ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
原題:Jack Reacher: Never Go Back
製作国:アメリカ
製作年:2016年
日本公開日:2016年11月11日
監督:エドワード・ズウィック

【個人的評価】
 星 4/10 ★★★★
 
あらすじ

元アメリカ軍のエリート秘密捜査官ジャック・リーチャーは、現在は孤独に街から街へと放浪の旅を続けていた。ある日、ケンカ騒ぎの末に保安官に連行されそうになるのを機転を活かして回避する。そして、元同僚のターナー少佐に会うため軍を訪れると、ターナーはスパイ容疑で逮捕されていることを知る。

トム・クルーズ、なおも奮闘中

本作は「頑張ってアクションするトム・クルーズを見守る」シリーズの最新作です(注:勝手につくりました)。

『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』(2015年)にて、まだまだいけるぜなところを見せてくれたトム・クルーズ。2016年も奮闘してます。

本作『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は続編作品です。タイトルだけみると第1作なんてあったか?という感じですが、第1作の邦題は『アウトロー』(2012年)だったのでわからないのも無理はない(原題は「Jack Reacher」でした)。でも、第1作を見ていなくても大丈夫なお話しなので、気にする必要はありません。


というか、今作は前作と比べて良くも悪くも作品性がかなり変わっています。

トム・クルーズ演じる主人公のジャック・リーチャーは、“はみ出し者”であるゆえに社会から外れた一匹狼として、独自の価値観で活躍していくのが魅力だった前作ですが、今作では一匹狼ではありません。本作のエドワード・ズウィック監督も明言しているとおり、作品の主軸に疑似家族的なドラマが加わっています。ちなみに監督のエドワード・ズウィックは、過去作でいえば日本では『ラスト サムライ』(2003年)が有名です。『ラスト サムライ』にも疑似家族的な要素がありましたね。

また、前作では、突如発生した無差別狙撃事件の真相に、警察さえも上回る専門的知識を駆使して迫っていくというミステリーサスペンス要素もありましたが、今作ではそれもなし。ジャック・リーチャーのプロフェッショナル感も抑えめです。その代わり、スーザン・ターナーという新しいパートナーの活躍が目立ちます。このスーザン・ターナーを演じる“コビー・スマルダース”という女優、誰だろうと思ったら、『アベンジャーズ』シリーズで秘書的ポジションとして登場するマリア・ヒルを演じていました。サポート役にしては存在感ある人でしたから、本作で見事に出世です。

これらをもって「作品にさらなる広がりが増えた」とプラスに解釈するか、それとも「普通のアクション映画になった」と捉えるかは人それぞれですが、少なくとも前作ファンは「こんなのジャック・リーチャーじゃない」とガッカリするかもしれません。そんなの気にてないよという人は、普通に楽しめるんじゃないでしょうか。





↓ここからネタバレが含まれます↓




トム・クルーズも圧倒する女性陣

前作『アウトロー』は、イマドキのアクション映画ではそうそうないオールド・スタイルな作風が印象的でしたが、今作で追加された主軸である疑似家族もある意味昔からある古典的な要素です。

前作で面白かった、ジャック・リーチャーが周囲から浮いているがゆえのギクシャクしたコメディが今作でも健在で、それが疑似家族から浮くというかたちで表現されているのが本作独自の愉快さ。ジャック・リーチャーを家族に馴染めない父親っぽいキャラにしているのは、製作者側が明らかに狙った結果です。ターナーとサマンサに食事を持っていったジャック・リーチャーが受け取ってもらえるもののバン!とドアを閉められるとか、ターナーがサマンサに格闘術を教えるのを見ているだけとか、常に疎外感のあるジャック・リーチャーが可笑しい。なんかトム・クルーズに合ってます。
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
ただし、これはギャグとしては確かに面白いのですが、ジャック・リーチャーのアイデンティティとは上手くかみ合っていないようにも思ってしまったのが本作の残念さ。社会から孤立するジャック・リーチャーが既存の社会に暮らす人たちを翻弄するのが魅力なのに、本作では冒頭、つまりジャック・リーチャーがひとりのときはいい感じだったのに、劇中大半はジャック・リーチャーが翻弄されっぱなしです。

これもあれも原因はターナーとサマンサという2人の新キャラにある気がします。

ターナーは一般人とはとても思えない強烈なキャラです。修羅場への場慣れさでいえば、ジャック・リーチャーと互角。何食わぬ顔でとりあえず身の回りのものを武器にする彼女は普通じゃないです。レストランの厨房で戦いのシーンなんて、武器を探すとなったら一般人であれば包丁を手にしそうなのに、なんだあの鈍器は? アメリカ軍にはこんなのがゴロゴロいるんだろうか…。ターナーに限らず、悪役も電話で殴るとかしてましたから、たぶんこの世界では殴打が最強なんでしょう。相変わらず痛さが伝わるアクションは良かったです。

サマンサも負けていません。まず初っ端からジャック・リーチャーの尾行に気付くという才能を発揮。もうこの時点でただものじゃないんですが、さらに後のシーンでは大胆な盗みを平然と行います。バックまるごと盗むのはさすがにすぐばれちゃうだろうと思わなくもないですが、ジャック・リーチャーとターナーは気にしてない様子でした。

この疑似家族、狂ってる…。ターナーとサマンサはラストで社会復帰し、普通の生活に戻ったみたいに描かれていましたが、あの2人こそアウトローじゃないですか。とにかく2人のキャラがたちすぎてジャック・リーチャーが霞んでました。

全体的にジャック・リーチャー自身がこの映画に馴染めていない感じがしました。「俺の居場所はどこだろう…」と。

別作品の話ですが、作品の方向性を早期に確立した『ジェイソン・ボーン』シリーズは、最新作でマンネリ化の罠にハマってました。これはこれで問題ですが、一方の『ジャック・リーチャー』シリーズは、2作目で作品の方向性がぶれ始めるというのは、若干心配です。

でも、思えば『007』シリーズだって作品の方向性が確立したのは数作品つくってからでしたし。長い目で見守ってあげるくらいでいいのかも。5、6作くらい続いたら方向性が確立するかもしれませんし…。そんなに企画がとおるのかという問題は別にあるけれど。というかトム・クルーズはそんなにもつのだろうか、『ジャック・リーチャー』シリーズよりもそっちが心配です。

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.