ウォークラフト
原題:Warcraft 
製作国:アメリカ 
製作年:2016年 
日本公開日:2016年7月1日 
監督:ダンカン・ジョーンズ 

【個人的評価】
 星 5/10 ★★★★★
 

あらすじ

滅びゆく故郷を捨てて安住の地を求めるオークの戦士たちは、平和な王国アゼロスに侵攻を開始した。対して人間たちは自分たちの国を守るため、オークとの全面戦争を決意。一方、人間との戦いに疑問を抱く1人のオークが、戦争を阻止するためにある決断を下す。


日本の皆さん、初めまして

日本では人気ゲーム「バイオハザード」の実写映画シリーズにして、いよいよ最終章とされる『バイオハザード ザ・ファイナル』が好調に大ヒットしています。

ところで今年はゲーム実写映画の歴史において大きな出来事がありました。ゲーム実写映画の興収の記録をある作品が塗り替えたのです。

その世界で最も高い興収を記録したゲーム実写映画が、本作『ウォークラフト』です。世界全体の興行収入は約4億3300万ドル。それ以前の1位は『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』(2010年)の約3億3600万ドルだったようです。ちなみに『バイオハザード』(2002年)は1億200万ドル、『バイオハザードV リトリビューション』(2012年)は2億4000万ドルでした。『バイオハザード ザ・ファイナル』のほうはアメリカ公開がまだなので、どうなるかわからないですが、前作を見る限り、4億を超えたりはしなさそうです。

えっ、そんな映画、公開されていたの?」と大多数の人は思うでしょうが、日本でも7月にひっそり公開されていました。なぜこんな扱いが小さいのか…それもそのはず、日本では「ウォークラフト」というゲーム自体の知名度が低すぎた。1994年から10作品を超える歴史あるシリーズなのですが、中国語版・韓国語版はあるのに日本語版はないのです。なので、映画『ウォークラフト』も日本では「誰だお前」状態であり、日本の興収が約65万ドルで終わったのも致し方ない…。

でも、ファンタジーな世界観が好きな人には見逃すのはもったいない映画だと思うので、気になる人はぜひ観賞してみてください。






↓ここからネタバレが含まれます↓




脚本も変える監督のゲーム愛

最新の技術で映像化された壮大な世界観が売りなのは言うまでもない本作。

それを見事に実現したダンカン・ジョーンズ監督、実はかなりのゲームマニアでした。「ウォークラフト」は20年以上のヘビープレイヤーであり、他のゲームにも詳しく、インタビューを見ているとゲームについて語るときは実に楽しそうにしています。というか、以前はゲーム会社に勤めていたらしいですね。

本作は製作初期の時点では、監督としてサム・ライミが手がける予定だったみたいですが、ダンカン・ジョーンズになって良かったのではないでしょうか。

熱狂的なファンであるダンカン・ジョーンズ監督は、まずすでにあった本作の脚本に「こんなの、ウォークラフトを何もわかってねぇ!」とダメ出し(多少、話を盛ってます)。その理由は、初稿の脚本では、人間が善で、オークが悪という単純な対立構造になっていたから。ダンカン・ジョーンズ監督いわく、「ウォークラフト」の魅力は自分がプレイヤーとして両サイドのどちらの視点の立側からでもプレイできることにある!と熱弁。そして、本作の完成形の脚本となりました。確かに善悪が明確な方が感情移入しやすく、カタルシスも得やすいですし、一般受けを狙うならそれがベターなんでしょうけど。ゲームファンであるダンカン・ジョーンズ監督はそれが許せなかった…。私はこのオリジナルを最重視する姿勢は素晴らしいと思います。

ゲームファンだったら絶対ゲーム愛のある監督と脚本が良いに決まってますから。私は「ウォークラフト」を遊んだことないのが悔やまれるくらい、ファンだったらさぞかし嬉しいだろうなと。実際、小ネタもたくさん詰まっているみたいですし。

でも、ゲームを知らなくても楽しめる部分も多数あったとは思いますが。個人的には、ゴア表現をそれなりに頑張っていたと思います。あと、魔法の表現がクラシックで楽しかったです。
ウォークラフト
しかし、本作はゲーム愛は詰まっているけど、それ以外の目新しいものがないのが最大の欠点。

そもそも「ウォークラフト」の世界観自体は特別に変わっているものはないので、どうしても「どこかで見たことある絵」になってしまいます。映画化するのがもう少し早ければ評価も変わったでしょうね。

また、世界観以外にも本作がイマイチ物足りない理由として、ゲーム的な面白さを映画で体験させられないことにもある気もします。

本作は、中世ヨーロッパ風で多くの種族が登場するファンタジーな世界観をもって『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』シリーズと比較することもできますが、それらとは決定的に違う点があります。それは原作がゲームだということ。ファンタジー小説の映画化なら世界観を再現し、ドラマを描くことが重要です。でも、ゲームはこれに加えてもうひとつ、ゲーム的な触って遊ぶエンターテイメント体験をどう映画に落とし込むかが難しさとして立ち塞がります。そこは、やはり本作でも実現しきれていないでしょう。もとはストラテジーゲームですが、映画では戦略性を見せる戦いも乏しく、ただの殴り合いという感じだったのが残念です。

ゲーム愛だけでないもうひと工夫で、ゲームを知らない一般の映画ファンを楽しませることができていれば…惜しい映画でした。

3部作を狙っているみたいなので、次回に期待しています。