オデッセイ
原題:The Martian
製作国:アメリカ
製作年:2015年
日本公開日:2016年2月5日
監督:リドリー・スコット

【個人的評価】
 星 10/10 ★★★★★★★★★★
 

あらすじ

火星での有人探査の最中に嵐に巻き込まれたワトニーは、仲間たちも緊急脱出して火星を離れてしまい、完全に孤立する。それでもワトニーは、生存するにはあまりにも絶望的環境で、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。


科学にもう一度憧れを

『スター・トレック』『スター・ウォーズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』といった映画たちは語るまでもない屈指の名作ですが、あえてこれらの映画に共通する凄いところをひとつ挙げるなら科学への憧れを呼び起こしたということが挙げられます。「この映画を観て科学者を志しました」という人は数多です。科学技術に支えられた今の社会があるのは、これらの映画のおかげといっても過言ではないと、映画好きとしては断言したいところ。

では近年の映画界でこのような作品はあるかというと、“ない”気がします。これは、科学が発達しすぎて日常化したため理想を描けなくなったという理由もあるでしょう。ただ、私は人々が科学に対して憧れよりも危険を抱くようになってきたのではないかとも思います。インターネット、遺伝子組み換え、STAP細胞、原発…メディアから批判されるようなネガティブな印象が目立つ科学の話題も確かに多い。この世論に対応するかのように、映画も科学への警鐘とか、暴走した科学によるディストピアを描く作品ばかりです。世の流れなんですかね。

それももちろん大切だと思うのですが、でもそれだけでは科学を良い方向へ導けないと思うのです。やはりあらためて科学の「良さ」を描くことが必要なんじゃないかと。

そんなふうに思っていたら、本作『オデッセイ』の登場です。

個人的にこんなにもテンション高まる映画はないくらいドハマりでした。劇中に登場する全ての人物が科学の良さを示してくれます。とくに良いと思ったのは、将来的な未知の科学技術(タイムマシンとか宇宙旅行とか)を夢想するかたちで科学の良さを示すのではなく、もっと普遍的な科学の良さを示している点。この変に専門的な領域には踏み込まない普遍性こそ本作の特徴で、ゆえに科学なんて関係ない普通のサラリーマンが観ても共感できると思います。

脚本をつとめたドリュー・ゴダード(過去には『クローバーフィールド/HAKAISHA』の脚本、『キャビン』の監督・脚本を担当)は、本作を「科学へのラブレター」だと表現していました。まさにそのとおりの映画です。

本作を監督したのは、『エイリアン』や『ブレードランナー』の巨匠リドリー・スコット。科学技術の栄枯盛衰を長年見てきて描いてきた彼だからこそ、本作を作れたのではないかとも思ったり。

あらすじだけ読んで、本作を単なる遭難サバイバルものの映画だと思っているなら、損です。

科学に憧れなんて全くない大人たちにぜひ観てほしい。大人が科学の良さを知らないと、子どもたちに科学の良さなんて教えられないですから。

もちろん、現役の科学者も観れば、社会の荒波に揉まれて自分の中でくすぶっていた純粋な科学への憧れがまた燃え上がるはずです。





↓ここからネタバレが含まれます↓




オタクは世界を平和にできる!

本作の描く科学へのポジティブさは、映画でひときわ強調されています。本作の原作は『火星の人』という小説ですが、原作はもっとシリアスな展開が多いです。それに加えてコメディも多いのも特徴。つまり、原作小説はドタバタ感を楽しむ感じになっています。一方の映画では、そのシリアスとコメディの落差を薄め、エンターテイメントとして面白くしています。とくに音楽の力が大きいです。「Starman」から「Love Train」までの流れは、曲の歌詞とシーンがマッチしていて、個人的には感涙…。


では、本作が科学をどう描いているか? 原作小説とは科学の描き方が違います。私なりに感じたことを簡単に説明したいと思います。

本作は、火星に取り残されたマーク・ワトニー、地球で対応に追われるNASAの職員たち、火星から地球に帰還途中のアレス3のクルーたちの、3つの視点に分かれています。これら3つの視点が上手く絡みあっているのが本作のストーリーテリングの魅力です。

まずはメイン主人公のマーク・ワトニー。最も過酷な状況に陥る彼ですが、実際のところは最も生き生きとしています。彼がどうしてこうもポジティブなのか? こういう孤独下で絶体絶命に陥ったときに真っ先に人がすがるのは「宗教」です(今年観た映画だと『サウルの息子』がそうでした)。ところが本作のマーク・ワトニーは無宗教なのか、熱心なキリスト教徒のクルーの残した木の十字架をジャガイモ育成のための火種として燃やしてしまいます。神に祈る気は全くありません。これだけでわかりますが、本作はマーク・ワトニーのキャラ付けが極端です。このマーク・ワトニーは、完全な科学にどっぷりつかった言わば「科学バカ」として描かれています(一応、専門は植物学とエンジニア)。熱中できるもの(マーク・ワトニーの場合は科学)さえあれば絶望しない。むしろ火星では他人も世間の目もないので科学に没頭できる。そういう環境だからこそ、彼の科学バカっぷりが全面にでてきます。この火星編では、科学の良さを「知識や技術」よりも「熱中できるか」で描くのが良いですね。

一方の地球のNASA側。こちらは火星のマーク・ワトニーとは打って変わって、巨大な組織の中における科学の良さが描かれています。NASAでも問題山積みです。チームで合意形成をどうとるか、役職や専門など立場の違う人々をどうまとめるか、メディアにどう対応するか、資金をどう工面するか、キャリアとどう折り合いをつけるか…。これらの悩みは科学者でなくとも組織で働く大人なら「うんうん」と頷けると思います。そもそもNASAなんて研究機関でもありますが、それ以前に政府組織です。行政的な組織のしがらみも当然あります。この組織がまとまることができたのはなぜかといえば、「マーク・ワトニーを救う」という目標があったからです。そして、そのための手段がやはり科学でした。NASAの面々は、役職・経歴・専門・国籍・人種等が違えど、科学だけは信頼している…だから一致団結できていました。このNASA編では、科学はコミュニケーションのツールとして描いています。

続いて、アレス3のクルーたちは、一番揺れ動いている立場にあります。マーク・ワトニーを置いてきてしまった罪悪感に苛まれるわけですから。そんな彼らにやり直しのチャンスを与えるのも科学でした。

オデッセイ

「科学者」というとカッコつけた言い方になりかすが、要するに「オタク」です。マーク・ワトニー、NASAの職員たち、アレス3のクルー、いずれもオタクっぽい描写が本作では意図的に挿入されていました。本作は科学を難しく描かず、好きという想いの極みとして描いているのが素晴らしいと思います。

それが一番よくわかるのは、NASAが中国の宇宙開発機関と協力するシーンです。このシーンは中国市場に媚びているわけではなく、政治的対立している立場でもオタク心は同じなんだということでしょう(原作小説ではそれがよりわかりやすく描かれています)。

本作は、端的に言ってしまえば科学バカなオタクたちが世界をまとめるお話しです。この映画で示された、科学が「こういう姿になればいいよね」という理想…本当にこうなればいいのになぁと私も思いを強くしたのでした。

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved