コウノトリ大作戦!
原題:Storks
製作国:アメリカ
製作年:2016年
日本公開日:2016年11月3日
監督:ニコラス・ストーラー、ダグ・スウィートランド

【個人的評価】
 星 6/10 ★★★★★★
 
あらすじ

ひとりっ子で、まだ見ぬ弟と遊ぶことを夢見るネイトは、物置で古びた「赤ちゃん申込書」を見つける。ネイトが大喜びで書いた申込書の到着先はコウノトリ宅配便社だった。ところがコウノトリ宅配便社では、かつて起こったある事件をきっかけに、赤ちゃんのお届けを禁止していた。

赤ちゃんはどこからくるの?

日本ではコウノトリは絶滅危惧種で、野生では絶滅してしまったので、人工繁殖による再野生化の取り組みが行われているそうです。人間が頑張ってコウノトリの赤ちゃんを育てて各地へ運んでいるわけですが、コウノトリの伝承ではコウノトリが人間の赤ちゃんを運んできてくれるもの。逆転しているのが、なんとも考え深い。

そんな今や昔懐かしいコウノトリの言い伝えを、ハイセンスなアニメーションを駆使して現代バージョンにリニューアルしたのが本作『コウノトリ大作戦!』です。

とにかく世界観がぶっとんでいます。まず、コウノトリたちが従業員として働く、まるでAmazonみたいにシステム化された大規模な宅配便社があります。そして、赤ちゃんが謎の技術で工場生産されている…。これだけ聞くとディストピアなのかと思いますが、この作品の世界ではいたって普通、大真面目です。

このアニメーションを製作するのは「Warner Animation Group」。あの有名なワーナー・ブラザースの抱えるアニメーション部門を再組織し、2013年に設立されました。設立の経緯はWikipediaなどを参照てほしいですが、なんでもピクサーのアニメづくりの手法を導入しているとか。「Warner Animation Group」の第1作は批評家からも高い評価を受けた『LEGO ムービー』。個人的にも大好きな一作です。


本作は「Warner Animation Group」の第2作であり、『LEGO ムービー』の監督であるフィル・ロードとクリストファー・ミラーも製作総指揮に名を連ねています。『LEGO ムービー』ファンにも見てほしい作品です。

このエキセントリックな世界観設定、今年のアニメ映画でいえば『ソーセージ・パーティー』と肩を並べるかもしれない。『ソーセージ・パーティー』と違って下ネタの一切ない世界ですから、家族でも安心して観れます。もし子どもに「私もコウノトリが運んできてくれたの?」と聞かれたら、自信をもって「そのとおりだよ」と言えるでしょう。





↓ここからネタバレが含まれます↓




主役の鳥よりも輝くオオカミたち

スラップスティックなコメディがとにかく楽しい本作。ドタバタギャグのオンパレードで、観ていて全く飽きませんし、絵だけで楽しませてくれます。だいたい登場人物が揉めだしても赤ちゃんの可愛さでメロメロになって丸く収まりますから、テンポがいい。可愛いは正義なんです。だからこそ、物語全体がギャグに集中できてます。

鳥であるということ自体がネタになっているのがユニーク。コウノトリ宅配便社ではコウノトリ以外の鳥も働いているのも良かったし、ガラスが見えないという習性もしつこいくらいギャグになっているのも馬鹿馬鹿しくて心地いい。でも、本作のギャグのチャンピオンはやっぱりオオカミ。あれはなんなんだ…もはやオオカミの習性とは全く関係ない、組体操というか連携技の数々に爆笑せざるを得ない。「大作戦」してたのはオオカミのほうといえなくもない…終盤で出番がないのは残念なくらい惜しい奴らでした。次点で、ペンギンのサイレントバトルですかね。

全体的にワーナー・ブラザースの『ルーニー・テューンズ』みたいなノリでした。最後に小さい鳥たちが復讐するのも『ルーニー・テューンズ』っぽい。昔、ワーナー・マイカル・シネマズ(今のイオンシネマ)で上映前に流れていたバッグス・バニーたちを思い出しました。
コウノトリ大作戦
あんまり難しいことを考えたら負けな本作ですが、赤ちゃんの出生があのコウノトリ宅配工場以外にないのかという根本的なツッコミがどうしても頭に浮かぶのは仕方がないのか…。赤ちゃんのお届けを禁止した後は子どもは生まれないのかということになりますし。ただ、この点をあまり深くツッコむとそれこそ人身売買的な話になりかねないので、このバランスでいいのかもしれませんが。工場で生産されているその瞬間をガッツリ描いちゃっていますから。もし子どもに「私も工場で作られたの?」と聞かれたら、若干困るという…。

ラストで、いろいろな人に子どもが届けられる場面で、同性愛のカップルやシンングルの人にも届いていましたから、本作における赤ちゃんは血縁や遺伝子に基づく生物学的な存在ではなく、皆の幸せを象徴するアイコンなんでしょうけど。

それでももうひと捻りは欲しかったなというのが正直なところ。なんというかピースフルなご都合解釈で逃げた感じもします。全体的に荒削りな脚本なので、もっとブラッシュアップを重ねれば良くなったのかもしれないとも思います。それでも、この題材をあえて選び、ここまでぶっとんだ内容のアニメーションを実現しただけでも評価したい。

最近はアニメ映画といえば、洗練された脚本や社会的テーマが注目されがちですが、こういうストレートなギャグ全開な作品も絶滅させることなく、大切にしていきたいものです。こういうタイプの作品は決して子ども向けではないし、大人だって楽しいですから。アニメ映画も一時は低迷しましたが、近年は各プロダクションの個性を発揮した作品が数々登場し、多様性が上がっているのがうれしい限り。今後も期待です。