明らかになる母親の決断にも全く重さが伝わってきません。結局、母親が殺人(自殺偽装)を依頼するまでもなく、ディオンドラが皆殺しにしていたんじゃないのかとさえ思ってしまいます。悪魔崇拝に傾倒しており、近所の少女に性的イタズラをしたという疑いがあるベンがやはり犯人なのかというミスリードも全く機能していません。

小説だったらディオンドラが最初は悪くは見えないのかもしれないですけど、映画だと映像に映ります。もうちょっとディオンドラの見せ方を工夫すべきでしたね。

もしかしたら原作そのもののシナリオに問題があるのかもしれないですが、そうだとしても、そこを上手くフォローして作品に仕上げるのが映画化の役割です。本作のように映画化により余計にダメな部分が際立ってしまっては意味なしです。